ブログトップ
バンコクでの食事 まとめ
バンコク初日:
c0041132_20493778.jpg機内で軽く夕食も食べたし、スコータイでは地味に食べていたし、ワインも飲みたくなってきたし・・・と、夫が「ホテルのバーにでも行こうか?」と言ってくれた。
わーいわーい
でも、小奇麗な服とか持ってきてないし…何とかおしゃれっぽく見えるTシャツの上に、落ち着いた雰囲気のカーディガンを羽織って出発。
ここから近いのは、インターコンチネンタル、ハイアット、フォーシーズンズ辺り。なんとなく馴染みのあるハイアットに行ってみた。
上階にバーでもあるかな、と思ったが無く、1階ロビーのラウンジへ。
昼までの私達と、値段が違っ、違うわ~ 
軽く飲みに、のつもりが、食事もしっかり注文w
夫はカオマンガイ(写真中)を、ヤムウンセン(上、春雨の辛口サラダ)とPork Neck Grill(下)をシェアして、久しぶりの赤ワインを堪能ー
急にいい所に来てしまったので、どきどきして写真がぶれるw
グラスワインなのにティスティングもさせてくれるし、お店の人もさすが洗練された物腰。
ロビーの雰囲気もさすがハイアット、天井も高いし生演奏もあり、テーブルの間隔もゆったりしていて快適。
ウエイターさんが代わる代わる、おいしいですか?辛かったですか?と聞きに来てくれるのも楽しいし(聞きに来てくれるのが好き)、突然田舎から出てきて都心でディナーをするような気分だった。
お会計は2700B位!グラスワインが440Bだったので、結構いった。ワインはなかなか高いのねー。おいしいアルゼンチンとイタリアワインでした。
でも食事は各300B(1200円)位なので、ホテルの食事としては妥当な値段かなぁと思う。
やっぱり、値段だけのことはあるというか…値段に比例して、洗練されたお味になるのねとしみじみ実感したのだった。
c0041132_20502610.jpg

c0041132_20505143.jpg2日目:夕食は近くのセントラルワールドで取ることにした。
↑外の飾りも派手だけど、中のツリーも大きい!5~6階まで吹き抜けになっていて、周りをエスカレーターが囲んでいるので、上から眺め降ろしてみた。
レストラン街は、すごい日本レストランの多さ!どこも混んでいるー
あれこれ迷っている横で、おじさんが家族引き連れて「ここだよ、ここ」と迷わず入っていったイサーン料理のYUM&TUMへ、真似して入った。
ここも化学調味料一切無し、と謳っている店で、店内の装飾は微妙なセンスだが食事は、辛いうまい!
ビールはハイネケンだけなのでちょっと高くつくけど、おいしかったのでいい。
ラープ(挽肉のピリ辛炒め)プラス春雨と、ラーププラスインスタントラーメン(ほんとにインスタントラーメンで、驚いたw)、それから名前を忘れてしまったけどなんか菜っ葉のフライを頼んだ。この葉っぱも美味しかった♪スパイシーなタレにつけて食べるが、これが一番辛くない。それと、カオニャオ(もち米)をあわせると、気分は東北タイ。
帰国してから、ラープを作ってみた。意外と簡単に現地の味になったー!うちの定番メニューの仲間入り。

3日目:タイでゆっくり夕食をとるのは最後。ずっと行きたいと思っていた、レンブラント・ホテル内にあるタイレストラン、Red Pepperへ。レンブラントは昔、ミャンマーの帰りに友人達と合流した際に泊まったことがあり、すごい快適だった思い出がある(当時の私には、激しくランクアップした宿だったなー)。懐かしい記憶のホテル。駅からの道があまりに懐かしくて、ああ、ここは覚えているなどと、話さずにはいられない。
実はここのレストランは、かなり美味しく有名らしい。
c0041132_20511337.jpg
普段はアラカルトで色々つまむのが好きな私たちだが、今回ばかりはどれもこれもおいしそうで決められず、セットメニューにした(かなり珍しいことだ)。一人600B位だったかな?
私が頼んだ今月のカクテルは、濃厚な南国の味。アルコールもしっかりで嬉しい。薄いジュースみたいなカクテルは苦手・・。ピックも、レッドペッパーでかわいい♪
料理は、グリーンカレー、野菜と肉の炒め物が2種(なんだか忘れてしまった)、タイ風海老のさつま揚げ、トムカーガイ(鶏肉のココナツやや辛スープ)、ここのトムカーガイ、どこよりも何よりも美味しかった!!
帰り、ホテルの裏側の方から出たら、向かいにレッド・チリとかいうレストランがあったw 間違って来る人もいるのかなー?レッドペッパーも、ホテル建物内じゃなく外にあるから、裏から来ると間違うかもね。

c0041132_20565341.jpgおまけ:
国立博物館に行った日は、セントラルワールドプラザのCANYON COFFEEで夫と待ち合わせ。コーヒー(CANYON BLUE)を頼んだらお茶が付いてきた。
コーヒーの種類はいろいろ、ベトナムのハイランドコーヒーをちょっとカジュアルにしたような印象。タイのスタバかなー。
別の日、3階の混んでいるカフェに寄った。地元の人には高いんじゃないか、というケーキを二個注文して、三人で食べている高校生風の男の子が隣に・・・激しくカワイイ!人気の店みたいで、ひっきりなしにお客さんが現れる。名前忘れたけど、キプリングのすぐ横辺りの店~

←YUM&TUMの帰りに、「new open!」と案内の出ていたマンゴー・タンゴへ寄る。持ち帰りOK♪で、容器がかわいいので日本まで持ってきて使ってる。
ワインは東急で購入。タイはワイン高いっす~~。チェンライで作っているワインを購入。タイでも作ってるのね。ビールも好きだけどさ、たまにはワインが欲しいのよ(><)

タイの、マンゴーデザート屋さんって言ったらマンゴータンゴでしょう!店舗もあちこちにあるみたい。
しかし、セントラルワールドの5階にあったような、3階だったような。と迷っても安心、エスカレーター&エレベーターホールの周りに係員さんがいるので、聞けばいい♪「エクスキューズミー、マンゴータンゴは何階でしたっけ?」「うむっ?何の店??」「っと、マンゴータンゴー(タイっぽく?発音してみる)・・・(メモに書いてみる)」「ジャストモーメント!」近くの仲間に聞いて、わかったようで案内してくれた。

いやーでも、何が驚いたって、マンゴータンゴも案内の係の方も、レストランもフードコートも、必要最低限の英語は全然通じるってこと。「さっき○頼んだんだけど、まだ?」「オススメは?」位なら全然OK。
一番、相手が英語苦手なのかなーって思った、このセントラルワールドプラザ内での店舗でも、こっちの言っている事はわかっていて、単語と身振りで説明してくれた。
初めてバンコクに寄った、スカイ・トレインも地下鉄も無い頃、本当に身振り手振りで何とかしていた頃。あの時とは違う。
その頃とは、行くエリアも違っているからなのだろうか。
日本なら、こんなに通じないよなぁ。
ベトナムで、英語ガイドの子が「英語できないと、仕事見つけるの大変」って言っていたっけ。
何だか、色々考えさせられる。
[PR]
by phedre | 2008-02-18 21:33 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8265192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。