ブログトップ
イラクリオン・考古学博物館
3日目は午前からイラクリオン観光へ。
旅の最大の目玉!考古学博物館をじっくり見学、時間があればクノッソス宮殿にも行くぞ~
考古学博物館は、特にクレタの歴史に関する展示(ミノア文明など)が充実しており、アテネの博物館にもひけを取らないとか。あぁ、わくわくわくわく。

今日は現地で合流したT子さんと一緒に観光。
まずはバスに乗るところから。
「行き先が書いてあるのは路線バス・無いのは観光ツアーバス」という情報、今思えば当たり前wだが、どんなバスなのかもわからないので非常に重要である。
ヨーロッパのバスであれば、パリのようにチケット買って即機械に通さないといけないとか、色々決まりもあるしね。
30分に1本のバスが来たー!想像していたバス(ボロい路線バス…バンコクのよりちょっとキレイ位かと思っていた)と違って、高速バスのような大きくて座席の高い、エアコンもしっかり効いている快適なバスだった。やばい、これは寝てしまいそうだ。
ツアーバスと、確かに区別が付かない。強いて言えば薄汚れているか。

車内で車掌さんから切符を購入(窓口で買う場合もあるようだが、ヘルソニソスには窓口が無い?)。2.70ユーロ。
眼下に海を眺めながらの快適な移動♪40分ほどでイラクリオンのバスターミナルに到着。

すぐに考古学博物館を目指すが、遠回りをしてしまい、「6」の字を描くように歩いてしまった。ま、無事到着。
入館料は6ユーロだが、クノッソス宮殿との共通チケットなら10ユーロ。これならオトク!楽しみ♪楽しみ♪
c0041132_19334274.jpg
パーティ用の器色々。

シンプルな入り口(写真左上)と、展示物からいくつか。
c0041132_19164071.jpg
c0041132_19294344.jpg(左上から)印象が何種類か。池袋オリエント博物館などで、何度か眼にしているけれど、始めて見るタイプのも!牛の印象、カワイイ!
家の中から覗く女性と、屋根の上には男性と犬。(850-800BC)なんとも愛嬌溢れていいね。
ご飯くれ~、のポーズ?ライオンと器(BC7世紀)。
(右上)これもカワイイ、トラ?クマ?(説明を撮り忘れた)
そして今でも魅力的に煌くクリスタルの花瓶(1500-1450BC)。綺麗だなーとよく見ると、ん?何か気になる…。これ、どこにも(裏にも)支えている物が無い!こんなに不安定そうなのに。ってことは、ボンドで台に固定している!?いいのか、それで。地震が無い国だからこそだよな~。

→すごく楽しみにしていた彫刻コーナー♪ハデスとケルベロス。かっこいいわ~~
c0041132_1931466.jpg
ここの目玉はやはり、クノッソス宮殿の壁画の復元
でもなんとなく、どこかが妙に違ってる気がしちゃう。
c0041132_19322325.jpg
崩れた所に、直接書き足しているような気がして…
こんなもんなのかしらー?

館内は団体さんが多く、ちょっと見づらいけど、新しくってキレイな内装。小学生の一団も来ていた。

この部屋を見終わり、次へ。矢印に沿って出ると、ん…?外?ここ、さっき入った入り口の横だ。
左から来たので、右に回りこむのかと思ったが行き止まり。正面には、トイレとどう見ても外に出る門。きょろきょろしていると、係員の人と目が合ったので聞いてみる。
「すみません。展示はこれで全部ですか?」
「イエース、That's all !!」
ぽ、ぽかーん。
「ごめんね、今改修中で、ここの部屋しか開放していないんだ」
ああ・・・来る途中、地図上では博物館な所が工事しているから、まさかと思ったけどね。昨年は閉館している時期もあったそうだし、それよりはいいけどね。うう、しょんぼり。
仕方ないのでもう一度見て、終了。
20室以上あるという、充実した展示のうち結局1室だけ見てきた感じorz。展示は良かったよ、でも6ユーロのチケットなら金返せーwって感じだな~。共通チケットにしてよかった、クノッソスに9ユーロ出すと思えば、あまり悔しくない。
一応、キリスト教の祝日で閉館とかいうこともあろうかと、事前に調べては行ったんだけど、これは気づかずだった。また、いつか行くさ…ははっ。

そしてここのトイレ。(お食事中の方、すみません)我々が読んだギリシャの旅行記によれば、ここのトイレは驚愕の汚さ!っていうか、水洗と見せかけて水の節約のためか係員が時々元栓を開いてやっと流す、という、恐ろしいトイレである・・・。
寄るのは避けたいが、その後バスに乗ったりすることを思うと、行ける時に行かねばなので、T子さんと恐る恐る入ってみた。 それぞれ個室を覗き込み、お互いを振り返り、・・・、「OK!」と親指を立てる。
いやー普通にほどほど清潔でしたわ。すごい、がくっと力が抜けた感じw
T子さんいわく「旅行記の絵と、個室の配置が違ったから、別のトイレかも?と思った」そうで、確かに本を見ると違う。よくなったのか、今は一箇所のみ&展示もこれだけだからちゃんとしているのか?謎である。

お出かけの際はこちらを参考に・・・政府観光局
[PR]
by phedre | 2008-05-28 20:09 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/8941854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。