ブログトップ
ミュンヘンの宿
c0041132_205320100.jpgミュンヘンでのホテル、シュヴァービングのメルキュールに計3泊。
ツインで2泊して、一旦出てレーゲンスブルクへ、戻ってきてシングルで1泊。レーゲンスブルクへ行っている間、スーツケースは預かってもらった。
部屋はどちらも小奇麗で十分かな、収納は結構使いやすいと思った。バスルームも綺麗にしてあるし、カラフルなタイルがラブリー。アメニティも余裕がある数でよかった。石鹸の香りが気に入った(ので、持ち帰り)。

ツインの方は、道路に面している部屋で、窓は小さい。うるさくはない。が、結構暑かった…
シングルの部屋は、ツインとは反対側で写真の通り窓が全面で明るい!開放的だが、やっぱり暑い。こちらはバスタブは無く、シャワーブースのみ(メルキュールのサイトから、数日前に予約して一番安い部屋にしたからかもしれん)。
でも、冷蔵庫がぬるい。どうやったら強くできたんだろう?

部屋でのネット接続は半日10ユーロ強だったかな。実際はフロントの前に一台PCがあり、それで事足りたので使わなかった。

c0041132_20533519.jpgホテルの朝食は10ユーロ超だったので、散歩を兼ねてメトロの駅と反対側へ歩くと(フレミングスホテルの先)、5分ほど行った先にパン屋さん発見!!イートインもできるようで、そこでサンドイッチとコーヒーを食べた。これで4ユーロかな?ハムとチーズのサンドイッチ、パンがとにかくうまいー!プチプチが、なんと裏側までびっしり♪
お客さんもひっきりなしで、私たちが行った時はすいていたけれど、帰るときにはテラスはほぼ満席。いいお店に来たな~。

で、チェックアウトする時。「朝食はレストランを利用しましたか?」「No。」「OK♪じゃぁ素泊まりで何ユーロです」。自己申告?私が一人でチェックアウトする時も、鍵を返すと、(先払いのプランだったので)「OK♪何も追加の支払いはありません。サンキューバーイ♪」朝食…、取って無いからいいけど、何も聞かれないとは。それでいいんか、ホテル側はわかってるのかな。

中心街に出るにはメトロかタクシーだけど、二駅も乗れば着くからそんなに遠くも無いし、パリと違って地下鉄も怖くないのがありがたい。

最終日は、レーゲンスブルクから帰って一人この部屋でのんびりした。食事はどうしても肉類が多かったので、疲れてしまい、中央駅からいけるデパートでカットパインとゼクトを買って部屋で夕食。ソーセージ好き・ドイツパン好きの私でも、飽きてしまうとは…。まーそれしか食べていなかったし、当たり前だな。翌朝、ダルマイヤーにお土産のコーヒー買いに行って、すごい充実した美しいお惣菜を見て、大後悔!がんばってダルマイヤーまで行ってお惣菜買えばよかったー(T_T)
[PR]
by phedre | 2008-07-23 21:19 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://butineko.exblog.jp/tb/9280922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。