ブログトップ
杭州~霊穏寺(飛来峰)
c0041132_18205772.jpg杭州市内にある古刹、霊穏寺。このお寺の前にある、飛来峰という岩山には五代から元の時代にかけて彫られた石仏が338体もある。

ホテルの前からバスに乗り、終点で降りる。杭州の市内は観光路線バスが何本も走っていて、すごく便利。それに、西湖沿いをぐるっと回るルートだったので、車窓からの観光もできてラッキー。中国語の観光アナウンスもあり(全然解らないので、残念だが)。

バスを降りてお寺を目指す。バス停からしばらく歩くため、参道が長いのかと思っていたら、広い公園の中にお寺があるのだった。

案内板にしたがって、まずは一番の見所、青林洞へ。この上にある像が、951年に造られた特に貴重な仏像。(↓上の二枚)
c0041132_18442572.jpg
普通の山肌に掘られているのを想像していたので、こんな洞窟になっていてびっくり!あまり深くない洞窟がいくつもあり、あちこちに大小取り混ぜた仏像がある。立体的なものもあれば、レリーフ状のものも。文字が彫られている所も。所々、上から光が差し込む場所もあり、神秘的。
こんな時こそ、三脚と懐中電灯を持ってくるんだったと後悔。こんな暗い場所にいっぱいあるとは思わなかった。
c0041132_19474081.jpg
高いところに彫られているものが多く、よーく目を凝らさないと見つけられない物もある。洞窟から反対へ出たら、こちら側も見事!
c0041132_19471579.jpg
ちょうど良く紅葉していた。仏像の前に道があり、上の方まで登っていけるけれど、ちょっと足場が悪く登っていくのはやめて、下の道から眺めることにした。
c0041132_18592096.jpg
こちらは人気の石窟・布袋さん、下の道にも案内のパネルが出ていた。他の仏像と違って、なんか親しみがわく顔立ちだなぁ。
まさにこの前に写真やさんが陣取っていて、どう撮ってもその人の頭が入ってしまう・・・。

ぐるりと一周したい、なんて最初は思っていたけど、これは念入りに見たら全然時間が足らないと、さっと見て霊穏寺へ。次回、霊穏寺の様子です。
[PR]
by phedre | 2007-12-10 20:04 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7688026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。