ブログトップ
出石(いずし) 日帰り城下町の旅
c0041132_19503252.jpg豊岡から30分ほど路線バスに乗って、気軽な半日旅行。出石(いずし)を訪問。駅前からバスに乗った。まさに、駅出たら誰でも目に付く場所に独立して「出石行き乗り場」があり、そこからバスに乗ると、50Mほど先にある、駅前バス停のような所にも停車するw
豊岡からの、メジャーな観光地なんだね。バス前面の行き先表示も、「出石(いずし)」とわざわざ書いてあるし、親切だなぁ。

出石も古い城下町。山の上には山城があり(登っていけるけれど、前日の雨で足元が微妙…。断念した)、そのふもとに出石城が残る。天守閣は現在無く、本丸付近の発掘&修復作業中のようだった。
そこへ至る鳥居の朱が鮮やかで、苔むした石垣に映えて美しい。

↓お城の入り口付近。門の瓦が、お金模様ですごく現実的なw
c0041132_19512511.jpg
街をふらふらと歩く。神社やお寺もたくさんあるし、中心街はみやげ物店などですごく賑わっていて、駐車場には近郊ナンバーの車が続々、観光バスも到着と、全然知らない街だったけれど関西の有名な観光地だったのかと、びっくり。
でも、のんびりした雰囲気が残っていて、こんな藤棚の下の地野菜売り場(手作り味噌なんかもあって、近くなら買って帰るのになぁと思った)を眺めながらそば団子を食べたり、午後戻ってきて地ビールに但馬牛饅頭を食べたりと、まったりと楽しめる。

そしてこの街の名物は、出石そば
c0041132_2005839.jpg
薬味と、山芋に卵がまず出てきて、私たちが行ったお店では皿数を指定して注文するシステム。私は7皿で十分だった。追加も好きな数できるようで、後ろのご夫婦「あと15皿追加で」って、やりますなぁ。20皿以上(店舗によって違うようだけど)食べると、手形がもらえるみたい。食べ始めると、思わず無言に…後ろから投げ入れられそうで…って、わんこそばじゃないし!w 味わいは田舎のそばでおいしかったけど、出雲のそばの方が、濃い風味で好きだなぁ。 前日の飲み屋さんで教えてもらった、甚兵衛に行きました。よかったです。
この後お土産店で賑わう界隈に行くと、「おそばこちらでどうぞ!二名様、いらっしゃいませ」なんて声がかかる。すみません満腹ですw 出石のランドマークである時計台(辰鼓楼)下のお店なんか、窓際ならいい雰囲気なんだろうなぁ。でも、こぢんまりとしてよさそうなお店も、いっぱい並んでいたな。
c0041132_20132239.jpgこれがその時計台です。もともとは1871年に造られ、時計は三代目とか。この下で記念写真を撮っている人が多く、この周辺はまさに華やかな観光地。で、あっという間に静かな通りになるところも、また面白いんだなぁ。
c0041132_20162130.jpg
お寺も色々。
左上2枚:沢庵寺、こと、宗鏡寺。沢庵和尚が再興した寺で、特に庭が秀逸!撮影禁止なので写真無いですが、素敵だったー♪所々でチャイムを押すと、解説が流れてなんか楽しい。本堂の破風部分の格子も綺麗。
右上:小さい神社、お寺も個性溢れてよかったです。ここは吉祥寺。仁王様がカラフル~
左下:町屋の素敵な屋根と、ぷりぷりした洋風猫。この子に着いていったら、お寺と酒屋に出た。
c0041132_2023515.jpg
下の三枚:ここでも、化粧地蔵が。屋根の瓦がすごい豪華! その隣:お寺の門に、猫の肉球が!(多分違う) 右端:化粧地蔵の瓦の…なんだろう 恵比寿様?(^^;
→そして、あるお寺の本堂の横から、現れたわんこ。すっごい紐長いよ~。のたのたと、ゆっくり挨拶に出てきてくれた。一度も吠えなかった。けだるい表情でかわいい。

c0041132_20255710.jpg綺麗な土壁が続くな、と思ったら、老舗の造り酒屋。
横の「小売致します」にひかれ、入ってみたらレトロな蔵で、懐かしげな畳の小上がりに商品が。「楽々鶴(ささづる)」の原酒と普通の日本酒、試飲させてもらって、おいしかったのでお土産に購入。原酒の方は、強めなのでロックでどうぞ、とのこと。ちびちびと頂いています。うまいです♪
普通の日本酒の方は、懐かしいような小瓶に入っていて、「このまま熱燗にできます」とのこと。「集まりのときは、じゃ~お銚子ン百本つけて!」みたいな注文もあるとか。
その小瓶の方は、まだ勿体無くて飲んでないです~。

c0041132_20321386.jpgそれから出石は籠製品も名物のようで、お蕎麦屋さんの前の郵便受けが籠でキュートでした。

駆け足観光レポになってしまいましたが、楽しい出石散策でした。
リンクさせていただいている、cherry2005さんの天橋立&出石日記も是非ご覧下さい♪そばの色が、私が食べたのより濃いような…?お店によって色々なんでしょうかね♪

出石観光協会
[PR]
by phedre | 2007-05-29 20:49 | 天橋立・城崎・豊岡 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/6200199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cherry2005 at 2007-05-31 21:09
リンクまで貼って頂いてありがとうございます~♪
私は駆け足だったのですが~phedreさんは
じっくりと、いろんなところを周られたみたいですネ。。。。
出石の時計台懐かしいです。
桜ですか? とっても綺麗! 良い季節に行かれましたネ☆
↓ お泊りは城崎温泉ですか?
私もあの日の夜は城崎温泉に泊まりました。。。。。
なかなか風情のある歴史を感じる街並みですよネ!

それにしても羨ましい~♪
いろんなところにご旅行されていて!
私は今、どっかに行きたい病が発病しています(笑)
Commented by m-rakuda2 at 2007-06-01 00:41
おぉ! これが西の「わんこそば」とも言われる出石の皿そばですね!
自分は冷たいそばが好きなので、地元のわんこそばより、出石そばの方がいいなぁ~。
わんこもこのシステムだったら週2は確実なのに…(笑)。

素敵な城下町ですね。
城好きにはたまらない場所です。
あいかわらずphedreさんの旅プランには感服します♪
Commented by phedre at 2007-06-04 19:54
>cherryさん
八重桜が咲いていて、キレイでしたよ~♪桜を見に東北へ、とも思ったんですけど、こちらへ来てよかったです♪
やはり帰りは城崎温泉がポピュラーなんでしょうか~?出石から近いですもんね。
懐かしい温泉街の散策も楽しかったです~
cherryさんは次回どこに行かれるんでしょうか?また色々参考にさせてくださいね~

>らくださん
おお!「西のわんこそば」なんですね。食べていると、どうしてもわんこそば気分になってしまうんですよー。
たっぷりのとろろが、嬉しかったです。おそば、私も冷たいほうが好きですー。ぜひ、出雲と出石のそば、食べ比べに行ってください!
城下町めぐりは楽しいですね♪どこも「城下町」って雰囲気なのに、それぞれ個性的で。
出石の酒屋さんに行ったら、岩手の造り酒屋の見学に行きたくなりました。
Commented by 通りすがりの元店長 at 2009-06-02 08:06 x
出石って、近頃ネットの世界は「でいし」という読み方のほうが、通りがいいみたいですね。
ためしに「でいし皿蕎麦」でGoogle検索してみてください。たくさんヒットします。
Commented by phedre at 2009-06-08 21:45
通りすがりさん
コメントありがとうございます。
地元の方もそういう名前で呼び始めているんですか?
地名ってそうそう読み方が変わるものでもないと思うので、不思議な感じですね~
その検索ワードだと、むしろ誤読対策って感じしちゃいますけど、考えすぎでしょうか。