ブログトップ
国立新美術館 (黒川紀章さん死去によせて)
建築家の黒川紀章さんが永眠されました。
えっこの前まで選挙出たりって元気だったじゃない!そんなに突然に…。なんだよーもっと色々素敵な建物つくってよ!…(T_T)
c0041132_20192755.jpg
c0041132_20194071.jpgお年を考えると仕方ないか、と思えるけど、まだまだ建築しまくるぜ!って雰囲気だったので、ほんと驚いた。残念です。

写真は、黒川紀章氏による国立新美術館の建物です。
今年の3月、沖縄から友人が遊びに来た際に、彼女のリクエストで仲間と連れ立っていった場所。「20世紀美術探検」という展示を見て来た時の物。同時開催で黒川展もやっていたんだよね。そのうち、回顧展をしてくれるんだろうか…

その時の、ブログにはupしていない日記を見ると、
「今話題の、黒川紀章デザインの新国立美術館。さすが素敵な建物。
とはいったものの、他にどんな建物作ってるんだっけ?と調べたら、先日お世話になったクアラルンプール空港もそうだった。
天井が高くて、上のフロアを下から見上げられて、どーんと突き抜けるオブジェ的な柱状の物があって。

そういや、帰ってから調べて、ほぉ~黒川だったのか、と思ったんだよな。すっかり物忘れが激しいな。

ミュージアムショップを見ていたら、オリジナルグッズが「展示」されていた。
ロゴが壁に大きく出ていて、よく見ればこちらも話題のデザイナー、佐藤可士和。なるほどねぇ・・・重鎮に気鋭のデザイナーと、新旧取り混ぜた感じ?

展示は、昨日で終わりの、20世紀美術探検、という展示を見てきた。

さりげなく、展示の中にル・コルビュジェの油絵もあり、油絵も描いてたのね~と思うとともに、黒川の建築を堪能しつつコルビュジェの油絵も見られるなんて、面白い組み合わせだなぁと感心。 」

などとある。
建物の周りを、4人でうろうろして、カッコイイ建物だねーって写真撮りまくったんだっけ。
c0041132_20195424.jpg特に素敵だなーと思ったのは、このカーブした建物のどんづまりの部分。うねりが集約していく様に、一瞬目を奪われた。
→は、上の写真にあるピラミッドっぽい出っ張りの下から眺めたところ。吸い込まれそう。

クアラルンプールの空港も、吹き抜けの丸い中央ホールの真ん中に、ワイルドなボルネオの自然を模した吹き抜けのジャングルがあり、周りをぐるりとカフェや免税店が囲んでいて、更に2階部分が少し突き出している感じは、新美術館と雰囲気が似ていた。コタキナバルから、乗り継いて来た私には懐かしいボルネオの風景と、KLの都会的な部分が融合した、濃縮マレーシアな空間になっていた印象がある。写真撮ってくればよかったな。
中からしか見ていない、KL国際空港を、今度は外から眺めたい。

後は代表作はどんなのがあるのかなぁ…旅先で出会えるといいな。
ところでニュースをあちこち巡っていたら、若い頃の写真があった。いい写真だなー!
黒川さん、お疲れ様でした!どうぞ安らかに。
[PR]
by phedre | 2007-10-12 21:03 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7168527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hide☆彡 at 2007-10-12 21:46 x
劇的な人生でしたねぇ。
やってること支離滅裂っていう感じだったけれど、世界的に有名な建築家でした。
ご冥福をお祈りいたします!でも次の選挙も大活躍して欲しかったな。(笑)
Commented by phedre at 2007-10-18 11:53
ひでさん
ちょっと方向違いますが、岡本太郎さんみたいな感じですかねw
このまま都議選・区長選など、当選するまで次々チャレンジされるのかと思っていたのですが。
先日までバリバリお元気だったのに変な気分です。