ブログトップ
バンコクへ
c0041132_15595511.jpgスコータイの街を離れ、空港へ向かう。
チェックインしてチケットを貰う、懐かしい大きな紙のチケット!嬉しいなー
でも私、MRになっているんですが。きっとどっちでもいいのね(^^;
荷物はどこで預けるのかなーと、とりあえずX線検査の所に並ぶと、係員の人が「預け入れ荷物はこっちでね」と。荷物を渡すと、大きな体重計で計り、チケットをカウンターに渡してクレームタグを出してもらう…という、なんか余計な手間かかってる方式。

c0041132_15571833.jpgラウンジでのんびりしていると、荷物が運ばれていくのが見えた。雨季はビニールシートでもかけて運ぶんだろうか。
今まで殆ど見かけなかったのに、ここに来たら日本人が結構いる。ツアーのバッジを付けている人もいた。
搭乗口には係員が立っていて、この制服がまたいい!カメラを向けるとその度にきちんとこちらに正対してくれるのも嬉しいー
c0041132_16172451.jpg
搭乗開始。また、カートに乗って飛行機まで向かう。お見送りは係員さんが整列して、敬礼(手を合わせるのがタイの挨拶)。名残惜しいなぁ・・・
機内食のパッタイ(焼きそば)も、なかなか良い。白い袋は砂糖、赤いのは唐辛子。辛かったら砂糖をかけて調節。
c0041132_15574185.jpg
c0041132_16292954.jpgバンコク・スワンナプーム空港へ着いたらもう日も落ちて、空港の明かりがまぶしい。

国内線の到着は、国際線と同じフロア。ロビーへ出ると、あら静か。国際線で到着すると、左右にお出迎え、ホテルのプレートを持った人達などでごったがえしているのに、こちらは純粋なお出迎えの人が数人。
空港からのリムジンバスに乗るべく、1階へ降りる。
市内まで、4路線ほど出ているが、どれに乗ればいいのかよくわからないので、「伊勢丹の近くまで」と言ってチケットを出してもらう。150B。
外のベンチで待っていると、係員のお兄ちゃんが「バス来たよ?何番?」と聞きに来た。女の子かと思った、銀色に髪を染めた長髪の美男子。
さすがバンコク、スコータイじゃ髪を染めたお洒落な青年なんて、あんまりいなかった。

バスが来たので乗り込む。係員の人が、どこで降りるか聞いて運ちゃんに伝えてくれるので安心。しかし、乗客は私たちとタイ人一人。タクシー状態だ。
夜のバンコク、すごい都会だな~と思いながら、街の中心部へ向かっていく。賑やかな屋台の並ぶ通りを抜けて、無事伊勢丹の向かい、Big Cの前で降ろしてもらえた。
c0041132_16275964.jpg
この明るさ、田舎から出てきた私達にはまぶしすぎる~。それに早速すごい人~。混んでる混んでる。この辺りは特に賑やかなエリアで、デパートが立ち並ぶ通り。
おまけにクリスマスと新年の飾りに加え、12月に国王様が80歳の誕生日を迎えられたお祝いの飾りがあちこちに。華やかさも倍増。都会もいいわ~♪
[PR]
by phedre | 2008-02-02 16:39 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8136786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。