ブログトップ
成田山祇園会
ちょいっと用事で、成田へ行ったら、成田山祇園会の真っ最中。
山車が出るというので、楽しみにして駅前へ。
ちょうど良く、駅から山車が出る(ように見えるだけ?)ところ。
c0041132_19295871.jpg
ここの山車は、上に男性が乗って、掛け声にあわせて扇子などを振るタイプのようだ。
c0041132_19292049.jpg
c0041132_19302047.jpg駅前はお巡りさんが何人も出て、交通整理をしている。↑左は、山車に「徐行をお願いします」の札つき。右は、扇子のお二人の間のご隠居さん、動かないのね…と思ったら人形だった。

道幅が狭いので、すれ違える程度の幅になっていて、小さめの山車。途中、長い坂もあるし、あまり大きいと危ないんだろうな。
この、駅前通付近は道が狭く、縁日も出ているので片側に二列になるともう満杯で動けない。成田山まで辿り着くのは大変そうだ。と、いうわけで、ちょっと見てそのまま夕食へ向かった。
c0041132_19381084.jpgなぜか、山車がどれものんびりした感じというか、緊張感が無いな~と思っていたが、こちらに向かってくるのを見て理由が分かった。二本の引き縄の内側に、揃いの半纏なりを着た子供達が立って縄を引いていくのだが、その内側に付き添いの親御さん方が私服でついているから、傍目には通行人が山車行列の中に混ざって勝手に歩いているように見えるのだ。
人数も、全員親がついているのかな?って位いるし、なんか不思議な光景。付き添いも、揃いの半纏を羽織る位すれば、山車の行列の完成度を維持できるのでは?と思った。そもそも、小学校上がった子供達に、道中ずっと付き添いが必要なのかなぁ。そういう伝統のお祭りなのかしら。

でも、さすが成田のお祭り、外国人も多い。琴欧州関似の人が、浴衣に下駄、頭に手ぬぐいで歩いていて、かっこよかった~~
c0041132_19491662.jpg成田空港へも行った。あ~、飛行機見ていると出かけたくなるな。

今まで気にしたこと無かったけど、ぼ~っと離陸を見ていると、カーゴ系のは重そうにじりじりと上昇していく。人間は、ある程度快適に乗れないといけないから、荷物びっしりの飛行機より軽いんだろうなぁ。
[PR]
by phedre | 2007-07-09 20:00 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/6465288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そらりん at 2007-07-10 05:39 x
おー 成田の祇園にあたったのかぁー
案外賑やかなお祭りだよねえ

うんうん 重い飛行機は滑走が長いし「よいしょ」って感じであがっていくよね。同じ旅客機でも燃料をタップリ積んでいる長距離はやはり「よいしょっと」と上がっていくよ。
乗ってても「あー 今日は満席だし燃料満タンなんだろうなあ」と感じるべ。
逆に国内線は「ホイッ」とあがっていく。←自分もこんな感じで軽やかに動きたいと切に願うべw
人間の燃料はホドホドに・・・>ワシ
Commented by phedre at 2007-07-10 19:46
すごい賑わってましたよ~。早めに着いていたら、成田山にも行きたかったなぁ。
山車を見るのは久しぶりで、楽しかったです♪

そっか、燃料も大きいんだー!
私が重そうって思ったカーゴのは、きっと荷物パンパンの長距離便だったのかな。がんばれ~って言いたくなるほど、重そうで。
国内線は軽やかな離陸で気持ちいいですねー。私、飛行機デビューがヨーロッパ線だったので、国内線に乗ると今も感動してしまいます。

アルコール燃料はホドホドに・・・>私w