ブログトップ
パークウー洞窟
托鉢の後はもう一眠りして、起きたら郊外へ半日観光~
パークウー洞窟Pak Ou Caveへ、ホテルでトゥクトゥクをチャーターしてもらい出発!(3千円ほど)
c0041132_21385926.jpg
トゥクトゥクは、三輪タイプとミニトラックのような四輪タイプがあるようで、私達がチャーターしたのは四輪タイプ。広々~。三輪タイプをどんどん追い越していくので得した気分w しかし途中から舗装されて無い道に入り、土ぼこりが・・・。肌寒かったのでストールを巻いていて、それを口元にも巻いてごまかしたけど、マスクを持っていったほうがよかった。

チャーターと言っても、途中でお坊さんが「乗せて~」と手を上げたので少しの間ご一緒した。女人から話しかけるのは良くないかも?と思いつつ、とりあえず「サバイーディー」とご挨拶。お坊さんたちも「サバイーディー!」って返してくれた♪
c0041132_21391187.jpg
途中の村で降りていかれた。

山道に入ってしばらくして、やっと洞窟対岸の小さな村へ到着!ここからは、渡し舟に乗って自分で行ってね、と。
c0041132_21422433.jpg
のどかなメコンの流れ、気持ちいいよ~~!
c0041132_2149978.jpg
すぐ対岸に洞窟が見えてくる。
階段を上がっていくと、数え切れないほどの仏像が並ぶ洞窟の中に辿り着く。
c0041132_21524340.jpg
もっと沢山あるのですが、撮りきれない。それほど広くは無いけれど、入った瞬間息をのみますね。
c0041132_21532698.jpg
ちょっと上の方から見下ろしたところ

川を見下ろすように
c0041132_21502935.jpg

ここから更に上の方へもう一つ、別の洞窟がある。
c0041132_21575988.jpg
中に入ると、こちらの方が少し広く歩きやすい。
c0041132_21583728.jpg
c0041132_21585529.jpg
奥は明かりも無く真っ暗。カメラを高感度モードで撮っているので、明るく見えるけれど・・・
c0041132_21585923.jpg
実際は、↓この位真っ暗で何にも見えません(^^;懐中電灯持参で行って、本当に役に立った。(入り口で有料で貸し出してます)
c0041132_2159228.jpg

ここ、陸路でのアクセスがないらしく、街からも遠いこんな所になぜできたのか、不思議なまま。
c0041132_2221790.jpg
ラオスの美しい風景も満喫して、素敵な半日の遠出も終了。終わる頃には、少し暑くなってきていた。

帰りのトゥクトゥクに乗る前に、村のお土産やさんをひやかして♪田舎の方が絶対安いに違いないと思い、マーケットでも見たようなストールがたくさん並んでいたので、ちょっと値段を聞いてみると・・・。一枚3万Kip。マーケットでは5万だったのが、いきなり3万!?ダメもとで値切ってみたら、「じゃ、2万で」安っ!値切っといて何だけど、いいの?
ってことで2枚買いましたー♪

帰りも人を乗せて、「チャーターじゃないのか?」と思わなくもないんだけど、色々現地の人が交渉してる様子も見られたりして楽しかった。ホテルまで送ってもらい、シャワー浴びて一休みしてまた出かけよう。街が小さいから、こうして気軽にホテルに戻れて便利だな。
[PR]
by phedre | 2012-07-23 22:16 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/18261307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by れんと at 2012-07-29 11:23 x
雰囲気は全く異なりますが、恐山を思い出しました。あそこには、石積みやらかざぐるまやらがいっぱい並んでいたからです。
Commented by phedre at 2012-08-28 20:24
1ヶ月も遅レスですみません・・・
恐山もいつか行ってみたいです!
同じ仏教国なので、意外と、日本に通じるところがあったりするんですよねー。