ブログトップ
書写山圓教寺~山門から摩尼殿へ
c0041132_20214842.jpg


c0041132_2022367.jpg姫路で一番楽しみにしていた、書写山圓教寺。しっぶ~い山寺まで、駅からバスで向かう。麓まで来たら、ロープウェイへ乗り換え。
ここのロープウェイは、日本で三基目の、跳ね上げ式桟橋。どんなのかというと、普通ホームにゴンドラが到着するとぐらぐら~としているが、この場合は両側から桟橋が下りてきて、すばやくゴンドラをキャッチ!跳ね橋に挟まれているような感じ?これでビシッと安定、乗り降りも快適。跳ね橋が動く様子は、なかなか面白い。

ロープウェイを降り、本参道を歩く。
すぐに「慈悲の鐘」があり、ぜひ撞いていって下さいとのこと。一人、ごぉ~んと鐘を鳴らす。
ちょっと憑き物が落ちたような気分だ。
この参道沿いには、「西国三十三観音像」と呼ばれる33体の仏像が並んでいて、それを眺めながら坂道を登っていけば、お清めを受けているかのよう。天気も良かったし、心地いい~

(→下)仁王門へ辿り着く。まだまだ歩くよ!サイトによれば、「これより先、圓教寺境内」まだ境内にも着いていなかったのか…
で、更に続く坂道を越え、下り坂の先に見えてきたのが摩尼殿。わぁ~、と、口がぽかーんと開いてしまう。
c0041132_203061.jpg
c0041132_20301874.jpg
最初からいいもの見たなーと思いながら、更に山奥へ。
この先にまだまだ見所があるようだ。展示室もあるみたいだし、わくわく♪(つづく)
[PR]
by phedre | 2007-10-31 20:43 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7303628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。