ブログトップ
備前焼の町を訪ねて
c0041132_2131051.jpg備前焼の里、伊部(いんべ)に寄って、岡山滞在は終了。
何軒か、ショップを回って器の買い物しよう・・・と、駅前から散策をスタート。ところが想像以上にお店が集まっていて、小さな町なのにいったい何軒あるんだろう。
お店の佇まいや、ショーウィンドウの雰囲気でなんとなく入って眺めて、気に入ったものをいつくか購入した。
作家さんの顔が見える食器が欲しかったので、この備前焼の町はまさにうってつけ。
小皿と(載っているのは、高梁で買ったゆべし)、暁の風景のような四角いお皿を買った。四角い方は、最後に何気なく寄った伊部駅の上にある備前焼伝統産業会館で購入。 (私が行った時は、改装中だったのもあって)フツーの机の上にただ作品が並ぶシンプルな展示・・・。それが逆に、有名な作家さんも若手の駆け出し作家さんも、全く同列に並んでいて値段も様々で、すごく面白い!
ここを先に見れば良かったなぁ~。
c0041132_21311856.jpg
町中に登り窯の煙突が見える。古い窯の跡にも寄った。
c0041132_21313660.jpg

神社があるので、ちょっと寄ってみた。
c0041132_21334862.jpg
なんと!狛犬も備前焼ーー!凛々しいし、この質感が他には無い!備前焼、すごい・・・
c0041132_21345674.jpg
この静かな町も、備前焼祭りの時は、特別セールもあってかなり賑わうそう。うーん、買いに行きたいなぁー。
[PR]
by phedre | 2009-12-01 21:44 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/13118805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。