ブログトップ
ジブリの絵職人 男鹿和雄展@現代美術館
c0041132_20435122.jpg旅仲間・美術館仲間のHちゃんと、東京都現代美術館ジブリの絵職人 男鹿和雄展に行ってきた(9月で終了しています)

私は何故か、トトロ展だと思い込んでいて、思わず窓口で「トトロ展大人二人」と言いそうに。
実際は、背景画を描いている男鹿さんの絵画展。昔の、「はだしのゲン」「幻魔大戦」などから、トトロはもちろん紅の豚や魔女の宅急便、最近の画集作品まで、スケッチから実際に使われた原画まで豊富に展示されている。

何気なく見ていたアニメの背景も、実際に間近で見ると、「すごい!」の一言。雲が空に溶けていくような描写が特に印象的で、「一体、どうやって描いているの!?」と感嘆するばかり。
懐かしい日本の風景が特にお好きなモチーフなのか、どれも情緒あふれた理想の田舎の風景。 私は、幻魔大戦のようなシリーズ(タイトル忘れてしまった)の、夜の闇の中で窓に灯りが点るビル群を見下ろした絵が印象的だったな。

原画展示の後は、パネルの前で記念撮影ができたり、飛行機の窓から風景を望む(「紅の豚」の風景)コーナーなど、お楽しみも色々♪

トトロ折り紙コーナーまである。
最初は、「折り紙かぁ…子供ばかりで、混ざってやるのは厳しいかもね」「うん、ちらっと見て通り抜けようか」なんて言っていた私達だったが、行ったら大人の方が多いぐらいでw
じゃぁ、とやってみたら、楽しいこと!(そして難しい)
できた折り紙トトロを、セットの前に立たせて記念撮影~♪大トトロの足元にも置いてみたw
c0041132_2044065.jpg
その後、特別展示の岡本太郎による巨大壁画「明日の神話」を見る。でっかいです。
近くで見ても、遠くで見てもすごいエネルギー溢れる絵。常設展示にある、岡本太郎作の陶芸作品もなかなか面白い。絵画のイメージそのままで、トゲトゲした器とか。欲しかった。

お土産に岡本太郎キーホルダーを買った!グッズにすると、意外とかわいらしさ溢れていいな。
c0041132_2044976.jpg
↑カフェ横の壁も、現代アートしている。

↓ここへ来る途中の道は、下町っぽさ全開で楽しかった。「美術館はこちら」の看板の下に、「ここのお店は何々がおすすめ」などと書かれ、しっかり町をアピールしてる。
左下の呉服屋さんは、電話番号が5298(ごふくや)。うまいな~。看板も懐かしくっていいし、あまり呉服屋さんっぽくない、激安ののぼりもいい感じ。
駅近くには、清澄庭園や深川江戸資料館もある。今度行ってみたい。

ゆっくり展示見て、たっぷり休憩もしてと、のんびりした一日だった。楽しかったなぁ~
c0041132_20441744.jpg
☆岡本太郎「明日の神話」特別公開は、2008年4月13日まで。
[PR]
by phedre | 2007-10-24 21:41 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7248342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。