ブログトップ
アジャンタ石窟群-2
アジャンタ石窟群後半の見所~、第19窟。こちらは5世紀後半のもので、アジャンタの中では後期に出来たもの。
c0041132_1713523.jpg
正面から。混んでいて人がいない様子を撮るのが難しい・・・。サリーやパンジャビドレス姿の方々を撮れるのは、嬉しいけれども。
c0041132_1713674.jpg
入り口横の装飾
c0041132_1713644.jpg
時代が進むにつれ、世俗の慣習や流行の影響もあり、装飾が華やかになっていくのがよくわかる。(アジャンタ-1の第10窟と比べてみると一目瞭然)
c0041132_1713864.jpg
未完成窟はいくつかあるが、その中でも珍しい床を掘っている最中のまま残る24窟。

見学できる最後の第26窟は、アジャンタの中では最後まで作業が行われたチャイティヤ窟で、内部はここまで派手になったか~と感じる豪華さ。
c0041132_171383.jpg

c0041132_1713992.jpg
アジャンタ唯一の寝釈迦。
c0041132_171394.jpg
ストゥーパもさらに豪華に。
c0041132_171406.jpg
柱の上部
c0041132_1714043.jpg
側廊も他と違ってあちこちに豪華なレリーフが並ぶ。

最後までがんばって歩いてきて良かった!アジャンタには入れない窟を引いても25窟はあり、坂道や石段をを上り下りするため想像以上に体力を消耗して、余裕があったら行こうと思っていた見晴台は諦めて。蹄のようにカーブした川沿いの崖にできたのがアジャンタ遺跡で、平面の地図で見るとすぐ川に下りて対岸の見晴台に行けそうだったんだけども・・・、
c0041132_17355396.jpg
こんな向こうへ下って上る体力はなく。

c0041132_17371236.jpg
ゆっくり入り口へ戻りまーす(第19窟あたり)
c0041132_1714235.jpg


最初飛ばした第1・2窟へ、やっぱり並ばないと入れないようだ。
c0041132_1752285.jpg
一番の見所だけあって、入り口の作りも重厚。(1・2窟も後期窟)
c0041132_1714577.jpg
壁画の中でもっとも有名な蓮華手菩薩。

第2窟も色鮮やかな壁画が残っていて見ごたえあり!
c0041132_17571326.jpg
人気の窟なので、人が入らない状態になりません・・・
c0041132_1714344.jpg
実際はもっともっと暗くここまでよく見えないですー

入れる所は全部入って、お昼も含め大体3時間の観光。結構広かったなあ・・・。帰りの車では爆睡して、すごい楽だった。専用車快適でいいなー。
翌日もがんばってエローラ観光です!
[PR]
by phedre | 2013-05-27 18:18 | インド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/20277544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。