ブログトップ
夏の盛岡(7)材木町その2
c0041132_14342883.jpg晴天のおかげもあってか、まるでスペインで見た風景のような写真になった。

ここは材木町光原社、材木町へ来る観光客はまずここを目指すだろう。
宮沢賢治の生前唯一の童話集「注文の多い料理店」を発刊、社名も賢治の手によってつけられた場所。今は地元の工芸品の販売や、展示スペースなどとしても使われている。
右下の可否館は喫茶店になっている。くるみクッキーが有名だったような気が。高校生の頃くるみクッキーを食べに来た記憶がある。

c0041132_14395813.jpg

c0041132_1446412.jpg光原社の向かい側の裏の辺りに、お寺が見えたので立ち寄ってみた。
→は酒買い地蔵尊、その昔毎晩酒を買いに来る小僧さんが、貸した小樽を返さないのでお店の人が殴ってしまい、気になった店主が後をつけたら、ここのお地蔵さんの頭に傷が!横には小樽が!そして「お客さんには大切にしてあげなさい」という声が聞こえてきたと言う、いかにも商店街ならではの言い伝えがあるようだ。

↓は隣のお寺。古い立派なお寺が多い街だねーと言われて、そういえばそうなのかも・・・と今頃思う。

材木町商店街を端まで行くと、いかにもここで通りは終り、になるけれどそこで引き返さず、突き当りの信号まで行ってみて欲しい。信号を渡って右には南部古代型染めのお店があり、外から商品を眺めるだけでもいいし、左の北上川にかかる夕顔瀬橋からは美しい北上川と岩手山をのんびり眺めることが出来る。
c0041132_14562974.jpg
次回は賢治の学び舎へ。
[PR]
by phedre | 2006-09-16 15:07 | 東北の旅 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/4565786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aoi_color at 2006-09-16 18:23
盛岡の一連のエントリは意見いたしました。
「公民館の旧館」「菊の司酒造」「岩手銀行」の建物に目を引きます。
駅前は近代建築が多いようでゆっくり歩いてみるのも面白いかも。
岩手は実業家、作家など有名人が多いですね。見るところもたくさんあって八幡平や龍泉洞も見逃せませんね。
Commented by m-rakuda2 at 2006-09-16 22:03
光原社の可否館。
たしかワインゼリーかコーヒーゼリーが美味しいと聞いたことがあります。くるみクッキーなんてのもあるんですね!
自分は、いつもコーヒーのみなので、今度食してみますね♪

なんか、秋の光原社に行って見たくなったなぁ~。
そろそろ行ってみようかな♪
Commented by AZUKI at 2006-09-17 03:09 x
ほんと、盛岡にいつか行かなくっちゃ。啄木と賢治を改めて読破して。
光原社の可否館で、くるみクッキーいただきたいです。
街のあちこちから、山と川が見える。その山と川に、街の人が思いを寄せてる…またまたうらやましい~
Commented by phedre at 2006-09-17 16:27
>aoiさん
ありがとうございますー♪
そういえば駅前はあんまり見て来ませんでした。駅から離れた、盛岡城址周辺の方が栄えているので、ついそちらに足が向いてしまいます。
岩手は総理大臣や作家が多いですね。逆にタレントなんかは少ないです。
八幡平も市内から眺められますし、近いからいいですよ(^^ 龍泉洞もなつかしー!いいところご存知ですね♪

>らくださん
ほ~、ゼリーが名物なんですね。今回はあまり喫茶店に行けなかったので、次回は是非光原社にも寄ってみたいです。
秋はまた素敵でしょうね~、お庭の辺りは紅葉するんでしたっけ?
またお写真を楽しみにしていますねー

>AZUKIさん
ぜひ来てみて下さい♪ 花巻もそんなに遠くないので、賢治ゆかりの地をめいっぱい回れますよー
光原社はAZUKIさんがきっとお好きだと思います♪
盛岡は川が三本流れているので、ちょっと走ると川にぶつかります。のんびりした街ですね。