ブログトップ
吹屋ふるさと村
高梁市にある、「吹屋ふるさと村」を訪れた。
すっごい山道をドライブ(義父の運転なので、私はぼーーっと乗っているだけ)。岡山市方面からの高速を降りて現れる家々が、小奇麗にリフォームされた立派な蔵を持っている家ばかり。豪農の地域なのだろうか・・・、瓦もつやつや。

やっと辿り着いた吹屋は、その昔べんがらで栄えた町。今も当時の街並みが保存されていて、素敵な通りを散策することができる。
c0041132_2015767.jpg
復元されたベンガラ館を見学、べんがらの色は知っていたものの、原材料までは知らなかったのでいい勉強になった。窓口のおばあ様が写真を色々見せてくださり、楽しかった~♪

この日、たまたま結婚式の写真撮影に来ていたカップルがいて、綺麗な人なので広告の撮影だろうと思っていたら本物だったようで。町の人が、「あっちにお嫁さんが来てるわよ~」と教えてくれた。この街並みに、花嫁姿が映えて、素敵だった♪お幸せに~

ちょっと高台に立つ広兼邸にも立ち寄る。横溝正史ドラマの、八ツ墓村(?)のロケでも使われたそうで(金田一=吾郎ちゃんのシリーズ)、そういえばこの薄暗い囲炉裏辺り、見覚えがあるわ!と興奮。
c0041132_2021679.jpg
吹屋の中心からちょびっとだけ離れた、吹屋小学校を見に。なんと明治33年(1900年)から同42年にかけて建築された、現在使われている校舎としては最も古い建物だそう。
私が通った小学校も、そりゃもうオンボロの、当時80年位経っていたのか?ここよりはもう少し新しかったような、いや同じような感じだったかも?授業中に一人でトイレに立つなんて絶対不可能な恐ろしい建物だった・・・。さすがに老朽化しすぎて今は外観に面影を残しつつ建て替えられてしまったが。
c0041132_2023713.jpg
中に入ってみたかったけど、観光施設じゃないので。
c0041132_2024385.jpg


c0041132_20383611.jpg

店番?

参考:吹屋ふるさと村
高梁市のサイトから
[PR]
by phedre | 2009-10-23 20:46 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/12718841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2009-10-26 02:51 x
岡山、いいですね~^^
ひょっとして御主人様の故郷ですか?
岡山は修学旅行で行った倉敷と大昔に仕事で行った備前焼のとこしか知らなくて
行ってみたいんですよ~
もしかして勝山にも行かれたのかなあ~
吹屋も高梁も行ってみたい場所です^^
昔の吹屋は屋根もべんがら色だったのですか?それとも屋根瓦が赤っぽいだけ?
今はいい具合の色ですが、昔は街中赤くて大変だったんじゃないか、なんて想像してます^^;
八つ墓村のロケ地はおどろおどろしい雰囲気でしたか?
岡山の言葉でいうと「ぼっけえ、きょうてい」なのかな…
下津井みたいな小さな街もまたいいですね~
ネコちゃんの寝顔に和みました~^^
何だかとりとめのなさ過ぎるコメですみません^^;
Commented by phedre at 2009-10-26 20:46
そうです、久しぶりの帰省でした~
今回の遠出は高梁&吹屋と、伊部(備前焼のとこ、ってここかしら)です。
小さい町巡りをしようと思って(^-^)
吹屋の街並みは想像したより赤くなかったですが、昔はさぞかし派手だったのかと・・・。瓦は、石州瓦っていう島根の方が名産のものらしいです。石州瓦のページを見たら、吹屋の街並みが出てました。いい色~♪
http://www.sekisyu-kawara.jp/iwami/yane12.html

八つ墓村の舞台は、ちょっと小高い所にあり、緑に囲まれているのですが、天気が良かったため爽やかな外見で、少々残念(?)・・・
でも、囲炉裏端などは薄暗くって良かったです!
雷雨の夜ならさぞかし「きょうてい」ことだろうと思います。
泊まれるものなら、泊まってみたいですが、夜怖くて眠れないかも・・・