ブログトップ
北京でお正月(3)元旦@万里の長城
c0041132_23253396.jpg元旦は山へ登ろうかと、万里の長城へ。
登るといっても、勿論ロープウェイでさっくりとw

北京郊外に3箇所、観光できる長城がある。一番近くて一番有名な八達嶺は混みそうだったのと、半日観光にしたかったので、慕田峪長城へ行った。
慕田峪までは車で約2時間。
割安な英語のツアーに参加したら、この日の参加者は6名と、少人数でラッキー♪
ガイドの女の子は、道中ずっと市内のこと、有名観光地の歴史、そして長城のことも詳しく話してくれて、とってもためになった。英語の発音がすごくきれいで、私にも聞き取りやすかったし。(しかし予習していかなかったら、さっぱり追いつかなかっただろう)
c0041132_23374325.jpgロープウェイは2本あって、うち高いほうへ向かうものに乗った。
下りるとすぐ、一番上の見張り台がある。

空に溶けそうなくらい先まで続く長城。

「すっごー」以外感想が出ないが・・・
こんなのを山のてっぺんに作ったのねぇ・・・

ちょっと下っていったら、下のほうへ着くロープウェイで上って来たとおぼしき人達とすれ違った。顔真っ赤にして苦しそう。かなり起伏が激しいし、階段の段差もまちまちだし、滑りやすいそうだし、これを歩いて登るのはつらい。
見張り台3箇所分も歩くと、かなり疲れる。
c0041132_23483414.jpg

c0041132_2353149.jpgこの日は滞在中で、もっともいい天気になり、寒いと思って一番厚着をしてきたのに、ちょっと歩くと汗ばんでしまった。寒かったら辛かっただろうなぁ~

ここでも走獣を発見!なんだか嬉しいー

お土産やさん通りを、一緒に下りてきたイタリア人やアメリカ人の人達と前後になって歩いていると、「Tシャツ、1ダラー」などと声がかかる。・・・私達はガイドに見えるのか、見事にスルーされて笑ったw

最初は寒いだろうし、遠いからと行かないつもりでいたが、行ってよかった。
「長城は偉大な建造物だけれど、中国人の悲しみと苦しみから作られたものなんだよ」と言った、ガイドさんの言葉が忘れられない。

参加したバスツアー:Sinohotel(日本語のページもありますが、市内観光に関しては英語のみ)ホテルピックアップ、入場料込みで200元。この日は11時頃に出発して17時には戻った。食事は特につかないので、先に済ませておくかおやつ持参がよろしいかと。
[PR]
by phedre | 2006-01-12 00:08 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/3363199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2006-01-12 00:41 x
すごいなあ~!
長城はもちろんすごいのですが、
(スケールの大きい元旦ですね~!)
ちゃんと予習して、ガイドさんの英語を聞き取るという
phedreさんがすごいなあ!!!\(*^▽^*)/
Commented by RYUちん at 2006-01-12 15:44 x
こんにちはー

慕田峪長城へ行くとは通ですなあ。Longly Planetという英語のガイド本には「慕田峪の方がよい」と書いてあるくらいです。わしは一度しか行ったことがありませんが、その時は濃い霧で何も見えませんでした。よかったですな。

「歴史上中国は外から侵略されっぱなし」というのが万里の長城建設の理由ですので、「苦しみと悲しみ」というのも頷けます。「ヒマだから作った」というと中国人に叱られますな(笑)

RYU
Commented by phedre at 2006-01-12 19:04
>AZUKIさん
中国の地名・人名は覚えられなくって、言われてもさっぱりなのですが、それ以外なら予習のお陰で多少・・・って程度です(^^;
こういう機会でもないと、使わないですからね~
元旦は普段まったりしているので、珍しくそれらしい所に行って見ました♪

>RYUちん
おーロンプラでもオススメなのね
私のガイド本(トラベルストーリー)にも、長城の雰囲気が堪能できるってあったので、こっちにしてみたのよ。
北京に着いた日は、けっこう霧が出ていたので、遠景は期待できないかと思っていたけど、当日ばっちり晴れてほんとラッキーだったよ~
友人に、「ほんま中国人ようやるわ」って思うから行ってみな、と言われて行ったけど、それも納得w
それだけの労働力があったのもすごいけど、つくづく、よくこんなの作る気になったよなぁ・・・と思うねぇー。
Commented by igu-kun at 2006-01-13 01:27
やはり万里の長城の雄大な眺めは素晴らしいですね。
すっかり魅せられてしまいました。
そして何度か登場した「走獣」。これは興味深いです。
築地本願寺や湯島聖堂などはこの走獣の影響を
かなり受けた建物だなと気付いた次第です。
Commented by cocorocoroco at 2006-01-13 09:37
おお~。万里の長城には一度行ってみたいです。
でも、若いうちに行かないと歩けないよ、と言われているので早めに……
Commented by phedre at 2006-01-14 18:59
>igu-kunさん
実際行って見ると、百聞は一見に如かずというか、驚きますねぇ。
縮小した写真だと、見えなくなってしまいますが、もうずぅ~~っと先まで続いていてすごいです。
走獣も、最初に仙人がいるタイプといないタイプなど、色々違いがあって面白いんですよね。
湯島聖堂は孔子廟なんですね。確かに屋根の形や、飾りがよく似てますね~。日本の寺院と比べながら見るのも楽しいです。

>心子さん
ロープウェイがあるので、上に行くまではできますが、やはり歩いてみるとなかなかハードです。
滑りやすい急な階段や、段差の大きい階段もあって、かなり汗かきましたー。
ここは、日帰りで楽に行けるのがいいですね。