ブログトップ
大黒山へピクニック(2)
朝阳寺から、地図によると坂の上に点将台・卑沙城というお城と見晴らし砦みたいなのがあるようだったが、坂の入り口までいって「これは無理だ・・・」と思ったので、こちらは諦めて、山の入り口近くにある关門寨を目指した。こちらは小さな砦か門のようなところっぽい。
c0041132_12423658.jpg
c0041132_124637.jpg下りはタクシーが来なくって、バイクタクシーの客引きはいるけれど少々怖いため、他のタフな中国人の皆さんに倣って徒歩で下山。軽く30分は歩くけど、眺めもいいし、途中で遠くに点将台らしきものが見えてきた。
(写真↑の左下の2枚、限界までズームしています)これは遠い!無理!行ったら相当、楽しいだろうけど・・・。

入り口近くの关門寨では、手前に小さなお寺があって、この裏の道をどんどん登っていくと、关門寨に辿り着く。
結構きつかった!やっと着いた所は、小さな門だったけど、上に上がったら気持ちいい眺めが広がって、がんばって良かった~。
この更に奥に、石鼓寺があるが、今までの坂をもう一度上がるくらいはありそうだったので、ここでピクニック終了。後はのんびり下山~。かなり運動したなー。楽しいピクニックでした♪

←ぶらぶらしていると、こちらを睨みつける三匹のワンコに遭遇。激しい威嚇!
下は、ニワトリを守る犬?

小さなお寺の入り口辺りから、タクシーで帰ろうと思ったけど、そう思うとなかなか来ない。結局また徒歩で降りて、のんびりと桜を眺めつつバス通りまで出たところで拾えたので、駅まで戻った。

c0041132_12424890.jpg
開発区の駅近くにあるホテルで、トイレを借りたらちょうど結婚式にぶつかった。
派手な爆竹の音と、青空に散る紙吹雪がすごい!
c0041132_12434420.jpg

c0041132_12435381.jpg電車から、変な街が見えて気になってたので、帰る前に立ち寄った。この辺はショッピング街らしいが、、大連らしく微妙にロシアテイストなんだが、なんか変な通りだな~

<大黒山へのアクセス>
バスだと、開発区のこの変な商店街(五彩城)から麓の杏林小区まで行けるっぽい。が、どこで降ろされるか不明なので、開発区駅からタクシーで朝阳寺まで行った。30元しなかったような(忘れました)
山の入り口っぽい所からちょっと行くと、観光ポイント風の所を通る(ここが关門寨・石鼓寺入り口。10元)が、朝阳寺(こちらも10元)は更に先の、だいぶ坂を上がった所。

事前に現地の地図(案内の看板の写真)をプリントして行ったのが、本当に役に立った!
ガイドブックには全然情報が無かったので、ネット頼りで。
こちらの記事を参考にしました。ありがとうございます。案内板の写真も、こちらに掲載されています。
遼東の豕日記

追記:中国語の漢字が間違っていた(よくわからずテキトーなのをあてていた)箇所、上のブログの管理人さまが正しい表記を教えてくださいましたので、修正しました。
[PR]
by phedre | 2009-07-29 19:40 | 中国2(大連) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/12035969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。