ブログトップ
杭州~霊穏寺 2
c0041132_13225976.jpg
霊穏寺の屋根には、魔除けの動物走獣がいるー!
久しぶりの走獣、嬉しいな~♪
でも、北京で見たのと違って、なんか不思議な形?
c0041132_13231558.jpg
c0041132_13354680.jpg(右上)ズームしてみると、手前の建物のは何故かひょろ長くって、神獣というよりは動物園!?猿、キリン、ライオン、象?走獣の中には、獅子も猿も勿論麒麟もいるけれど、この形は新鮮だなぁー。
(右下)奥の薬師殿のは、北京にいたような形。ちゃんと仙人も先頭に立っている。でも、なんか新しいというかぺったりした感じ。修復しているのかな?奥の建物も、中に足場作ってあったし。
ここではHちゃんが目ざとく走獣を発見して、「いるよー!」と教えてくれた。

→本堂へ入って、裏側から奥へ抜ける。石段を上がる途中の踊り場に、経文の石版があった。
みんな石版にタッチしている。様子を見ていると、文字を選んで触っている様子。願い事の文字に触れるとご利益がある、のだろうか。

その上には、大きいレリーフがあり、何の絵かと思ったら狛犬乱舞の図!?
かわいい!!象もいる~
真ん中に近づくにつれて、顔が引き締まって体が大きくなっている。中心部は後光さすような図柄。
c0041132_13415055.jpg
お寺の奥まで行くと、だいぶ高いところに出る。気持ちいい。紅葉する木が少ないのは、日本と違うところ。
c0041132_1348397.jpg
想像よりずっとずっと立派で広く、宝物殿もあり、見ごたえいっぱいの霊穏寺。少々名残惜しいが、あっという間にお昼を過ぎてしまいそうで、急ぎ足で戻ることにする。

↓バス停へ向かう途中のお土産&お茶コーナー。白い犬がうろうろしている。
c0041132_135349.jpg
何ともブサかわゆい犬~。今時の顔だねぇ(この頃ブサかわ系の愛嬌ある動物、よく取り上げられてますね)

この霊穏寺と飛来峰、市内地図で見ると街から離れていて行きにくそうに見えるけど、バスで車窓を楽しんでいるうちに終点まで着いてしまうので、楽に行けます~。行きも帰りも運良く、待たずに乗れた。帰りのバス乗り場にもわかりやすい案内が出ているので、ほんと人気の観光地なのね。団体もたくさん来てた。杭州観光ではオススメ!の場所です。
[PR]
by phedre | 2007-12-15 14:03 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7733170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2007-12-16 03:01 x
ほんと、北京の走獣とはちょっと違う感じです~♪
狛犬乱舞すご過ぎです!きっと実物の前に立ったら、いつまでも見飽きないでしょうね~
霊穏寺の紅葉の下の洞窟の石仏もすごいな~♪
Commented by かに。 at 2007-12-20 01:22 x
走獣が
ヒトの進化の図(猿→ヒト) に見えるのは私だけ??
Commented by phedre at 2007-12-23 22:34
AZUKIさん
所変わると、走獣も変わってくるんでしょうかね~
狛犬の図はもう大興奮でした。
うちにも欲しいですーー

かにさん
おおお、そう言われると、そんな風に見えますねー
人になると、いきなり乗り物に乗っちゃうと。
楽しいなぁ。