ブログトップ
ホーチミンにて~3)クチトンネル
c0041132_222210.jpgタイニンとホーチミンの中間地点の、クチヘ移動。ベトナム戦争の時、解放戦線の拠点が置かれたところで、地下に残るトンネルを見学できる。なんと250Kmにもなるトンネル、手で掘ったらしい。
見学コースは林の中を散策するような感じだが、所々にトラップがあったり→、何気ないところにトンネルへの出口が隠されていたりする↓。
この小さい出口、横にある石が目印で、枯葉をささっと除けると板が現れる。ほんとに入れるのか!?って大きさだが、見事こんな感じ。希望者はチャレンジできる。
c0041132_2223812.jpg
これでトンネル体験は終わりかと思ったら、実際に長いトンネルの中に入れるらしい。「とりあえず50Mのところで出られるよう出口を作ってある、長く入れる人は次の出口まで歩いてもいいし。」ってことだったので、気軽に行ってみたら・・・辛い。いくらなんでも、私程度の背丈ならちょっとかがむぐらいで歩けるかと思ってたが、とんでもなーい。最初はいいが、段々天井も低く狭くなってきて、しゃがんで前進して頭を下げ気味にしないと無理。男性陣は四つんばいで進んでいる。
勿論空気穴なんてなーい!息苦しい、暑い・・・。どこが50Mだ~、もう無理だ、と思った辺りでやっとエスケープできた。地上の空気のありがたさよ。
c0041132_2294875.jpg
右上がトンネル入り口。中入って写真撮るにも、だんだん朦朧としてくるのでブレようが何だろうが、どうでもよくなってくる。それが左下の写真。こんな具合でパツパツなので、入り口付近なら引き返せるけど、それより先は一方通行。とてもじゃないがすれ違えない。
左上:いろいろな手作り武器やトラップも展示されていて、場所によってはいちいち半地下の穴の中に入るので辛い。暑いのもあるけど、いるだけで非常に消耗してしまう。トラップコーナーは気分が悪くなってきてパスしてしまった。
右下:戦車もあるです。

ここでは実弾を入れた鉄砲を撃つこともできるので、常に遠くから鉄砲の音が聞こえてきて、それがまたリアルで・・・どうにも元気に楽しく観光♪って気になれない。

ガイドさんが戦争経験者で、バスの中で色々話をしてくれた。「ジャングルの中に2年間篭った、もう思い出したくもないが、忘れることも出来ない酷い経験だ」「戦争が終わり、友人たちは病院送りになり・・・私は仕事を見つけ、結婚した。毎日ハッピーだ(どういう話の流れなのかよくわからないが、笑いをとっていた)」「今も私はホーチミン・シティじゃなくサイゴンと言う。ホーチミンって言うのはコミュニストだし」あいにく大雑把なところしか分からないが、なかなか生々しい話で。。クチにもいたことがあるらしい。
「笑って過ごせない人生なんて、何の楽しみがあるのか?私は毎日楽しく過ごしているし、ここに来ているツーリストの皆さんにも楽しく暮らして欲しい」とも言っていた。よくしゃべるおじさんだったけど、貴重な話を聞けてよかった。



c0041132_22223743.jpgさて、気を取り直して夕食に行くかー
ホーチミンに帰って解散になるのは6時過ぎなので、ちょうどよく夕食の時間。結局通り道の、また市場の横の店に行った。
昨日とはまた別の店で、そして同じぐらい混んでいたところ。照明など、ちょっと中国風かな。
c0041132_22235174.jpg
牛肉のフォーに、チキンライスというかチキンつきチャーハン、また生春巻き、あとパパイヤと海老のサラダ。やっぱり10ドルもしない。c0041132_2225489.jpgほんとに暑い日だったので、食事の後途中にあるアイスクリームカフェに寄った。レロイ通りに面していて、にぎやか。向かいは、サイゴンセンタービル。

ご覧のとおり、オープンカフェというか、ドアも壁もない店というかw いつ通っても混んでいて、人気店みたい。私はココアアイス、夫はタロイモアイスを注文(以後タロイモにはまる)。ココアアイスは、バニラにチョコソースがたっぷりかかっていて、ちょっとこれは甘くて無理そうだと思ったが、意外とアイスがすっきりした味でいけた♪うまい!
さて、夕食は飲んで食べて10万ドン弱。アイスは二人で6万ドンほど。なかなかいいお値段で(^^; 

なんだか、やたら長い一日だったような気がする。
[PR]
by phedre | 2007-01-13 22:48 | ベトナム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/5298690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼうしゃ at 2007-01-14 11:12 x
噂にたがわぬ狭さですね、洞窟。
洞窟好きなので興味深深です。

考えてみれば、ベトナム戦争が終わったのは30年前ですもんね。
やっぱり生々しいです。
でもこんな隠し方してるとは、やっぱりアメリカ人には見つからないだろうなあ(^_^;)

「笑って過ごせない人生なんて、何の楽しみがあるのか?」っていい台詞ですね!

ご飯も美味しそう!
Commented by phedre at 2007-01-15 23:11
想像の1/3以下の狭さでした・・・すれ違うことすらできないなんて。
こんな所に隠れてたら、アメリカ人に見つからないのもよくわかります。近くに爆撃の跡もありましたけどね(^^;

洞窟好きならかなりイイ!と思いますよ。潜るだけですけど、途中の小さい明かりがまた雰囲気を盛り上げてます。でも、可能ならあまり暑くない日に(w
おじさまの人生譚がいろいろ聞けて楽しかったです♪私も毎日、にこやかに過ごしたいな~。と思った日の夕食で、おいしくて笑顔が漏れまくってしまいました。(^-^)
Commented by s@nas at 2007-01-30 22:40 x
ご飯がとっても美味しそうですね!!!
ベトナムにはまだ行く予定がないのですが、食べ物の記事を観ると
興味津々です。
…トンネルは…息苦しいのは大変そうですね…
Commented by phedre at 2007-01-31 20:27
s@nas さん
食事は全然困らないですよ~。何食べてもおいしくて。
ベトナムもいいですよー♪
クチトンネルは相当苦しかったですけど、貴重な戦争体験ができてよかったです。カオダイ教寺院も一緒に行けてお得でした。