ブログトップ
結局、何神社なのか
c0041132_21401668.jpg桜を見に行く途中、ちょっと裏道に入ってみた。
環境研沿いの細い道を入り、大きい道へ向かうように走っていたら、鳥居があるのが見えた。
この先に神社があるのかな、向かってみよう、と鳥居をくぐると、急にタイムスリップしたような、昔通った道のような、デジャヴュ。
ベランダで布団を叩く人、木の枝を片付ける人、古びた駄菓子屋の前に指定のジャージでたむろする小学生。その向こうに、ひっそりと立つ神社の輪郭が見える。
夫は、「昭和にタイムスリップしたみたい」と言ったけれど、私は突然、ミャンマーのバガンで舗装もされていない道を自転車で走った時の風景に迷い込んでしまったような気がして、眩暈がするような既視感に襲われ、しばし元の世界に戻れなくなりそうになった。

ほんの、300m程度だろうか?短い砂利の参道なのか私道なのか、よくわからない道を抜けると、昔の集会所だったらしい建物や(今も使われているのかな)消防団の建物に小さな公園が隣接していて、つくばが研究学園都市となる前の姿を垣間見ることが出来る。
c0041132_21424126.jpg
神社はこんな感じで、ブルーの屋根がかわいい♪
それよりも、ここは何神社なのか?鹿島神社で、八坂神社なのか??
地図によると、鹿島神社のようだが・・・。
まったく、奥深い街だな、つくばって。
[PR]
by phedre | 2007-04-03 22:00 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/5832838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。