ブログトップ
バンコク:暁の寺 ワット・アルン再び
c0041132_21503339.jpg船着場へ向かって、暁の寺(ワット・アルン Wat Arun)へ。
その名前通り、午後のこの時間に行くと…川からはすっごい逆光orz
チャオプラヤー川からの華やかな眺めを楽しむなら、やっぱ午前中に来ないと。
それでも、着いてみるとその時間なりの美しさはあり、いつ来てもため息が出る。

→こちらは暁の寺境内にある寺(変な表現だが)
壁のモザイクがかわいい♪

↓中もラブリーな内装。
なんとお供えのナーガが、ちょっと懐かしいケーキの箱を包む硬いリボンで作られている!すごい。
c0041132_215125100.jpg
今回は、今まで(私が来たときだけ?)登れなかった、塔の上の方まで行けるようになっていた。
私は下から見ただけでもガクブルだけど(今にも落ちそうな、不安定な足場の場所が怖いので)一階分ならがんばって上がれるかなぁーと頑張ってみた。チャオプラヤー川の眺めも、間近に見える塔の装飾も美しい♪
でも、さらにもう一層上には行けない…だって、今来た階段に、二人立ったら一杯の踊り場を挟んで、更に急な傾斜で伸びているんだものー
上を見ると、係員の人が必要な際に使うのか、ハシゴが伸びている。これも怖い。

c0041132_21515326.jpg
c0041132_21594078.jpgしばらく悩んだが、最上階に行くのはやめた。夫は行きたがっているので行って貰った(周りの人も行っているが)。いい眺めだったらしい。
→上の、茶色いプツプツの所まで上れる。
こんな急な階段、嫌だ~。私が登ったのは、この真ん中辺りまで。
↓境内。やっぱり有名観光地だけあって、綺麗に整えられているなぁ。

前回、午前中に暁の寺へ行った時の記事です 太陽光は偉大!全然印象が違うー

c0041132_2213495.jpg
c0041132_224274.jpg帰ろうとすると、道の真ん中で寝ている猫を発見。
なんと優雅な。

帰り道は、チャオプラヤー・エクスプレスでのんびりリバークルーズの後、スカイトレインでサイアムまで。ちょっと遠回りだけど、リバークルーズは、やはり楽しい♪
[PR]
by phedre | 2008-02-11 22:16 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8210781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だだ at 2008-02-12 17:01 x
もう何年も行っていないのですが、懐かしいですワットアルン。
上まで登れるようになったのですか!
写真にうつってる一生懸命降りてる方も、怖そうで(楽しそう)すね。
あとワットアルンは猫だらけのイメージがあるのですが、やっぱり居たのですね~。踏まれないのかな・・・。
Commented by phedre at 2008-02-13 23:06
上まで上がれたらいいのだけど・・・と言いながら向かったら、登れるようになっていてびっくりしました。ついでに拝観料も上がってました。
登り切ると楽しいですが、結構怖かったですねー(^^;

猫だらけって程ではないですが、ちらほら歩いていました(^^)
この子はあまりに大胆で、通行人みなよけて歩いていましたが、きっと何度かは踏まれているだろうな~と思います。