ブログトップ
マカオ-NOSTALGIA-タイパ(2)
バスを降りて少し歩くと、すぐに古びた通りに入る。エメラルド・グリーンや黄色い壁の建物が並んで、コロニアルで下町ののんびりした雰囲気溢れる、のどかな通り。
一番の観光エリア、官也街は観光客でいっぱい。この通りには、食べ物やさんが並んでいて、テイクアウトのデザートから有名なアーモンドクッキーの店まで(ここは激しく混んでいた、買ってみようかと思ったが断念)、どれもおいしそう!
そこから裏通りに入ると、急にのんびりした風景になるので、どの道を通っても楽しい。
c0041132_1983226.jpg
時々、タイル貼りのかわいい家に出会う。
通りの奥には、建設中のホテルかな?不思議な屋根が見えるが、何ホテルだろう。この辺は中国っぽい。
c0041132_1945393.jpg
c0041132_1916291.jpgぐるっと回るだけなら、30分とかからない小さなエリアなのに、何箇所も道祖神?があった。どれも手入れされていて、今も丁寧に祀られているのがよくわかる。
こういうのを見るのが好きだ。

のんびりと散歩している犬も居て、忙しいのは私たち観光客ばかりか。
裏通りでふと目に入る、民家の室内もかわいいタイルが使われていたりして、いいな~タイル張りのキッチンやダイニング…、と憧れる。あんまり覗くのも悪いので、横目でチラチラ見るぐらいにしたけれど、写真に収めたいようなラブリーなお宅が多かったなぁ。

マカオ本島とはだいぶ雰囲気の異なる場所で、また行くならまっさきにこの、タイパと南のコロアン地域を散策したい。
[PR]
by phedre | 2009-01-28 19:28 | マカオ(+広州、珠海) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/10737666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。