ブログトップ
松江(八重垣神社、小泉八雲旧居)
出雲大社から、宍道湖の北側を通り(宍道湖もきれいだし、遠くに大山も見え、寝ていられない。)、松江市内から八重垣神社へ。
昨年同様、晴天に恵まれた。境内に雪が残り、花がまだつぼみのままだったりと、ここでも昨年が暖冬だったことを実感。
ここの宝物殿にある稲田姫の壁画は、複製が出雲歴史博物館で見られます♪

社務所で占いの紙を買い、ぞろぞろと、奥の森にある鏡の池へ移動。稲田姫がここに顔を映したという伝説の池。
紙の真ん中に5円か10円を乗せ、沈む速さと場所でご縁を占う。
15分より前なら、早くご縁があり、それ以降なら遅く来る。紙が遠くで沈めば、遠くにご縁があり、手前に来れば近くに。
こうして皆で並んで、同時に浮かべているのに、一人だけ激しく遠くへ行った人が。手前に来る人もいるし、面白いなー
水中にはトカゲちゃんが。時々つついたりして、邪魔したり手助けしたりするとか。
私は10分以上かかったけど、友人二人は結構早く沈み、ご縁も間近!?
お子さんのご縁を占いに来ている方もいて、代理でもいいらしい。
境内は梅が咲き始めていて、ここだけ春の香りがしていた。例年、ここの梅が一番早いそうで。

実は、ここで痛恨の本殿写真撮り忘れ・・・!
ツアーの人たちがどうしても写真に入ってしまうので、帰りに人が引けたところを狙って撮ろうとして、忘れて帰ってきた。
おみくじ引いて~、なんてのんびりしていたら、いつの間にか皆さんとっくにバスに乗り込んでいて、お待たせしてしまった。
さくさく移動できて、かなり安くてよかったけど、やはり一長一短だなぁ~。
c0041132_23412210.jpg
c0041132_23422738.jpg
松江市内に戻り、松江城観光~松江駅または出雲空港で解散(空港まで行ってくれるなんて、お得すぎ!)。私たちは、松江城で離脱とお願いしておいたので、ここから自由行動。
荷物は、お城近くの物産館にあるコインロッカーへ。楽ちん♪のはずが、A嬢のキャリーケースが入らない。諦めてゴロゴロ・・・。幸い城内の案内所で預けられた。

→宍道湖からの嫁が島と、松江城天守閣からの眺め。
c0041132_23522898.jpg
c0041132_23541588.jpgこちらも天守閣から。大山がこんなにくっきりと!この季節にここまで見えるということは、翌日は絶対雨だそう。

その後は、小泉八雲旧居を見学(写真右と下)。
あちこちに花が飾られていて、今も誰か住んでいそうな雰囲気。
とっても素敵な家で、日の差し込む暖かい部屋で勝手にくつろぎたくなる。

家を出て、松江城のお堀を眺めると、違う時代に来たような気分。城下町の風情を味わうには、ほんといい街だな。

c0041132_23564427.jpg

[PR]
by phedre | 2008-03-29 00:02 | 島根の旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8544445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かに。 at 2008-03-29 00:34 x
本殿撮りに再度行くべし。
Commented by phedre at 2008-03-30 00:00
やっぱ、もう一度行け!と、出雲の神様に呼ばれているのかしら。
歴史博物館も見足りなかったし、またカニの季節に行こうかしら~♪