ブログトップ
晴れのサンセバスチャン
雨続きのDonostia。それでも、今日の昼にはサンセバスチャンを発つとなったら、晴れてくれたー!
c0041132_20323037.jpg
青空が美しい・・・丘に登って街を見下ろす。
c0041132_20411326.jpg


c0041132_20322867.jpg
雨も風も強くって、足元から視線を上げられない日もあったけれど、こんなに綺麗な街だったんだ。
c0041132_20323043.jpg
ボートでこの島にも行けるそうなので、本当はここも行きたかった。
c0041132_20342692.jpg


c0041132_20332978.jpg


c0041132_20332720.jpg
右上の右:劇場、左:ホテルマリアクリスティーナ。お茶しにいった。優雅な時間♪
左下:郵便局
c0041132_20324967.jpg滞在したホテル:Hotel Arrizul Gros。部屋は新しくてキレイ。バスタブ無し。静かで快適だった♪
朝ご飯はマドレーヌとかパックのオレンジジュースだったりしたので、すぐ近くのKursaalコンベンションセンターへ向かう道沿いにあるパン屋さんで毎日朝食にしていた。
デサジュノ・コンプリート(デサジュノは朝食のこと)、カフェ・コン・レチェと絞りたてのオレンジジュースにクロワッサンかトースト。パン屋さんなので、ナポリターナチョコラテ等の他のパンも選べるけど、普通のセットで。
店の奥がイートインスペースなので、そこで注文して、食べたらレジで申告。ここで「カフェコンレチェとクロワッサンと・・・」って言ったら、「それはデサジュノ・コンプリートよ」って。美味しかったので連日デサジュノコンプリートしていたら、毎日ずっとスペイン語だけだったのが、最後に行った日に「サンキュー!」って英語で言われて、嬉しかったなぁ。

近くのアフリカ人食料品店に、水を買いに二度ほど寄った。「日本人?親戚が東京の近くに住んでるんだ!日本はいい国だけど、地震が怖いんでしょ?しょっちゅうあるの?どれ位揺れるの?日本に住みたいけど地震は嫌だなぁ・・・。あ、長崎は東京のすぐ近く?」って色々聞かれた。なぜ長崎・・・

雨続きのおかげもあって、フロントのお兄ちゃんと毎日会話をしていた。天気の話に、CAMPERとかZARAの話とかw
で、明日帰るという日に、スーパーで買い物したらキャンペーン中らしく花を貰ってしまった・・・(店員さんも親切で、「あそこで受け取って」的な説明が分からなかったら、わざわざ取りに行ってくれた)。さすがに植木鉢は困るなぁと思いつつ、とりあえず部屋に飾り、チェックアウトの時いつものお兄ちゃんに「お花貰ったんだけど、もし欲しい方がいたら・・・」と渡したら思いのほか喜んでくれて、すぐにロビーに飾ってくれた。
お見送りも気持ちよく(お花のおかげ?)、楽しい気持ちで次の街へ向かえた。

次はフランス国境の町、オンダリビア。
[PR]
by phedre | 2010-09-16 21:23 | スペイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/15134151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。