ブログトップ
神魂神社・熊野大社
降り止まない雨の中、神魂神社(かもすじんじゃ)へ向かう。
八重垣神社からしばらく先に、鳥居が見えてきた。ここで降りて参道を行くのだろうと思ったが、「急な石段がありますので、雨の中歩くのはちょっと危ないかもしれませんね。車で上まで行けますよ」と運転手さん。正面からお参りしたいのはやまやまだが、ショートカットしてもらうことにした。
横から失礼・・・。
並ぶお社と、奥に見える本殿。渋い!素敵!
c0041132_23104030.jpg
っと手水舎が無い!石段の下にあるのだろうか・・・清めもせずお参り、神様すみません。
c0041132_233564.jpg
c0041132_236440.jpg現存する一番古い大社造りの本殿は、小さいながらもどこよりも風格がある。
この本殿内には美しい壁画が残っているそうで、絵葉書セットが売られていた。お土産に購入♪

→境内の、丁寧に祀られていた木と、稲荷社。お稲荷さんの下には、きつねさんがいっぱいならんでいてかわいい♪

この神社は珍しく、道路と平行に鳥居と参道が有り、途中右に折れて石段を上がった先に本殿がある。神社って鳥居からまっすぐ行くものだと思っていたけど(伊勢の内宮・外宮は別として)、ここはL字になっていて面白い。何か意味があるのかな?

ここで観光終了の予定だったが、まだランチには早い。「熊野大社は行かれましたか?ここから車なら5分ぐらいですよ」えー、そんなに近いの?なら行こう!公共交通機関だと、アクセスのあまりよくないこの二箇所。熊野大社までは無理だと思っていたので、ラッキー。c0041132_2320443.jpg辿り着くと、「Welcome to Kumano Shrine」の看板。味があるなーw 横は普通の案内板。
細い川を越えて、境内へ。尻尾がビシッ!と決まった、りりしい狛犬がお出迎え~

日本書紀にも記載があるという、歴史ある神社。思ったより新しく綺麗で、小さめの本殿だが背後の木々が荘厳さを増している。
(←右下)神楽殿もオープンでいい感じ。四方に絵がかけてある。


c0041132_23325223.jpg
雨のせいか、参拝客は私たちだけ。のんびりお参りして、それぞれお守りなど購入。私はお箸を、A嬢は神社では珍しい、素敵なつげの櫛を。巫女さんも感じの良い方で、出雲・松江最後のお参り、いい所に行けてよかった。
でも、なんで突然櫛が置いてあったんだろう?と、熊野大社のサイト見たら、「御櫛祭り」ってお祭りがあるのね。スサノオが、稲田姫に結納として櫛を贈ったのにちなんでいるそう。
色々なお祭りの紹介があって、面白い!お祭りの時期に行ってみたいな。「奉納ゲートボール大会」や、写真だけ見るとピクニック祭りか?ってのもあるし、なんとものどかな。ほんとに、人々の生活に密着した存在の神社なんだねー
[PR]
by phedre | 2008-04-16 23:52 | 島根の旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8674762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。