ブログトップ
スコータイ遺跡公園--城壁内部(2)+北側(1)
スコータイ遺跡公園 城内中心部の散策、最後はスコータイ王朝以前に作られた、ワット・シー・サワイ Wat Sri Sawai、ここは他の遺跡とは違った、こんもりしたトウモロコシ風の仏塔が特徴。クメール様式なので、レリーフにも期待が・・・♪
c0041132_2215456.jpg
右:仏塔の中に入って、外を見たところ。中には特に仏像など何も無い。
c0041132_226294.jpg
細かい装飾が残っていた。でも、やっぱりレリーフの中心部分、神像があったと思われるところは削られてしまったのか、抜け落ちてしまっている。
いつか、タイのクメール寺院を見て回りたいと長らく思っていたので、感激~。もっとカンボジア寄りじゃないと、見られないかと思っていた。規模は小さいし、だいぶ崩れているけれど、来てよかったー!
c0041132_2212855.jpg
裏の池からの眺め
c0041132_2215165.jpgここまで見て、さすがに暑いし疲れてきたので、一旦お昼に。
その後、今日のうちにがんばって北側の遺跡に行ってみよう、ということで、一旦城壁を西に抜ける。
一応、城壁に入る時には「○○門」と名のつく所を通るのだが、来た時は特に立派な門があるでもなし。城壁っぽいのも無かったし・・・。城壁を出てすぐの角を北に曲がりたいのだが、かなりわかりにくいかも、と思いながら自転車を走らせる。
と、城壁発見。「City Wall」と看板が立っている。看板無かったら、気づかないかもなぁ。
幸い英語の看板も出ていて、何とかワット・シー・チュム Wat Sri Chumに到着~
c0041132_22214889.jpg
c0041132_22292772.jpgここはゲストハウスの人も「ここは綺麗だから是非行ってね」と太鼓判を押す、スコータイ王国最大の仏像がある寺院。

遺跡外側は人が少ないから注意(特に西と南)、と聞いていたが、ここはその中では有名な寺院のようで、城内ほどではないが賑わっていた。
観光客より、参拝する人のほうが多かったかもしれない。

→ちょうど、お坊さんが私たちの後に到着。

しかし、結構狭い上、参拝客が後を絶たないので、写真を撮るには苦労する。→この状態から背中の方には本殿跡の壁があるし、タイの方々も記念撮影好きなようで、ベストな位置は常に混みあっている。
自分の写真も撮って来ればよかった。

どのぐらい狭いかというと、中に入り座って上を見上げるとこんな感じ↓
もう寝転がるしかない(してないけど)。
遠くから見たのと、中に入ったのとでだいぶ印象が違うけれど、それもそのはず。壁が上へ向かって狭まっているので、より大きく見えるのだ。
c0041132_2240978.jpg





c0041132_22491139.jpgお参りに来ている人たちの後ろをうろうろ。
蓮のつぼみが多く供えられている。仏像の上にも直接、花飾りが置かれている。

一番下は、お堂を横から見たところ。
この中に、さっきの仏像が納まっているってなんだか不思議。

このワット・シー・チュムは、スコータイで一番楽しみにしていた場所。
着いてみたら想像よりも小ぢんまりとしていて、かわいらしくも見えてしまって驚き、中に入ってみて「こんなに大きい仏像が入ってたの!?」と驚き、とても印象深い場所になった。

↓こんな感じで、道から見えるので「ああーーここだ!」と喜ぶ。
手前右が売店、左がチケット売り場。これぐらいしかお店は無い。アイス屋さんが来ていた他は、物を売りに来る人もなく、のんびりしている。

Google MAPの航空写真 結構敷地は広いんだなぁー

もう一つ、北側の遺跡に行ったのですが、そこは次回に。

c0041132_23184868.jpg

--メモ--
ワット・シー・サワイ:前回の記事と、同じエリアにある。近くのトイレは3B。
ワット・シー・チュム:道中、目印は無いが曲がるべき所では英語の看板が出ているので、本当に地図に載っている通りに、広い道を行けば着く。中心部の北門料金所から、3kmぐらい。
チケット30B(この次に回った遺跡と共通)
[PR]
by phedre | 2008-01-15 23:44 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/7997068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。