ブログトップ
杭州街歩き~河坊街
c0041132_21162573.jpg西湖の湖畔でお茶をしよう、といいながらウロウロ。最近出来た、お洒落なレストランや雑貨店の集まるエリア、西湖天地を通り過ぎる(一度寄ろうといいながら、結局行かずに帰国してしまった)。ここは意外にも、湖沿いを歩いていると、看板が見える程度で知らないと気がつかないような場所。上海新天地と、同じ系列と聞き、モダンなビルが建っていて遠目にもすぐわかるのを想像していた。
→ハーゲンダッツの看板。日本の甘味処かと思った。

ぶらぶら歩いていると、とってもローカルな感じのお店とお洒落なカフェみたいなのが混在している。小奇麗なお店は、やはり高い。が、前方にハイアットが見えてきたら「ハイアットでお茶しよう!」ということに。(左下)広い吹き抜けのロビーを通り過ぎ、2階の喫茶室へ。「お茶と一緒に、デザートはいかがですか?」と勧められ、ケーキ盛り合わせを一つ注文(右下)。「一人一皿はさすがに多いけど、三人で二皿ならちょうどいいですよ」と言われるも、ここは中国、絶対に量が多いに違いないと、一皿にしたら案の定、1個が十分に普通サイズ。危なかった。左から、マンゴープリン、チーズケーキ、ティラミス。どれもおいしかった!そして滞在中の食事で、一番高かった。
c0041132_21142363.jpg

c0041132_21144210.jpgついでに、ハイアットのお土産やさんを覗く。カバン、ポーチなどの小物を扱う店で、A嬢はそこでかわいい携帯ケースをストラップを購入。すると店員さんが、「もう一つ、お店あります。見て行ってください」と、別の店舗へ案内してくれた。そこはアクセサリのショーケースと、なんと立派な仏像が並んでいる!「ヒスイの、アクセサリです」というのを聞く間も無く、「きゃー!すごい素敵な仏像!!」と仏像を熱心に見る私とHちゃん・・・。博物館に置いてある物の精巧なレプリカで、日本円にして数十万はするし、高さ50cmはあるものばかりで、さすがに私達が買える代物ではない。店員さん、変なの連れてきちゃったなーって思ってたかもw

→湖岸の、街の風景。古い建物と、最新のブランドショップが入ったテナント群が並んでいても、不思議にしっくり来る。カラフルな自転車はレンタサイクルみたいだが、中国で乗るのは怖い。
c0041132_21145976.jpg←中国来たら、これ食べなきゃ!大好物の、果物アメ♪私は苺が大好きで、それしか食べない。果物にアメがけしただけのシンプルなお菓子だけど、これがうまい~。Hちゃんも、はまっていた♪ 
果物によって値段が違う。苺は6元(90円)。
ここのは、大きいオブラートで包んでくれるので、なんとなく食べやすい。多分延安路沿いの、カルフールを北にしばらくいった、賑やかな通りの角で購入。近くの、肉まんや春巻きのテイクアウトも試したかったな。

そこから通りを南東の方へ向かい、河坊街へ。

c0041132_211525100.jpg

ここは宋の時代の雰囲気を模した、ショッピング街。現地のガイドさんいわく、「浅草みたいな所ですよ」。
建物はどれも渋く、歩くだけでも楽しい。お店は色々、2元ショップやチープな雑貨屋から、漢方薬局にヒスイの高級置物店まで、お土産なら何でも揃う。
c0041132_21153667.jpg
1本ずれた通りはレストラン街になっていて、どこでも西湖名物が食べられる。
この日は、着いたばかりなのでホテルに戻って食べたけど(これについては後日)、2日目の夕食はここで♪
うなぎラーメン(ちょっとうどんっぽい)と、大きくって具もぎっしりな焼き餃子に、西湖の魚をお酢で味付けしたもの。骨が多かったけど、ふわふわでおいしかった!それに、臭くない~。
右下は、別の日に食べたものだけど、西湖名物トンポーロー。豚の角煮ですな。トロトロでうまーい、けど、皮近くはちょっと油分がきついかな。
グラスに入っているのはビールなのだが、西湖ビールってのを頼んだら、薄い!!色を見ての通りなんだけど…3%って書いてるけど、絶対それより薄いんじゃ…珍しく、1本飲めず残してしまった。(で、帰って飲みなおし)

中国のビールって、なんで薄いんだろ?チンタオも、油断するとチンタオ・ライトが出てくる。かといって、中国来てサントリーやアサヒもなぁ…とローカルビールを頼んで結局薄い、の繰り返しなんだけど。ぬるいのは慣れるが、薄いのは慣れない~~。スーパーでタイガー買ったら、おいしくて嬉しかったー!
[PR]
by phedre | 2007-11-26 23:22 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7547887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。