ブログトップ
コルドバの町歩き
c0041132_1664143.jpgセビーリャから電車に乗って、コルドバへ到着。

ヨーロッパらしく、朝晩は涼しい。バルセロナで羽織っていた薄手の上着も、コルドバに着く頃にはもういらない。

メスキータの横を抜け、まずは向かいの観光案内所に行き地図を貰ってぶらぶらしよう、と立ち寄ったらそこも古い建物を利用していて重厚な雰囲気で、ちゃんと周辺も美しい景観が保たれていた。
隣で何やら展示があるようなので、覗いてみたら、気持ちのいい中庭に出た。各地の陶器なども展示販売していて、カラフルな陶器は眺めているだけでも楽しい♪

c0041132_1723945.jpg
その建物の壁にあった、何だろう・・・真ん中の部分は、水道の蛇口ぐらいの大きさ。
c0041132_16444966.jpg
街はあちこちタイルで装飾されている。個人宅の入り口、看板、案内板などなど。
c0041132_16442898.jpg
町で取り決めがされているのか、レストランなどの看板(道にせり出しているタイプのもの)はデザインが統一されていて、通りの写真を撮ってもすっきりしている。

メスキータ周辺は、入り組んだ細い道が集まって、迷路のよう。気の向くままに歩いたら、もう完全に迷ってしまった。メスキータの塔がやっと見えたと思っても、戻れないのは何故ー!?
でも、迷いまくっている観光客をたくさん見かけるので、なんだか心強くもある。しかし疲れた・・・。
c0041132_1764842.jpg
c0041132_177074.jpg
まさにアンダルシアのイメージのパティオ@シナゴガの向かいにあるおみやげ屋さん。
c0041132_179120.jpg
鮮やかな花で飾られたところが多い中、緑だけの装飾はシックで落ち着く。
[PR]
by phedre | 2010-05-31 17:20 | スペイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/14492957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。