ブログトップ
コルドバ:シナゴーグ、アルカサル
ユダヤ人街でまず見るべきところは、やはりユダヤ教会のシナゴガSinagoga(シナゴーグ)かな~と、細い道を歩いていくと、車も通れないような道にふと現れる入り口。目指して行かなければ絶対通り過ぎているような、小さな建物。
中の壁面装飾は繊細で見事!
c0041132_20321613.jpg
ちっちゃな中庭が可愛くって、ちょっとリフレッシュ。
建物はほんとに小さくて、教会なのに20畳位の広さ。写真を撮り終えた頃、ツアーの団体さんが続々入ってきて、30人も入ればぎっしりなのにまだ入ってくるし、何人入れるんだ~?って、おかしかった。

コルドバは世界遺産の町とあって、静かな街並みに団体の観光客がいっぱいで賑やか。フランス人が多く、時々ここはフランスだっけ?と錯覚してしまう。
c0041132_20454050.jpg
すぐ横を流れる川にかかる橋、向こうは要塞だったカラオーラの塔
c0041132_20485021.jpg

次は、アルカサルAlcazar。当初王宮として建てられたそうだが、意外と地味目の装飾。後年の復旧作業で作り変えられたという庭園は、花に溢れていて癒される~。木陰で休憩。この日は特に暑くって(33℃)、庭を歩きたいような歩きたくないような・・・。サングラスが無いと眩しくて辛いっす。
c0041132_20511119.jpg
レモンの木もあった♪街中ではオレンジの木もよく見かけて、う~んスペインだなぁ。
c0041132_2055879.jpg
木々の濃い緑が、南国の色合い。
[PR]
by phedre | 2010-06-03 20:59 | スペイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/14514872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。