ブログトップ
イラクリオン市内観光
翌日、またイラクリオンへ。今度は市内観光。
c0041132_20361485.jpg
城壁が残り、港周辺はごつい眺め。800年代にアラブ人が占領した頃の名残で、その後もビザンチン~ベネチアと支配者が変わっても修復されて使い続けられたようだ。
この日は天気が微妙で、軽く霧雨も降り、気温も低く風もあり肌寒い。(すごい空の色でしょ)
c0041132_2038838.jpg
c0041132_20381982.jpg港の先端に残るベネチア時代の要塞に向かうと、ざっぱーーん!と激しく砕け散る波しぶき。
昨日、ヘルソニソスの砂浜で少しだけ水遊びをしたが、それが嘘の様な眺めだ。

この要塞左側を回りこんで、奥へ行きたいのだが…
ざっぱーん!
チャレンジャーな旅人と野良犬もいたが、ちょっとこれは…
近くにいた他の観光客が、この人たちに「奥に行ったら、何か見られる?中に入れたりするの?」と聞いていたが、答えはNo、何も無いよと。
ひときわ大きい波に、カメラをかばって逃げたら頭から水しぶき。冷たい(T_T)
特に見るものが無いのを確認しに行ってもしょうがないし、諦めて退却。
c0041132_20394977.jpg防波堤の内側を通って帰ると、ちょうど飛行機が来た。

エーゲ海クルーズは、冬場は海も荒れるし運休になる路線も多いと何かで聞いたが、激しく納得。その昔攻め込んだ人たちも、快晴の日を狙ったのだろうか。バレバレだな~。

翌日行った人の話では、「すごく天気良くって、海もキレイだし、中も入れて楽しかった~」
この中、入れたのか!?じゃぁ波によって休館日が決まるわけだ。ちなみに2ユーロぐらいとか。
c0041132_20404268.jpg
こっちは背中ずぶ濡れだが、そんな高波とも知らぬように猫はのんびりくつろいでいる。
幸い、風邪を引かない程度に風があったので、すぐ服はかわいた。
c0041132_20423093.jpg
市内は素敵な建物も多いが、落書きもあったり崩れかけていたりで結構薄汚れた印象。
下町っぽくて面白いけど。
↑は、たしか聖マルコ大会堂。この辺りはこういった古い建物が並んでいて、ごちゃごちゃしているのにかっこよくって面白い。c0041132_20454487.jpg

市内には美しい教会があるようなので、そこを目指しながら散策することにした。

(左上)教会へ行く途中に、アーケードがあった。神社へ向かう縁日のような感覚?この奥にきっと教会が!?と思ったが、違う道だった。レストランがいい感じ~
(右上)教会近くの通り。夜はライトが点くのかな。
(左下)無駄に豪華なピザハットw レストラン式になってるんだろうね。
(右下)バスターミナル近くのホテル。エントランス。こんなに大きく「PULL」って書かなくても…ん、内側はどうなっているんだろう?

次回は教会です♪
[PR]
by phedre | 2008-06-07 21:06 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/9003508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。