ブログトップ
レーゲンスブルクへの小さな旅 (2)大聖堂
レーゲンスブルクの街を歩くと、どこからでも眼に入る大聖堂 Dom。
c0041132_14351029.jpg
13世紀から建造が始まった、バイエルン地方のゴシック建築の代表格だそう。

大聖堂の周りでくつろぐ人有り、レストランのテラスでビールを飲む人有りと、のんびりした雰囲気なので、気軽に入ってみたが、内部の重厚さに思わず襟を正す。

入り口は、外から見ると普通の扉だが、内側にガラスの仕切り扉が付けられていてる。(↓右上。デパートの入り口みたいな感じ)
ステンドグラスの数もすごいし、色合いも美しい。レーゲンスブルクはローマ時代には要衝であったそうだが、この小さな街にこれだけ手の込んだ教会があるというのは驚きだ。
c0041132_14352260.jpg
c0041132_1436998.jpg
c0041132_1458181.jpg街を歩いていると、他にいくつもの教会があることに気づく。日本でも、お寺さん通りがあるから、同じような感覚なのか。
地図を見ると、旧市街1km四方に教会が10はある。

散策していると、教会っぽい塔のある建物の近くへ来た。正面入り口が、大聖堂にあったように(こちらは外側に)囲われている。何となくギャラリーっぽいが、近づいてみたらやはり教会のよう。閉まっていてガラス戸の中までしか入れなかったのは残念!

→このファサード部分がすっかり覆われていたのは、なるほどいい方法かもと思った。修復も大変だしね~。

扉周りの装飾だけ見ると、アジアっぽくも見える。

c0041132_1584031.jpg
右側はりりしい獅子♪
c0041132_1593742.jpg
左側は…犬!?猫!?それとも熊?? 磨耗してのんびり顔になってしまったのか、こちら側だけやたらとラブリー。
[PR]
by phedre | 2008-07-12 15:24 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/9210192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。