ブログトップ
Hersonissosの街と食事
c0041132_2045919.jpgギリシャのファーストフードといえば、「ギロピタ」ことピタパンにケバブを挟んだサンドイッチ。昔、フランスに行った時にはまって食べていた(フランスでもポピュラーで、パリだとカルティエ・ラタンの辺りに店が多い)、懐かしい味。フライドポテトも入って、これ一つでお腹一杯~。
最終日の夜は、ギロピタとポテトにクリームチーズを乗せて焼いたものをテイクアウトし、海辺でのんびり夕食にした。暮れゆくエーゲ海を眺めながら、ビールをお供に去り行くギリシャの休日を惜しむ。
ビールは当然、ミソスで!

↓ギリシャで食べたもの、まとめ。
c0041132_2052274.jpg
1)初日に行ったレストランにて。何の魚か忘れたけど、おいしかったー。そして海老のグリルが激うま!
2)ヘルソニソスのギロピタ屋さん、Giros Mania みたいな名前のところ。いつ通っても混んでいて、食べて納得のうまさ。病院からCity Centerへ向かう途中にある。
3)Eloundaの海辺レストラン。テーブルの横が、すぐ海なので、フォーク落としたら砂浜に下りないといけないような場所。私はトマトのファルシを、夫には「メゼ」を。メゼは定食らしく、本日の盛り合わせみたいな料理。
ん~悪くないけど、ちょっと油っぽいなぁ(^^; 開放的でよかったけどね♪
4)ヘルソニソス海岸沿いにあるレストランの中から…、なかなか選ぶの大変なんだけど、雰囲気良くほんの少し高めのお店(ムサカの値段を基準に比較、どこの店でも出しているので)。
絶対食べたかったトマトのファルシと、ムサカ(ラザニアからパスタを抜いて、肉を少しスパイシーにしたような料理)、あと名前をどこかにメモしてきて、どこに書いたか忘れた…orz の、ギリシャ風肉じゃがを。
パンは要りますか?と言われ、お願いしたら、オリーブのペーストとハーブバターを添えて出してくれて、これがうまうまうまー!これだけでもガンガン飲めますって感じ。
その後、トマトファルシが来て、またうまー!ギリシャ料理は、結構オリーブオイルが効いているのと、塩がきつめなんだけど、これはお米はパラッとしてトマトの味わいで食べるさっぱりした味付けで、感動的においしかった。
そしてムサカもおいしい♪肉じゃがも、ちょっとハーブの効いた、醤油の入っていない肉じゃがみたいな感じでこれは日本人向けの味だなーと。
ここが一番おいしかったな~。Star Lightというレストラン。
c0041132_20252567.jpg
さて最後にまた、Hersonissosの街の写真。
のんびりした、いい街だったな~。教会もラブリー。上のドームはどこへ行ってしまったの?って思う形だけど。
c0041132_20264518.jpg
スーパーではオリーブがたくさん売られていて、フェタチーズもどん!っと量り売り(左下)。
リーズナブルなアクセサリーショップでは、ミッフィーはともかくなんと招き猫まで…。左の金色のはキティかな。
観光地なので、お土産やさんもたくさんあり、本場のオリーブオイル石鹸、ばっちり購入してきた!石鹸好きの私は何軒回っても飽きない。それに意外とハーブが安い。蜂蜜も名産らしいけど、オリーブオイルともども液体は重いし、漏れると怖いし。
c0041132_20273019.jpg
c0041132_20352196.jpg最終日の朝は、名残惜しく街を散歩。
岬があるなーと、飲みながら眺めていたところに行ってみたら、かなりボロボロだけど遺跡だった。Early Christian Basilica と看板が出ていた。
ここから、海を見下ろし、泊まっていたホテルを眺め、しみじみと楽しい滞在だったなーと思う。
イラクリオンに泊まるのも楽しそうだけど、Hersonissosはバスでちょっと海岸線を眺めているうちにイラクリオンへ行ける距離なので、便利だし、何よりも人も犬も猫もリラックスしているのどかな街だった。

日本からは遠く、なかなか再訪する機会はないだろうけど、もう一度ゆっくり行きたい街だ。
そう、考古学博物館の修復が終わったら、行きたいな…。
[PR]
by phedre | 2008-06-23 20:47 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/9100755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。