ブログトップ
古代エジプト展@東京都美術館&大丸ミュージアム
c0041132_1594454.jpg古代エジプト展@東京都美術館と、@東京駅大丸ミュージアムに行きました。

都美術館には先週の日曜日に行ったが、人の多さにあまり作品が記憶に残っていない・・・
大きな石棺の蓋は見事だった。って位かなw
空いてる時にゆっくり見たら、もっと色々印象に残るんだろうけど。
ここって、いつ行っても混んでるよなぁ。

↑散歩中に見つけた、お寺の郵便受け。小さい屋根がかわいらしい。

c0041132_154149.jpg大丸ミュージアムの方は、ショーケースが小さめで、展示物を左右からもじっくり見られるし、その分混雑も緩和されるのか、最終日の日曜でも十分鑑賞できて満足~。
レリーフなど素敵な展示物が多くて、よかった~~。

お土産にホルス神をげっと。
猫好きとしては、バステト神が欲しいところだが、大きいのしかなかった・・・
c0041132_15364937.jpgホルスは王権の象徴で、「ウジャトの目(護符などに使われている目のモチーフ、←こんなの)」は、このホルスの目。

エジプトも行きたいなぁ。
「ナイルに死す」読みながら、クルーズ船で旅がしたい~。
[PR]
by phedre | 2005-08-29 15:59 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/2596279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by igu-kun at 2005-08-30 14:01
なるほど、確かにこの「目」のモチーフは良く見かけますね。
やはり、全体的に鳥を象っているのでしょうか、勉強になりました。
自分も一度でいいからエジプトへ行ってみたいですね。
Commented by phedre at 2005-08-30 22:22
「ウジャトの目」の形自体、鳥っぽいものがありますね~
やはり空を飛べるだけに、特に畏怖の対象になったのでしょうか。

エジプトの神々は動物を象ったものが多いですね、
猫のバステト、犬のアヌビスなど・・・
こういうの、調べてると止まらなくなります。