ブログトップ
カテゴリ:ベトナム( 44 )
いざ、ベトナムへ (4)ベトナムビール
c0041132_13161937.jpg旅の楽しみといえば、やはり現地のお酒!
しかしながら日本酒、焼酎、ウイスキーの類が飲めない私は、アジアに行くと必然的にビールオンリーになってしまうのが、ちょっと残念。
しかし!ここベトナムでは、カクテルが大抵のレストランやカフェで飲める。
ホテルのバーで飲んでも5ドル前後、しかも量大目・・・うれしい♪
オリーブやチェリーが、かわいい傘のついた楊枝に刺さって出てくる。


c0041132_1341035.jpg日本と違うのは、地ビールが豊富なこと。そして、その地方を離れると、もう売ってない。例えばサッポロビールは北海道でしか飲めず、関東に来るとキリンが売られ始める、といった具合。
←緑のラベルの「フェスティバルビール」、フエにバスで近づくとともに、看板が多くなってきて、道々期待させられた。ラベルは王宮の写真でゴージャス♪
なんとなく「ヒューダビール」が気に入ってたのだが、やっぱりハノイに行ったら、もう売ってない・・・。この2つは、ほんのり甘みがあっておいしい。
それから、「フエビール」ってのもあったなぁ(ふぇービールではない)

c0041132_1259550.jpgライオンのラベル「ビエール・ラルー」はホイアン、フエなど中部ではポピュラーなビール。ビンが500mlなのが、お得感倍増で嬉しいw
ホイアンで違うビールを頼んだら、
「小瓶だけど、いいの?」 と言われ、つい、
「いや大きいのにします」と、結局ラルーを頼んでる私・・・
右下はお馴染み「バーバーバー」(333)。ごはんはフエ名物「ブンボーフエ」、ピリ辛スープにお肉が載った麺で、んま~~
ビア・ハノイ」はハノイに行ったらメニューに現れた。
ハノイでは、象のラベルの「ハリダ」をよく飲んだ。
どれもさっぱりした、普通のビールで、南国の散歩で疲れた喉を潤すのに最適・最高~!

c0041132_12582952.jpgc0041132_12583914.jpg
[PR]
by phedre | 2005-03-25 13:35 | ベトナム | Trackback(1) | Comments(2)
いざ、ベトナムへ (3)ベトナムの猫
c0041132_20385164.jpgベトナム猫はみな、美猫ばかり。
アオザイ姿のスリムなベトナム女性のよう。
日本猫のまるい顔と違った、ほっそりした顔立ち。

犬が遊びまわってる姿も、多く見られる。
ニワトリ系もそこここで見かけるけれど、仲良く共存できてるのかな?
c0041132_20364487.jpgc0041132_2037587.jpg
c0041132_20383978.jpgc0041132_2036848.jpg
[PR]
by phedre | 2005-03-22 20:46 | ベトナム | Trackback | Comments(1)
いざ、ベトナムへ (2)バイクな国
ダナンに着いて、お迎えのホテルの車に乗せられてまず驚いたのは、
とにかくたくさんのバイクバイクバイク。その間を縫って走る車はクラクション鳴らしまくり、対向車線は追い越し車線を兼ねていることも多々。レースでもしてるんか、ってぐらい追い越しまくる。
c0041132_18553030.jpgその中をシクロ、自転車がのた~りと走っていく。
歩道は安全だが、バイクが所狭しと駐輪され、食堂は道端にも椅子を並べ、かごを下げた行商人もそこここに荷を広げ、その上シクロやバイク屋が声をかけてくるので、落ち着いてまっすぐ歩ける道は少ない。
(写真はフエ、タクシーの中から。)

ハノイのエアポートタクシーの運ちゃんも、追い越されてゆくバイクを指差して、
「ベトナム、バイクバイク、ププープープー!ハハハ!」って笑ってる。

ホイアンでは、街から3キロほど離れた川べりのリゾートホテルに泊まった。
ここまで来ると、バイクも少なくなり、静かな中に身をおける。
きれいに整えられたお庭にあるコテージで、フットマッサージをしてもらう。
緑に囲まれ、鳥のさえずりが聞こえる。町の喧騒が嘘のようだ。
ピピ・・・チュンチュン・・・ピー・・・

コケーコッコ!コケーー!ワンワンワン!!コケー!バウバウ!
結局、ベトナムはどこへ行っても賑やかなようだ。
[PR]
by phedre | 2005-03-22 19:07 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
いざ、ベトナムへ (1)出国とジオ盆編
出発前日まで、高熱にやられてましたが、無事帰国~

前日は、成田のホテルまでアタマに熱さまシート&背中にカイロという重装備で向かうも、体が冷え切ってしまって、お風呂に入ったら手がしびれるほど。一日雪遊びでもしたかのよう。
案の定39度近くまでなってしまい、毛布2枚&アイスノンを借り、とにかく寝る。
翌朝起きたら36度弱に下がってる!ドリンク飲んでいざ出国(しっかり免税店もチェック)
初日が一番ハードな移動日なので、ちょっと心配だったが、その後熱が上がることはなかった。

c0041132_1621597.jpg今回の旅のルート:
成田~ホーチミン(国内線乗継3時間待ち)~ダナン(空港でホテルのピックアップ、1時間弱)~ホイアン(3泊)
ホイアン~フエ(2泊)  ダナン経由で、バスで約4~5時間(峠越えをするため時間がかかる。もうすぐトンネルが開通するようで、移動時間が2時間くらい短縮されるとか)
フエ~ハノイ(4泊)

地図上の青い線が空路です。

目的は、古都フエと、もと日本人街のあったレトロな街ホイアン、チャンパ遺跡の残るミーソン(ホイアンの郊外)の、古い建物巡り。最後は首都ハノイでまったり+ハロン湾へ。

c0041132_1683569.jpg遺跡と寺院と屋根や柱の飾り巡り、兼食い倒れツアーはお約束として、今回はまったのの一つが「ジオ盆」こと「ジオラマ盆栽」。
盆栽や、池などに家や人形が配置されていて、ジオラマの様。
建物の中にまで、小さな池や植え込みが進出してきていることもあり。
室内庭、とでもいうのだろうか?

→ホイアンの寺院にて、鯉がたくさん泳いでいる。(半室内、天井から採光している)

ジオ盆
(上)フエの王宮内寺院にて、家や塔や橋、小さくて見えないけれど釣り人まで配置されている
(中)ホイアンの寺院の前庭、寺院に向かって左右にジオ盆が!これは万里の長城か?
(下)同じホイアンの寺院で。台座がすごいだのが、載ってるのはフツーの盆栽。

(一番下の大きい写真)ジオドラゴン盆? やはりホイアンの寺院の裏庭にて。裏には何もないと思って回り込んだらこれが・・・ もはや盆栽ですらないが
後ろのヤギ一家も謎。

ハノイの歴史博物館では、遺跡からの出土品など、ベトナムの古代史から現在までの興味深い展示がされている。
中に、家や塔のミニチュアが何点かあった。やはりあれは・・・ジオ盆用だったのだろうか。

謎の裏庭@ホイアンの寺
[PR]
by phedre | 2005-03-22 16:43 | ベトナム | Trackback | Comments(0)