ブログトップ
スコータイ遺跡公園--北側(2)
c0041132_19234147.jpg遺跡公園北側のもう一つの見所、ワット・プラ・パーイ・ルアン Wat Phra Phai Luang へ自転車を走らせる。
地図で見ると、正方形の道に何重にも囲まれ、その枠を繋ぐ道が少しあるだけの、「辿り着けるのかなー」と思うような場所。

ワット・シー・チュムから、自転車で10分ほど、殆ど崩れた仏塔が見えてきた。
「仏塔」とはいっても、ここはクメール寺院の様式。もとは、ヒンドゥー教である。スコータイ王朝になった時に、仏教寺院として使われるようになったのは、前回のワット・シー・サワイと同様。つまり、違う宗教の寺院を、そのまま仏像置いて使っていたんだよね。フレキシブルなんだなぁ。
スコータイ遺跡群の中では最も古く、12世紀末に創建された。

もう、かなり崩れて三基あった仏塔も、この通り一基だけ残る。
スコータイでは、王室寺院だったワット・マハタートに続く格式の寺院と、ガイドブックにはあるが、場所がちょっと離れているためか人は少ない。私たちがいた間、入れ替わりで家族連れが3組ぐらい来た程度。一人で行くと、不安かもしれない。

でも境内は広くて、崩れまくっているけれど往時の繁栄具合を思わせる。
c0041132_19411560.jpg
そして、時を越えて残るレリーフの繊細さ♪クメール遺跡の醍醐味~~

上の三連写真の、上の写真を奥に行くと、真ん中の写真の場所に出る。広々した、昔は本殿があったんだろうと思わせる場所。そして、上の写真の場所で振り返ると、一番下の写真の風景。ここは一段高くなっていて、上には今も仏像が並んでいる↓。どんな小さなお寺でも、仏像のある所には必ず花やお供えがある。
c0041132_19475599.jpg
c0041132_19532357.jpg行きは西側から来たので、帰りは東へ向かい、南へ下って元の城壁内へ戻る。
一旦西側へ出て、南へ回り込むと、立派なお堀がワット・プラ・パーイ・ルアンを囲んでいる。
今の崩れ具合からは想像できない程に、きっと豪華で荘厳な寺院だったんだろうと思う。

→城壁内に戻って、キュートな象さんの仏塔に立ち寄る(ワット・ソラサック Wat Sorasak)。
象好きにはたまらない・・・。もう、ぐるり一周象で、かなり興奮する。レプリカを玄関に置きたい!かわいい!

↓横の、台座だけ残っているお堂跡?に並んでいた仏像。
あちこちで、タイ人の信仰の篤さに触れたけれど、やはり不心得者もいるわけで。

c0041132_2005564.jpg




c0041132_2094093.jpgこの日の遺跡散策は、ここまで。ソンテウの最終が4時過ぎとか5時とか、確実ではないので4時前に自転車を返す。
一日で、主だった所は大体回れたので、近くの町からor移動中に日帰りも可、とあるのもわかる。自転車だとかなりダッシュだけど、バイク借りたらすぐだろうな。

さてこの日のランチ。ソンテウで来た道沿いにあった、観光客向けっぽいレストランが並ぶうちの一つへ。
夫はラープ(ラオス料理やイサーン*東北タイ料理の、挽肉炒め)、私は揚げたバジルと鶏肉の炒めもの。もち米と一緒に食べる♪ それとスープ、また朝と同じようなチューブ豆腐が入ってきた。お値段はまぁそれなり(それぞれ、70Bぐらい=280円)だったけど、おいしかった。コーヒーカップとかポットとかいうお店。外国人多し。
デザートと飲み物を買いに、この後コンビニへ。てか、セブンイレブンw この周辺にもゲストハウスが並んでいた、この辺に泊まって朝から晩まで遺跡満喫ー♪も楽しいかも。夕暮れを眺めるのもよさそうだなぁ。

c0041132_20283282.jpg←ワット・マハタートで見かけた、犬の散歩に来ている地元の人。私たちには世界遺産でも、地元の人にはお寺であり公園である。タイの犬は、飼い犬でも薄汚れているのに、このわんこはピカピカ。何故か、二匹のうち片方だけ繋がれてる、ってのを何度か見かけた。悪さしちゃったのかなー
ふわふわの犬が、ペットとして人気みたい。

--メモ--
ワット・プラ・パーイ・ルアン:ワット・シー・チュムから、これまた地図通りに走ると、英語の看板が出ているので辿り着ける。自転車で10分ほど。
入場料はワット・シー・チュムと共通なので、チケットを見せればよい。売店・トイレっぽいものは無さげ。
ワット・ソラサック:入場料不要エリアらしい。城壁中心北門のすぐ近く。
[PR]
by phedre | 2008-01-16 20:37 | タイ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8003018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AZUKI at 2008-01-17 19:10 x
こんばんわ。
不勉強というか知らないことばかりで、ワットと呼ばれる寺院やクメール遺跡はカンボジアだけと思ってました~。
あれ、phedreさんはタイに行ったんじゃなかったっけ、なんて思いながらしばらく読んでました(^^;)
風景は雄大、彫刻は細密、すごいですね~♪
Commented by cherry2005 at 2008-01-18 11:30
こんにちは!
恥ずかしながら~初めて聞いたスコータイ  (汗)
とっても歴史の奥深さを感じる遺跡ばかりですネ。。。。。
タイと言うと~ついついリゾートの方にばかり
目がいってしまい、最近快楽主義に走ってしまっています(笑)
phedreさんのブログを見て、今年こそは
知的好奇心を満たすような旅をしなければ
と思いました。。。。

ご挨拶遅くなりましたが~今年もどうぞ
ヨロシクお願いいたします (^^)


Commented by phedre at 2008-01-18 22:11
>AZUKIさん
「ワット」、タイだけでなく、ラオスでもお寺はワットなんですよ~
やはり、お互いに侵略し侵略され続けた国だけに、言葉も似るんでしょうね。
クメール遺跡って、結構広く散らばっていて、色々行きたいのですが・・・なかなか、アクセスが悪い所もあって、難しいです~。
スコータイは、豊かな土地と繊細な寺院を作る技術を持った王朝だったんだな~と思って帰ってきました♪

>Cherryさん
タイ旅行というと、リゾートか遺跡かの2択ですよね(笑)
アイランド・リゾートだけでなく、チェンマイなどにも豪華なリゾートホテルが続々出来てますしね(一応、スコータイにもありますが・・・遺跡公園には相当遠かったりします)
スコータイは後にアユタヤに取って代わられる、古い王朝なのですが、
バンコクから遠いためか、世界遺産とはいえのんびりしたところでした。

私も、Cherryさんのブログで「ああ、リゾートでのんびりするのも素敵」と思いつつ、結局遺跡やお寺を巡ってしまいますー

今年もどうぞ、よろしくお願いします♪