ブログトップ
金沢21世紀美術館
金沢三回目にして、やっと中へ入った・・・金沢21世紀美術館
建物の周りに、オブジェであり遊具であるものが配置されていて、まるで、公園の中に美術館が建っているかのよう。信号を渡ってすぐ先は兼六園なので、兼六園の敷地に入っているような、広がりのある環境が魅力的!

山代温泉から移動してきた後なので、まずはミュージアムレストランでお茶して一休み。
外をぐるりと回ってから来て、どこもガラス張りで中が丸見えなのが、そこにいる人も展示の一部のようで面白いなーと思ったところだったので、中に入って窓際に座ったら、自分が展示作品の中に入ったようで楽しかった。
私はクリスマスっぽい、フランボワーズのケーキ。ちょっと21世紀美術館の建物っぽいカタチ!夫は濃厚なバナナタルト。どちらもじんわり美味しい~。近所なら通いたい・・・。お食事もかなり良さそうだった♪
c0041132_21515884.jpg
この日の展示は、「Olafur Eliasson Your chance encounter / オラファー・エリアソン - あなたが出会うとき」光や影が作り出すものを眺めるだけでなく、光の満ちた部屋に入ったり自分が作り出す陰を眺めたりすることで、私は自分の色んな形に出会った。
体験型なので、一人で空いている日に行ったら出会わなかったかも・・・。霧の部屋では、向こうからやってくる知らない人の影が少し怖かったり、ただオレンジの光だけの部屋では、この照明の並べ方が展示?かと思ったら、夫が白黒人間に!? グループで来ている人たちは、自分の影絵が出来る所ではかなり楽しんでいて、見ているこっちも楽しかった。

そしてプールにも入った!下に入ると、面白いけど息苦しい・・・。子供の頃、浮き輪から抜けて水に沈んだ事が忘れられないみたいで(^^;

ミュージアムショップの隣では、「当房優子の色合わせの楽しみ」が行われていて、カラフルでポップなバッグが天井から吊り下がっているのは、メルヘンの世界のよう。
ここの素敵なミュージアムショップだけでなく、周辺には工芸品のギャラリー兼ショップなどもあり、とてもお財布に危険なエリア・・・。

ここは、開館時間が長めなのもいいし、街でちょっとお買い物ついでに寄れる環境なのもすごい魅力~。周りは兼六園だけでなく、レトロな建物や博物館も集まっていて、金沢の面白さにどんどんはまりそう!今度はいつ行こう?
[PR]
by phedre | 2010-01-15 22:06 | 金沢・白川郷・氷見・高岡 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/13495219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼうしゃ at 2010-01-16 00:04 x
金沢21世紀美術館って、モダンアートのとっつきにくさをとっぱらった画期的な美術館だと思うのです。まだ行ったこと無いので僕も是非行ってみたいのですー!
Commented by phedre at 2010-01-18 20:15
ほんとに気軽に楽しめる美術館でした!
今回見た展示は特に、グループで見に来て「これは何だろう?」って言えるのが楽しいな~と。
美術館にある、どこか敷居の高い感じが全然しないのがいいですね。

無料のエリアからも、有料展示の様子がちょっと見えるので(プールの奥に見える光ってる部分など)、特別展と常設展がリンクしているような雰囲気です♪