ブログトップ
ミュンヘンの街 市庁舎とレストラン
c0041132_20573971.jpgビールの都、ミュンヘンへ到着。
バイエルン王国の都だった街は、観光で歩くエリアは特に歴史を感じさせる建物が多く立ち並ぶ。
市庁舎周辺は見所も多いし、観光客で賑わっている。
c0041132_20542073.jpg有名なホーフブロイハウス。中は満員御礼、ただ中を見るだけの人も多いので、通路は混雑している。ゆっくり飲むというより、賑やかに行きたい時にいいかも。
ジョッキは1リットルらしいので、気合入れて行かないと辛そうだな~
外観はシンプルだけど、中の天井は賑やかにペイントされている。

ここだけでなく、街のあちこちにビアホールやレストランがあり、外にテーブルがずらりと並び、みなビールを傾けている様子が見られるのは楽しいが、どこも美味しそうで悩ましい。昼から飲んでいる人も全然珍しくない、さすがビールの街!

c0041132_20553883.jpg

c0041132_20551712.jpg新市庁舎。1909年に建てられた、ネオ・ゴシック様式の派手な建物。
よく見ると、あちこち細かい細工がされていて面白い。
上を見上げると、人間の像が顔を出していて驚いた。右上の何人も連なっている方は、よく見ると口が排水管になっていて、雨の日はここから雨水が流れるんだろう…。

→市庁舎正面には、ドイツ最大の仕掛け時計がある。なんと人形は等身大らしい。

ここの塔の上までエレベーターで登れるらしいが、私が行った時はいつも閉まっていて、結局登れず。
c0041132_2058716.jpg地下にあるレストラン(ラーツケラー Ratskeller München)で食事もした♪
ドイツでは市庁舎にはレストランがあり、その土地の名物料理などが食べられるそうだ。
中庭のテラス席もあったけど、地下にある屋内の席にした。
中にしてよかった~、建物の外見に似合った豪華な内装で、落ち着いた雰囲気。

ヴァイスビアで乾杯♪やはり本場のビールはうまい!!
料理は、ミュンヘン名物白ソーセージ(ヴァイスブルスト)と、まさに旬だった白アスパラガス(シュパーゲル)のオランデースソース、そしてソーセージ盛り合わせ。ソーセージの下に敷いてあるのはマッシュポテト。ヴァイスブルスト大好き、焼ソーセージも美味なり♪
シュパーゲルも、こんなでっかいの何本も食べていいなんて!嬉しい~~
c0041132_20545369.jpg
この盛り合わせは15ユーロぐらいで、メニュー見ただけだと「ちょっと高いなー」と思うけど、三品全部食べたらもう動けない程に満腹なので(私も夫も、よく食べる方だと思うのだが)、実は結構お得だった。本当はスープやサラダも食べたかったが、絶対無理~。
[PR]
by phedre | 2008-06-25 21:54 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/9112827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。