ブログトップ
大琳派展と周辺散歩
c0041132_2158229.jpg科博で菌類展を見た後、そのまま大琳派展へ行こうかと…思ったが相当混んでいる様子だったので、近くを散策して時間を潰し、閉館間際を狙うことにした。
ぐるっと、東博の裏を回ってみると、どうやらお寺の裏側を歩いているらしい。正面には回ってみなかったが、立派なお寺らしいし、ちょうど裏手には墓地が広がっている。展示室まで幽霊の足で二分といった所か、うらやましい場所だ。
墓地でのんびりしている猫達と目が合った。
手袋がカワイイぶちと、丸々としたトラ、あと奥の方に三毛がいた。おいしいごはんもらっていそうな毛並み。
c0041132_2245115.jpg
ぐるっと回って行くと、すごいいい感じの建物が!
国際こども図書館だった。話に聞いたことはあるけど、来るのは初めて~。中で展示もしているようだけれど、う~ん普通に入っちゃっていいのかな?と写真を撮りながらチラチラ見ていると、皆さん普通にガンガン入って行かれる。まー図書館だから当たり前か?と後から思ったが(^^;
c0041132_2251564.jpg中は綺麗に整えられていて、歴史ある建物ながら新築のような雰囲気。素敵です!
ちょうど、昔の子供雑誌を展示していて、本で見たことのあるような物が実際に並んでいるのを見るのは楽しかった。
中庭のカフェテリアもいい感じ~。今度利用したいな。
その後芸大のギャラリーを眺めて、あれこれグッズに惹かれつつ、再び東博へ。

夕方の「大琳派展」、空いてはいないけれど、割合のんびりと屏風を眺めて来ることが出来た(^-^)
今は4つの風神雷神図が見られるが、私が行ったのは2つ展示されている時。それでも十分に満足!角に展示されていたので、うまく両方を眺められた。襖がよかったなー♪
印象に残ったのは杉戸。屏風や襖は、展示物としてガラス越しに眺めても違和感無いけれど、戸は突然飛び出してきたかのような、なんとも展示室にそぐわない感じ。それはともかく、開けるのを躊躇うような雰囲気なのはなんでかな~と…
他、豪華な屏風や箱物など、優雅な気分にさせられるものが多かった。

東博の展示に行くと、照明デザイナーさんがいらっしゃるだけあって、何を見ても「おおー」と思わせる見事なライトアップで、またそれぞれの展示物をストレスなく見ることが出来るのが当たり前のように思えていたが、科博の菌類展では所々、隣で見ている人の影が気になったり、自分自身が邪魔になったりして、改めて照明の重要さを実感した。

そして夕食は上野駅ガード下の、Vinulus(バニュルス)へ。スペイン風の、タパスをつまめるバーってことで気になっていて、行ってみたらワインの種類も料理も豊富♪Aux amis des vinsの系列とのことで、なるほどである。カヴァで乾杯して(うま!)、後は色々と…、タパス盛り合わせや、鴨のグリルとかパエリヤなど、どれも美味しいし、賑やかな店内でのんびりワインを楽しめる雰囲気。
ゆっくり食事の席と、軽く一杯+タパスのバーコーナーに分かれているので、今度はバーの方も利用したいな。
[PR]
by phedre | 2008-11-02 22:48 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/10056354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼうしゃ at 2008-11-03 09:58 x
琳派、先週はNHK、今週末は「美の巨人たち」でも取り上げられてたので、盛況でしょうねー。

東博は、企画展は混雑していても、常設展示が空いているのが不思議です。いろいろ面白いものが置いてありますよね。
Commented by phedre at 2008-11-03 20:21
美の巨人達でもやってたんですかー、見逃しました!
この連休もきっと賑わっているでしょうね。

常設展、特に法隆寺宝物館の静けさは異質なぐらいですね~。
大体いつも、企画展の後に東洋館や宝物館に行ってリフレッシュしています。
本館1階奥の、企画展示コーナーが特に、面白いお宝が展示されていることがあって好きです♪