ブログトップ
宮津のお寺、狛犬めぐり
c0041132_1644685.jpgそろそろ宮津を発たなくては。
その前に、寺町のお寺をいくつか覗きに行こう。
やや高台にある大頂寺。宮津湾と城下町が見下ろせる。(お寺自体も素敵)
この辺のお寺は、宝物や庭を公開しているところが多く、ぼーっとしていると案内してくれたり、入り口に「ご自由にご観覧下さい」と出ていたりして、綺麗な襖絵や掛け軸も見せてもらえてすごく嬉しい。
時間があれば、全部回りたかったな~。
c0041132_16195668.jpg
通りの突き当たりに見える仏性寺。山門にあるベンチが、いい。
立派な山門は1400年代に出来たもので(殆ど写ってないですが)、本道にある襖絵は源氏物語を描いた江戸時代のもの。ぶらぶらしていたら招き入れてくださって、見事な絵が見られて感激ー。
左は、和貴宮神社。鳥居をくぐる前に、道の右手を見るとカトリック教会が正面に見える立地。その昔は、この辺りまで海だったという、海と陸の境目とされる神社である。(現在は海から1kmは離れている)
ここの狛犬も独特で、頭が平らで愛嬌がある。↓の右端が後姿。その他、気になった狛犬。真ん中のはすっかり削れて、まぁるい顔に。みんなかわいいなぁ。
c0041132_16314035.jpg
c0041132_16345584.jpg
c0041132_16351412.jpg↑そして宮津の街で、必ず目に入るもの。
お地蔵さんがいっぱい~。どれもカラフルで、お花も新しいし、綺麗に掃除されている。
毎年、子供達が色を塗り替えるから、その時々で雰囲気が変わるとか。
お地蔵さんに守られた街なんだなぁ。
木造の教会も発見。
c0041132_16372611.jpgそろそろ電車に乗ろうか。さよなら宮津の町~。
北近畿タンゴ鉄道の特急タンゴエクスプローラー(タンゴディスカバリーの方だったかも。2種類あるみたい)に乗って、宮津をあとに。
この電車(右下)、窓の位置が高いなーと思ったら、座席まで3段ほどステップを上がるので、席が高く眺めがいいー♪
普通電車もかわいいし、乗ってみたかったなー。舞鶴もいいところらしいし、展望列車も出ているみたい。見晴らしのいいポイントでは止まってくれるそうだし、今度機会があったらそれに乗りたいー!

ということで、天橋立に行かれる際は、是非宮津にも寄ってみて下さいね♪
この後は温泉へ向かいます。(まだしばらく続きます)
[PR]
by phedre | 2007-05-21 16:46 | 天橋立・城崎・豊岡 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/6141335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2007-05-25 02:18 x
「城之崎にて」レポもよかったですが、
やっぱり狛犬レポートが楽しい♪
あと、子供が色を塗っちゃうお地蔵さんがとっても面白かったです!
お地蔵さんがこういう屋根つきなのは、関西以西の特色なのでしょうか?
近江八幡でも見かけたので気になりました。
Commented by phedre at 2007-05-25 22:20
狛犬かわいいのが多かったんですー♪
近江八幡でも、屋根つきお地蔵さんがいたんですね。
草津で見たお地蔵さんは、すっかり雪に埋もれて、つむじだけ出ていたりなんてのもありましたが、西日本に来ると屋根をつけるようになるんでしょうかね~?岩手でも見かけないですね。
別の街でも、子供が塗り替えるお地蔵さんがいたのですが、こういう色付けをする習慣も初めてで驚きました。カワイイですよね。