ブログトップ
スコータイ空港 sanpo
c0041132_228147.jpgバンコク・エアウェイズは、Asis's Boutique Airlineと名乗っているし、機体のペイントもラブリーだし、期待に胸膨らむ~。
6年ほど前か、バンコク~シェムリアップ線に乗ったときは、初東南アジアなのもあって、あまり強い印象がないけれど・・・。
何と言っても、国内線でもラウンジが使えるのは嬉しいー♪前回は搭乗ゲートでドリンクサービス、だった記憶があるが、今回はちゃんとのんびりしたラウンジで、タイのお菓子と洋風クッキーとサンドイッチ、ソフトドリンクも各種ある。ゴールドメンバーみたいな人用と思われる、もっとゆったりしたラウンジもあり。

(写真上)アンコールワットペイントのバスで、飛行機まで移動~♪
(写真2)この、ラオスのルアンプラバンペイントのかしら、それともアンコールワットペイントの飛行機かしら・・・当然、スコータイペイントのよね♪ と思ったら…
(写真3)バンコクエアウェイズのロゴすらない、このプロペラ機でした。乗ったら一緒だけどさぁ~。(こちらはスコータイ空港での写真です)
さて離陸っと。機長のアナウンスは、英語とドイツ語。タイ語は無しですかw
離陸して、おしぼりが配られる。すごく流暢な日本語で「おしぼり、お配りしております」と手渡される。うわーなんて完璧な発音!と思ったら、日本人のCAさんだった。日本~バンコク間も就航しているもんね。
(写真下)そして、軽食BOXも配られる。国内線で軽食が出るとは思わず、もりもりランチ食べて来ちゃったけど~、この鶏肉カレー風味ソテーがおいしくって!パンに挟んだら、チキンサンドに♪バナナチップもやめられない止まらない。さすがBoutiqueエアラインですなぁー
c0041132_22283842.jpg
着陸前の、スコータイの風景。フィルムカメラを持って行くと、こういう時も撮れるのでいいね。
さすが、「田に米あり、水には魚あり」(だったかな?)と謳われた、豊かなスコータイの大地である。
もしかして、遺跡なりお寺の屋根なり、見えるかも!?な~んて期待していたけど、それは無かったなー。バガンで金ぴかパゴダが見えたから、それを期待したけど、そんなに見えるもんじゃないよね。
c0041132_22341088.jpg
あっという間に、スコータイ空港へ到着~
(右上)こんな、かわいいカートで空港ターミナルまで送ってくれる♪これは、シー・サッチャナーライ遺跡(スコータイの近くの町、ここにも遺跡が色々ある)ペイント♪
スコータイの空港はとってもかわいい建物で、このカートだけでもカワイイし、周りの外国人観光客も「ラブリー!」と喜んでいたが、ターミナルが近づくと更に皆「うわ~かわいい空港!!」と興奮!
(左下)ARRIVALゲート
(右下)クリスマスツリーと、左側には王様の肖像画。
c0041132_22405100.jpg
こんな素敵な空港は初めてー!♪
ここは、バンコク・エアウェイズが一日二往復だけする空港。もう着くなり、私たち観光客は観光気分大爆発で楽しい!
そんなわけで、滑走路はすごくのんびりしているんですが・・・
c0041132_22442419.jpg
真ん中にさっき乗ってきた飛行機と、右のほうにカートが写ってます。
「空港内立ち入り禁止」の看板があっても、どこまで禁止なのか、その辺でピクニックしてる家族や、お出迎えで手を振る人も。いいのか?

そして、かわいい建物だなーとキョロキョロしていると、係員の人が「荷物はこっちよ」と。
なんと!(↓左)
c0041132_22473857.jpg
預け荷物受け取りの、ターンテーブルが無く、車から降ろして並べて、「そこのbig blackのbag。いや、その右の」とか言って、柵越しに受け取る。こんなの初めて~!
なんで空港だけでこんなに楽しいんだ、スコータイ。

こんな象さんの噴水もあるし。なんで鼻から噴水にしないのかしら。



空港から市内へ。
ゲストハウスを予約してあるんだけど、「空港からゲストハウス方面に、バスが出てますよ」とメールを貰い、バスカウンターへ。
ゲストハウス名を告げると、「そこの前までは、車が入れないから行けないけど、通りの入り口まで行きますよ。」とのとこ。市の中心部、リムジンバスを運営しているスコータイ・トラベル・サービスの前までしか行かないのかと思っていたので(そこからは、荷物持って歩くには結構離れている)、近くまで行ってくれるだけでありがたい。でも、運ちゃん、ちゃんと降ろしてくれるかなぁ?

バス(というよりワゴン車か)に乗り込むと、最後にさっきのカウンターのお姉さんも乗ってくる。心強いが、単にこれで今日の仕事は終わったと、乗ってきて途中で降りるんじゃないかという気もするw

空港近くの道は、華やかにカラフルなブーゲンビリアが街路樹のように並んでいて、更に旅情気分アップ。途中賑やかな市場の横も過ぎ、すごく楽しい。
そして町までは、タイ人のおじいさんの家経由(ほんと門の前で降りた)、3箇所ほどホテルとゲストハウスの真ん前に止まって、ガソリンスタンドにも寄った上でw私たちの予定していた所で降ろしてもらった。殆ど、乗り合いタクシー。これで(新市街の中なら)一人120B=480円は安いなぁ。この先、旧市街(スコータイ遺跡のある方)まで行くと、値段は上がっていくようだけど、リーズナブルなサービスだわ。

広い道で降ろされて、看板の先にある宿へ。思ったよりも辺鄙な道で、迷いかけるも、たまたまそこに宿泊している外国人がバイクで通りかかり、声をかけてくれ、無事に到着。
いや~なかなかいい部屋でした♪ このゲストハウスの様子はまた後で紹介しますが、シンプルで可愛くってゴキゲンです~

新市街方面へ夕食へ行き、近くに出ていた市場を見て、もう10時頃には疲れて就寝。トカゲの声と、遠くで犬の声がする。すごく静か。よく眠れそう・・・
なのに、夜も明けきらぬうちに遠くからスピーカーで何か音楽が!?なんだ一体ー!コーランでもないし(イスラム教徒もいるけれど、近くに寺院もないし)。もう寝るしかないけどね。

次回は、待ちに待ったスコータイ遺跡観光です。
[PR]
by phedre | 2008-01-11 23:14 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7964199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。