ブログトップ
ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡展@静岡県立美術館
ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡展 (12/28~3/30)を見に、日帰りで静岡へ行ってきた♪
c0041132_2235737.jpg
c0041132_22422186.jpg新幹線で静岡市へ。ラッキーなことに駅から美術館行きのバスにすぐ乗れ、11時半には静岡県立美術館に着けた。
一つ手前の「プロムナード」でバスを降りると、現代彫刻の並ぶ道に出る。ここを登っていくと、美術館に着く。
高台の上にあり、周囲を眺めると山が見え、思わず深呼吸。

まずはランチ!会期中は、レストランでパキスタン、アフガニスタンの代表的な料理をアレンジしたコースがあるので、まっすぐレストランへ。結構混んでいて、ちょっと待たされる。
ポテトと人参のスープ/ナン/Gosfand Kabab 仔羊モモ肉と野菜の串焼き 干しブドウ入り ピラフ添え(写真)/Bamiya Salat オクラとガルバンゾー豆のサラダ/デザートにクルミのタルト(この日はチョコケーキだった)/コーヒー
というメニュー。メインは串焼き載せハヤシライスみたいな感じ。なかなか良かった♪ケーキもビターで美味。ナンはいらなかったかもな・・・サラダは普通のサラダに、オクラと豆入り(笑)
後半はメニューが変わり、今は違うコースが出ている様子。う~ん、誘惑されるなぁ。

想像していたのよりずーーと立派な美術館。エントランスから、広い階段を上がっていくと展示室。

c0041132_22482468.jpgなんか団体さんが来ているのかと思ったら、これ、講演会に並ぶ人の列!
左手奥に講堂があって、開始1時間以上前でこの人数。さすがに入りきらないようで、エントランスホールに椅子が設置され、ここの左の壁に映像が映されて、聴けるようになっていた。講演中は、こっちもほぼ満席・・・。すごい。(現在は会場を大学に変更したそう)
展示室内もなかなかの混み具合。都心の美術館ほどではないけど、ちょっと並びながら見るような感じ。

さて展示はというと、私がここ数年見た中では一番良かった!!
濃厚な顔立ちにむっちりしたボディのガンダーラ仏はとてもセクシーで、しかも素敵なのがこれでもかと並べられていて・・・♥
特に、背景のついている物は面白い。木が生えているものでは、人物の頭上にある植物が、パイナップルなのか?ってのもあるし、ブドウもポピュラーなモチーフのようで、なんかギリシャみたい。ガンダーラ仏はギリシャ彫刻の影響を受けているので、仏教とギリシャ神話のフュージョン的な形。たまに、ゼウスとかアトラスとかも出てくる。
驚きの、まるで美青年アポロン!な菩薩像も。キャプション見る場所が違うのかとキョロキョロしてしまった。もろ、デッサン用の石膏像みたいな顔立ち。菩薩コーナーは、巻き髪の長髪にひげをたくわえ、ちょっとアンニュイな雰囲気の美形おじ様菩薩が目白押し。
夫にカタログを見せたら、「わ~みんなイケメン!」と。見事に要約されてます。

バーミャン遺跡コーナーでは、破壊前に調査に行った時に書き起こした図、研究ノートなどの貴重な資料の実物が見られる。なんと今の館長さんが実際にその調査に同行されたそうで、3/16には講演もある(うーん、聴きに行きたいなぁ)。
パネル展示~写真展示ブースに移る途中に、突然この美術館のジオラマが置かれている。いつも必ずこの場所から動かさないのかと思ってよく見ると、バーミャン遺跡の大仏が立っていた。すごい、わかりやすくって面白い。高さは、美術館は2階建てなので軽く負ける。大仏を横に倒したら、ちょうど奥にあるロダン館に納まりそうだった。
遺跡から流出し、保護された作品や、修復保存に関する展示を見る。パネルの中に、「カーブル博物館旧蔵」と書かれた人物像の写真があった。いったんは収蔵されたが、行方不明で破壊されたかもしれないそう・・・。こういうのを見るのは切ない。
最後は、気分を切り替えて、カラフルな壁画を復元したタペストリーなどを眺め、終了。
名残惜しい~。
いくつかは平山郁夫シルクロード美術館にあるようなので、いつか行ってみなきゃ!平山さんのスケッチも、今回展示されていて、展示に柔らかな印象を添えてました。
c0041132_23453850.jpgせっかく来たので、ロダン館も見ていこう。
天井が高くゆったりしたスペースに彫刻が置かれ、ベンチに座って眺めるもいいし、間を散策気分でうろうろするのもいい。
外の光が優しく入ってきて、半屋外のよう。
カレーの市民の向こうに、地獄の門がある。西洋美術館で見てるからいいか~と思ったら、すっごい近くから見られて、新鮮な眺め!
で、さっきのバーミャン大仏が、横たわったらここにぴったり入りそうなわけで。

なかなか見所いっぱいな美術館だったなー
また来たいな。後3回ぐらい、ガンダーラ展行ってもいいw
激しくオススメです。

c0041132_23525290.jpg
c0041132_2354461.jpg静岡電鉄の駅まで歩き静岡駅まで戻ろうと、ホームに出たら、なんとこんなとこにもロダンが~
向かい側は接吻、こちら側は考える人。
帰り、電車にしてよかった~
来た電車は、ロダンペイントだったりはしなかったけど・・・
[PR]
by phedre | 2008-02-22 00:08 | 関東の小さな旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8289022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カニ&飛行機利用できる人 at 2008-03-09 23:24 x
美術館HPを見たら、音楽監修タケカワユキヒデになってるけど、やっぱりあの音楽が流れてるのかしら?
がんだ~ら がんだ~ら♪

超亀レスすまそw
Commented by phedre at 2008-03-12 00:13
カニ飛行機さん
がんだ~ら♪が始終流れていたら、つい歌っちゃう人がいそうw
オリジナルの音楽だったよー、現地の楽器の音を加えたりした、エキゾチックな雰囲気でよかったよ。

でも、鑑賞しつつも時々頭の中であの曲が流れてしまうので困った。
同じ事態になっている人も多数いたであろう。