ブログトップ
ハッピーニューイヤー2008 カウントダウン@スコータイ
遺跡を観光し、宿に帰ったら、オーナーのマヌーンさんにちょうど会った。「今夜は、カウントダウンパーティするよ。ブッフェの夕食+フリードリンクで300B(=1200円)だけど、どうする?」
さっきまでの食事からいうと、いきなり高いが、普通にホテルでガラ・ディナーしたらもっとすごい。そもそも、ここは1泊一部屋400Bである。が、今夜は特別だ~
もちろん、喜んで参加。きっと、他の宿泊客も参加するはず。
小さいゲストハウスなので、泊まっている人たち全員集めても20人がいいところだろう。どんな人たちなのかなぁ。
その間、キッチン脇で洗濯をした。たらいでごしごし、脱水は洗濯機(懐かしい二層式)を貸してもらった。ありがたい~~。ハンガーも「使ってね」と持ってきてくれた。ありがとう、奥さんのオーンさん♪キッチンからは、揚げ物のいい音と香り。夕食で出るのかなぁー、と楽しみに。

時間になったので、早速お庭へ出る。
入り口横の、普段は通路のスペースに、料理が並んでいる♪
c0041132_2214354.jpg
その横の、いつもは車が停まっているだろう所にはテーブルが並び、なんとなくお隣との境目かなーという砂利の向こうには、地元の人たちが集まっている。
どうやら、ご近所さんと合同、ただし料理と飲み物はそれぞれ別らしい。

のんびり宴会開始。
料理は、骨付き鶏のから揚げや、ヤムウンセン(辛口春雨サラダ、うまかった、辛かった)、白身魚丸ごとフライ(ニンニク塩コショウで、激うま!!)、あとチップ類やパテにパン、ツナサラダといった洋食も。どれもおいしい!!かなり料理レベル高し。
お酒は普通にビア・チャンと、ウイスキー各種、他。ウィスキーは普通のメコンウィスキーに、蜂蜜入り、ハーブ入り、そして蛇入り!とお好きなように。それから、なんとフランスのリキュール、パスティスも。

オランダ人の男の子、フランス人のお兄ちゃん達と飲む。それから現れるのはフランス人ばかり。それもそのはず、オーナーのマヌーンさんはフランス語が達者で、まったくよどみない。英語よりフランス語の方がお得意なのかなぁ、と思った。
フランス人のDさんは、仕事をやめて家も売って、彼女と6ヶ月タイを放浪しているそうだ。この方はすごく丁寧で礼儀正しく、道中の出会いを大事にしているのがよくわかった。
そしてタイの皆さんはというと、カラオケセットが準備され、TVの前では子供達がまったりしてる。
この国も相変らずクリスマスなようで、サンタ帽かぶって楽しそう。
サンタ帽の前面は、ピカピカ光る電飾。
c0041132_22143843.jpg
トリコロール君、すごくノリノリでかわいい♪微妙にみんなとずれているけど・・・
外国人チームが一緒に写真を撮ると、「きゃぁー」と照れてみたりして、人気者。
カラオケが始まるとマイクを離さず、一人前に出てノリノリ~
なんか、外国人も混ざってますがw

↓猫はここの猫らしく、見知らぬ外国人でも構わず足元で寝る、かわいい奴。夫が抱っこしたら、そのままひざの上でのんびり。

クリスマスケーキならぬニューイヤーケーキも配られ、かなり盛り上がる外人部隊。
カステラの上にトッピングをしたような物で、私には甘すぎだったけど、うれしいね~
c0041132_22145924.jpg
カラオケで踊るのはお約束なようで、謎の楽器を持ったおじさん達もノリノリで、とにかくカウントダウンでイエーイ♪な状態になっていると、今度は花火も回ってきて。
タイ人もお祭り好きなのねぇ・・・

あと、プレゼント交換会♪もあり(写真右端)。クリスマスと一緒にしてるのか?
木に籤がついていて、プレゼントを置いた人が順次引いていく。お札も下がっていて、何かのお祈りかと思えば、それもプレゼント、てか大当たりらしい。
七夕みたいな風習かと思ったよ、と、フランス人のお兄ちゃんに話したらすごく好奇心を刺激したらしく、「日本では、木の枝に願い事をぶらさげるお祭りがあるんだって!」ってしゃべりまわっていた。
外人部隊も、プレゼント出した人がいて、当たったクッキーなどなど、私までおこぼれに預かった。
のんびりバカンスに出ている彼ら、日本人に会うのは珍しくないだろうに、「日本の喫煙事情」とか(タイも、公共の場での禁煙が進んでいるためか)。「女性が仕事をする場合の男性との給与差、結婚後の再就職のデメリット」「今もハラキリはしているのか」などなど質問されw ほんとフランス人ってディスカッションとか好きだよなー。

そうこうしていたら、「あっ、花火!」
新市街の方角から、花火が! 一瞬で終わったけど・・・
なんとか撮れた!ので、気分だけ↓
c0041132_22162839.jpg
そして、いつの間にか新年♪イエーイ
そうこうしているうちに、近所のおじさま方と仲良くなった。いえ、タイ語は全くできないですw

もう、外人部隊は寝ちゃったなぁと、部屋に戻ろうとすると、ラウンジにたむろっている姿が。8人ぐらいいる。「おっ、これからバイクで町へ出かけるけど、一緒に来ない?」・・・行かないよw飲酒運転じゃんw とは言わず、「もう眠いからまたねぇ」と断れば、「えぇ!?せっかくのカウントダウンだよ?みんなで楽しく弾けようぜ☆」ってな勢いで寄って来る男子二名・・・まさか君達が運転するんじゃないでしょうね(汗)仏女性達は後ろで笑っていたが。酔っ払いは日本人の専売特許じゃないのかよー
フェードル22歳独身、ならついて行ったとこだけど、さすがに徹夜できない年だし、短いバカンスなので真面目に部屋へ寝に帰りました。

翌日はさすがに二日酔い。それでも根性で11時には宿を出て観光へ。
夕方マヌーンさんに「今朝は昼まで寝た?みんな昼過ぎまでぐったりだったらしいよ。えっ午前中から出かけたの??すごっ」って言われた。短い休みですから、さすがに寝てばかりは・・・

こうして日記を書いていたら、宿で会ったフランス人夫婦からメールが届いた。なんだか嬉しいお土産(^-^)
[PR]
by phedre | 2008-01-18 22:41 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8020133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。