ブログトップ
書写山圓教寺~三つの堂
摩尼殿の先へと、静かな山道を歩いてゆく。
木々が生い茂る坂を上っていくと、ぱっと明るい広場に出る。
この三方を囲むように、三つの堂(右から大講堂、食堂、常行堂)がある。
c0041132_21462124.jpg
c0041132_2147043.jpg
摩尼殿だけでもかなり立派なのに、更に山奥にこんな念入りに作られた場所があるなんて。

食堂(じきどう)は現在宝物殿として公開されており、中に入れる♪
1階は写経道場、展示物も少し。2階が寺宝の展示館。
ここでのんびり、お抹茶なんか飲めたらな~と俗な私は思ってしまう。

昔の建物らしく、ちょっと階段は急だし天井は低く床はきしむので、床抜けそう、と少々怖い。

↓食堂2階から、右に常行堂を、左に大講堂を眺める。
c0041132_21473784.jpg
c0041132_21474991.jpg
ちらほらと観光客の姿はあるものの、ほんと静かで、人里離れた山寺へやってきたと感じる。心穏やかに、一日ここでのんびり過ごすのがよさそうだ。

次回も圓教寺です。
[PR]
by phedre | 2007-11-02 22:40 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7322716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2007-11-03 01:46 x
すごいですね~!
全然、このお寺の存在も、名前すらも知りませんでした。
こんなにすごいのに、どうして知られてないんでしょ?私が単に知らなかっただけなのかな~
教えていただいて、phedreさんに感謝です!
Commented by phedre at 2007-11-05 17:27
AZUKIさんもご存じなかったって、やっぱマイナーなお寺なんですね。
ガイドブックでも、郊外のちょっとした見所みたいな感じで、扱いが小さいんですよ~
ささっと調べた時には気づかなくって、よ~く読んだら、いいところがあるじゃないー!って。
想像以上にすごいお寺で、感激でした!