ブログトップ
杭州~西湖
c0041132_21293977.jpgそろそろ紅葉が見頃な茨城を抜け出して、杭州へ行って来ましたー!
杭州(Hangzhou)と広州(Guangzhou)って混ざって、どっちがどこだっけ?と思うけれど、杭州は上海の近く、広州はアモイよりも南ですー。広州は「食の都」だそう♪

今回は、上海・アモイ以来一緒の海外は2回目のA嬢(国内もよく行く)と、国内は何度も三人で行っているけど、初みんなで海外のHちゃんの女三人・秋休み♪氷見や山形も一緒に行った旅仲間達。

計画を立てるに際し、日程は4日間と決まったものの、行き先を決めるのに難航。それぞれ旅好きとあって、それなりにあちこち行っているし、しかもバラバラに行っているから「行ったことの無い所orもう一度行ってもいい所」から行き先を絞るのが難しい。
最終的に、ベトナム(私はもう一度行ってもいい)か、中国(大連とか、広州はどうか)ということになり、喫茶店でパンフ持ち寄って検討会を開いた。
その時、全然候補にも上がっていなかった杭州の写真を見て、Hちゃんが「あっ!ここすごい素敵じゃない!?」…調べてみたら気候もいいし(大連は寒そうで却下)、のんびりできそうだし、と杭州に決定~♪

成田から杭州までは3時間。沖縄行くより近い気がするねと話しているうちに、あっという間に到着。

この時季の気候は、東京とほぼ同じ。着る物に悩んだけど…、正直、帰ってきてからのつくばの方がずぅ~っと寒い。
まぁ何が問題だったかって、MSNとYahooの天気情報を比べると、気温が5℃も違う!という…。Hちゃんと上着の話をしていて、ずいぶん彼女は厚着で行くんだなと思っていたら、私が見ていた方が5℃も暖かい事がわかり、二人で大笑い。

さて、杭州の見所は、西湖。ホテルは湖岸のSofitel Westlakeにしたので、出かけるとすぐ湖岸に出られる。着いたら早速散策♪
c0041132_21295688.jpg
いきなり変なオブジェもあったけどw、その先に広がる西湖の眺めには揃って歓声をあげてしまった。
地図から勝手に想像していた以上に広く、パンフレットの写真は特に美しいんだろうと思っていたら、どこを歩いてもいい眺め。
さすが、絶世の美女と謳われる、西施にちなんで名づけられただけある。
c0041132_21321069.jpg

c0041132_21322477.jpg湖岸を散策していると、ところどころに広場があり、賑やかな音楽が聞こえてきた。
近づいてみたら、カラオケセットを持ってきている人が何人も。カラオケ大会かー、と思ったら、その先に渋いオジサンバンドがいた!手前で手拍子を取っている人がボーカル♪
上の写真右下でも、おじさんジャズをサックス二人かな、で演奏してた。

→途中、こんな素敵な建物も。中に入れるかな?と覗いていたら、係員らしき人が出てきたので聞いたところ、「ここはクラブハウスだから、見学はできないよ」とのこと。絵がかけてあったから、ギャラリーかなと思ったんだけど。残念~。

ここ杭州浙江省の省都で、秦の始皇帝の時代から続く中国6大古都のひとつ(北京、西安、洛陽、開封、南京、杭州)。マルコ・ポーロに「世界で最も美しく華やかな街」と絶賛された。
というガイドブックの説明も、ほどほどに読んでいたのだが、実際に西湖へ出てみると納得できる。
それに、景観規制がされているのか、周辺のホテルも低層で(ソフィテルも、ハイアットもシャングリラも、見たところせいぜい7階建てで、近代的な派手な外見ではない)、昔のままとは言わないまでも、他の都市と比べるとゆったりした旅情溢れる眺めを保っている。

ほんの少し湖畔を散策しただけで、すぐに杭州が気に入ってしまった私達。もう少し暖かい季節なら、湖に面したカフェのテラスで何時間でも過ごせそうだった。

追記:クラブハウス、西湖天地のサイトに紹介されていました。中も素敵!
[PR]
by phedre | 2007-11-23 22:46 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7518246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2007-11-24 04:18 x
わあ~、どこに旅行する計画をたてていらっしゃるのかな~と思っていたら、杭州ですか♪
めっちゃ、うらやましい~♪
もし、中国に行けるなら、蘇州と杭州と思ってました。
私も西湖でまったりしたい~!
(それにしても、中国の景色には柳の木が似合いますね♪)
中国の路上ライブ?いいですね~
中国って、太極拳やってたり、水で書道してたり、音楽やってたり、屋外で人が集まって楽しむお国柄なんでしょうかね?
ガラス好きとしては、クラブハウスのドアに注目!でした。
これから、杭州の寺あり、グルメあり、お土産あり、盛り沢山でしょうから、楽しみにしています♪
Commented by ぼうしゃ at 2007-11-24 09:58 x
中国らしい風景をみると、反射的に「蘇州夜曲」が頭の中を流れてしまうワンパターなんな僕です(^_^;)。
でもさすが南宋の首都だけありますね。なんかこう、文化というか街の雰囲気に歴史の厚みを感じます。
Commented by phedre at 2007-11-26 21:08
>AZUKIさん
蘇州も、5年ぐらい前に行ったんですよ~!どちらも行かれたい街だとは、なんとも奇遇ですね♪いつか機会があれば、ブログで紹介しようかと思いつつ、メモ帳に書いた当時の日記と共に、放ってありました。そのうち載せますね♪

北京の、激烈寒い公園でも、おじさんおばちゃんが元気に集まって活動したり、将棋したりしていましたが、外に集まるのが好きなんでしょうねー。
正直、平日の昼間からなんでこんなにヒマそうな人がたくさん!?って驚きますが…、この余裕のある様子が、中国人の元気の秘訣かもしれないですね♪

クラブハウスのこと、ちょっと調べたら、その周辺のエリアを紹介するサイトに中の写真が出ていました。
http://www.xihutiandi.com/en/tenants_yongjinlou_intro.htm
Commented by phedre at 2007-11-26 21:08
>ぼうしゃさん
蘇州も水の都ですし(向こうは運河ですが)、だいたい雰囲気あっているかと♪
実はあんまり古都の雰囲気は期待せずに行ったんです。
上海のように大都会ではないだろうけど、それなりに発展して周りは高層ビルの建築ラッシュかなって。
それが嬉しいことに、大きなビルは湖から離れた所にあって、遠くに見えても全然景観を邪魔していないんですよ~。
想像よりずっと素敵な眺めばかりで、ほんと感激しました。