ブログトップ
水郷古鎮巡り:烏鎮(1)
c0041132_20164785.jpg
c0041132_20165784.jpg一日、杭州郊外の水郷へ出かけた。
ホテルから車で1時間半ほどで、烏鎮(うちん)に着く。
観光エリアに入るには、入域料を払い、門をくぐって行く。門前の駐車場の混みようと、すごい団体客の数を見て、実はテーマパークみたいだったりして…と一瞬思ったけれど、入ってみると古びた水郷の街並みが広がっていて、360度どこも素敵!
こうして観光地として指定されているエリアだけれども、今もこの地域で生活している人も多く、ふらふら歩いていると、地元の方の食卓を覗き込んでしまったり。

この辺りの水郷の中では、特に人気だとかで、団体客もいっぱいいてにぎやか。静かな通りをのんびり歩きたくもあったけど、次々にゲート前で記念撮影する団体さん(殆ど中国人かなぁ)を眺めるのも、逆に珍しく面白かった。
c0041132_2017646.jpg
狛犬のいる橋から。
c0041132_201714100.jpg
(右上)運河をボートで回ることもできる。
(下二枚)通りの横道へ目をやると、普段の生活が垣間見られる。
(左真ん中)なんか形の崩れたような、ぼさぼさの布団干しているな~と思ったら、布団の中身を作って干している所。なんと総シルク!ここ杭州周辺は、シルクが有名で、市内の三ツ星以上のホテルはみなシルク布団だとか。だからふわふわ軽く、ほかほか暖かいんだー。
c0041132_20172255.jpg
運河沿いの家。キレイにしている家もあれば、無頓着な家など様々。
c0041132_20172915.jpg
お土産店が集まる一角も、この通り昔の町で買い物をしているみたい。
左下の白茶の塊は、昼寝中かと思ったらランチ中のわんこ。

次回は、烏鎮の古い建物を利用した博物館の様子などです。
[PR]
by phedre | 2007-11-28 20:57 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7566438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2007-12-09 00:52 x
いやあ参りました!
私の実現できなそうだけど夢みてることのひとつは、世界中のベニスに行くことなんですよ。
よく○○のベニスっていうじゃないですか。
一応、ヴェネティアには行ったのですが、オランダのベニス(ヒートホーン)とか、ベルギーのベニス(ブルージュ)とか、もうあっちこちにあるみたいなんですよね。
それで、中国のベニスなら蘇州と上海の近くの周荘と思っていたんです。
でも、まだまだ水郷の街がいっぱいあったんですね!
烏鎮、素敵です♪狛犬のいる橋の写真、めちゃくちゃ素敵。運河沿いの家も面白いです!
Commented by phedre at 2007-12-10 21:20
世界中のベニスとは素敵な夢ですね!
ブリュッセルに行ったのに、ブルージュに行かずに帰ってきたのが今も心残りです~
中国の小さな水郷で有名なのはやはり周荘ですが、この周辺はほんっと何箇所もあるんですよー
他に、朱家角とか、用直とか、上海の近くというだけでも、いくつも。
上海-蘇州-周荘-上海のルートは昔回ったんですが、そのままがんばって杭州まで行けば一通り回れるかも(移動大変ですが)。
狛犬写真、自分でも気に入ってます♪ありがとうございます~