ブログトップ
カテゴリ:伊勢・名古屋( 12 )
お伊勢参りとおいしいもの
c0041132_17224798.jpg

名古屋&伊勢旅の続きです。

伊勢市駅の近くに泊まって、翌日は朝からお伊勢参り!
まずは静かな別宮「月夜見宮」へ立ち寄り、参拝。
賑わっている外宮・内宮の他に、別宮に寄ってみるのもまた雰囲気が違っていいものです。
c0041132_1723255.jpg
そこから徒歩ですぐの外宮へ・・・。会社の方々など、スーツ姿の団体さんの姿が見られ、お祓いをしている場面にも出会いました。
周辺の木々も立派で、荘厳さに圧倒されますね・・・

バスで内宮へ。
c0041132_17231995.jpg
天気もよく、木々も美しく空気もよくとても気持ちいい。心が洗われるようでした。

清浄な気持ちになったところで、おはらい町&おかげ横丁でお買い物&つまみ食い♪
c0041132_1724161.jpg

五十鈴川沿いに素敵なカフェがありました♪(五十鈴川カフェ)

コーヒーだけ飲んでいこうと思ってたけど、小ぶりなケーキが美味しそうでついおやつタイムに・・・
どちらも美味しかったし、お店の雰囲気も良くて、のんびり~。
c0041132_17241387.jpg
素敵なお店が並んでいて、目移りしちゃいます。
その他食べたのは、かまぼこ屋さんでチーズ棒(揚げたてあつあつ、チーズとろとろで最高!)とか、豚捨でコロッケとか、焼き牡蠣と地ビールとか!オトナって、楽しいなあ・・・
c0041132_1724785.jpg
トイカメラで撮ると、かなり雰囲気でる街です。
c0041132_17235138.jpg
虎屋ういろで、伊勢茶のういろゲット!ここのういろは最高です!
c0041132_1724023.jpg
十分満喫したところで、帰路へ。レトロな駅舎の宇治山田駅に寄り道も忘れずに♪
c0041132_17241972.jpg

c0041132_17242656.jpg夕食は名古屋高島屋の地下で天むす弁当を買って、新幹線でお疲れ様の乾杯~
なんとなく話の流れで盛り上がって、急に伊勢に行くことになったんだけど、幸い天気にも恵まれ食事も思い残すことはない位に充実した盛りだくさんの1泊2日でした。
しかし今回も神宮徴古館に寄る時間は無かった・・・次回のお楽しみにしよう。
[PR]
by phedre | 2013-01-12 17:50 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(4)
名古屋のいいもの
秋晴れの美しい時期に、旅仲間のHちゃんと突然思い立って名古屋&伊勢の旅へ。
私は2度目の伊勢。名古屋で少し遊んでから翌日は伊勢神宮参拝というスケジュールで~
c0041132_19425072.jpg名古屋に着いたら、まずランチ!新幹線の中で色々悩んだ結果、名古屋駅の地下街にある手羽先やさんでランチに決定!ちょっとビールが欲しい~
そこから徒歩でノリタケの森へ♪レンガ造りの建物が素敵・・・。ショップでゆっくりお買い物をするのもよし、ただ散策するだけでもよし、時間があればカフェでお茶をしても。こんな所で働けたら素敵だねー!って話をしながら・・・
c0041132_1942534.jpg

c0041132_19425660.jpg
コスモスがキレイな時に行きました!
c0041132_19424162.jpg
昔の窯の名残、煙突跡です。当時より、かなり短く切ってあるとのこと。
c0041132_19424492.jpg
リニア鉄道館も行き、鉄子の旅ですw
鉄道模型の凝ったジオラマや、私は食堂車のサインなどに惹かれつつ。
c0041132_1943183.jpg再び名古屋駅に戻って、夕食は栄の松坂屋に入ってる「あつた蓬莱軒」でひつまぶしー!
その前に国際デザインセンターに寄り、名古屋発のデザイングッズを色々眺めて、ちょっとお土産に購入して。日常使える器や布製品、雑貨など素敵で面白いものが色々!さすが大きい街には、いい物があるな~と、羨ましく思ったのでした。
そして、ひつまぶしー!久しぶりに食べたけど、やはり名古屋に来て食べると美味しいな~。気分も盛り上がるし!
このあと、そのまま伊勢に移動して、翌日はしっかり伊勢観光です。
[PR]
by phedre | 2012-12-06 20:07 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(6)
米沢&伊勢番外編
米沢・伊勢写真その他ですー(upし忘れ含む(^^;
c0041132_12383828.jpg米沢のABC。りんご、牛肉、鯉が名物。鯉は食べてこなかったな。DEF・・・と続きがあるのかと期待していたが、結局見つけられなかったので、どうやらABCで終わりみたい。全部あってもすごいw
c0041132_12453273.jpg米沢駅近くの川原に、何かのお祭りの跡か、かわいい雪のオブジェがあった。
後ろの斜面には、積もった雪に大きく「ようこそ 米沢」
わざわざ雪に書いてあるなんて、うれしいね。
満願蛙二見輿玉神社にある、満願蛙。手前のカエルに水をかけると、願いがかなうそう。
奥の大きいのは、よだれカエルに見えてしまうのだが。
(大きな写真@フォト蔵)

↓伊勢市・外宮前郵便局
さすが伊勢神宮近くだと、郵便局も立派だね~~


外宮前郵便局
近づいていくと、なんか屋根の位置がずれていく。
実は、郵便局は手前の平屋の建物で、真ん中の電信柱のあたりで終わり。
屋根だと思っていたものは、後ろにある別の建物だった・・・すっごいだまされたーーw
(ちなみに後ろは昔は郵便局電話分室だったレトロな建物。今はフレンチレストランらしい名刀菊一文字

伊勢の注連縄いろいろ郵便局の先は懐かしい雰囲気の商店街。
なんと、こんなところに名刀・菊一文字が!まさかお店があるとは~。今は包丁などを売っているらしい・・・閉まってて残念ーー
そして更に懐かしい食堂。「伊勢ゑび」「ビフテキ」「暖房完備」の文字がまたいい。

伊勢の注連縄いろいろ。
お正月のお飾り、普通の松飾はしまってしまうけど、こういう注連縄は年中玄関先に飾っているそう。
真ん中のは二見浦駅にあったもの。
駅にもちゃんと飾ってるなんてすごい。
下の宝船なんて、細かい飾りがついていて可愛らしい。

いつもながら旅行記をupし終えると、旅が本当に終わったんだなと感じて、少し寂しい。
でもブログを始める前は、写真プリントした♪アルバム作った~(完了)だったから、今はずっと長く楽しめてお得なんだわー。
それに、まだまだ食べてないお土産もあるし。

お土産もまた、いくつかupしまーす
[PR]
by phedre | 2006-03-09 14:13 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(6)
お伊勢参り(5)猿田彦神社&宇治山田駅
猿田彦神社


c0041132_18435988.jpg伊勢観光の最後は、内宮近くの猿田彦神社へお参り。
3時過ぎの電車に乗るため、買い物はダッシュで切り上げ(でも生の地ビールはしっかり飲んできた)、歩いていると、伊勢バージョンマンホールの、カラー版を発見ー
右の人がしょってるのぼりには、「おかげまいり」と書いてあり、う~~んさすが伊勢!いいねぇー
猿田彦神社にて
ここは珍しく、おみくじを木に結んでいいみたい。
結ぶ枝が決まっているわけでもないのに、何箇所かにきれいにまとまって結んであって、おみくじって綺麗なのねーと思った。
c0041132_1853517.jpgこちらはいちばん上の写真の右下に写っている、「方位石」。昔の神殿跡を記しているそうで、それで表面に「古殿地」と書いてるのね。
古殿地は、内宮などにもあり、そこでは遷宮前に本殿が置かれていた土地のことをいう。

猿田彦大神は、神々の道案内をした神様。ここでは方位除も行われている関係で、方位が刻まれているようだ。
美しい駅舎@宇治山田ここから大急ぎで伊勢駅へ向かい、伊勢を離れる。乗り物に乗るたびに急いでた気が・・・

←内宮へ行くときに寄った、近鉄宇治山田駅
昭和6年に建てられた、細部の装飾も美しい駅舎で、屋根の赤いスペイン瓦が特徴。窓、入り口周辺の模様も美しい。
時間があればもっと念入りに見たかったな。
c0041132_19173555.jpg
そして東京駅に着いたら、その足で旅仲間と新年会♪幹事なのに後から来てるし。

伊勢は清浄な気持ちになれる、素敵な土地だったな。
回りきれていないところもあるし、次回はぜひ食い倒れしにいかねば!

今回の旅のお供:「日本の神話伝説」青土社 ←お伊勢参りをされる方は、日本の神話をひもといておくとより楽しめると思います。あるいは詳しい人と行くw
参考文献:「神様と神社」祥伝社新書、「総覧日本の建築5 東海」新建築社
[PR]
by phedre | 2006-03-08 19:35 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(7)
お伊勢参り(4)内宮参拝
おかげ横丁最終日はいざ!内宮へ。
内宮前には、おはらい町&おかげ横丁という、昔ながらの街並みそのままの門前町がある。

失礼ながらレトロな雰囲気の土産屋通りか、ぐらいに思っていたら、実際は一気に昔にタイムトリップしたかのような、楽しいところだった。
まず建物がどれも木造でいい味出してるし、伊勢ならではのものを売っているところが多くって、まさに現代のお伊勢参りを楽しめる。
ふらふらお店をひやかしていたら、一日使ってしまいそう。
←おかげ座。(お伊勢参り歴史館) クリックで大きな写真へ@フォト蔵

赤福本店から、五十鈴川を眺める
伊勢といえば赤福。ここに赤福本店があり、中でお茶を飲んで休める。外に川に面した席があり、そこで一休み。
五十鈴川は驚くほど澄んでいて、鯉も泳いでいる。
この五十鈴川は内宮から来ていて、御手洗場では人々が身を清めたというのも納得の、清浄な流れ。
春になったら、桜が咲くのだろうか。今度来たら、川べりをのんびり歩きたい。
c0041132_12473421.jpg
本場で買おう!と意気込んできた、虎屋ういろ。どのお店も、このような渋い店構え。
珍しく、サトちゃんサトコちゃんが3人いた。後ろの「百毒下し」などの広告が、レトロでいいんだな。

c0041132_12524842.jpg誘惑を振り切って内宮へ。
町を抜けると突然、山並みが現れて驚く。
ここも豊かな緑に囲まれているが、外宮と違って木の匂いがあまりしない。混んでいるからだろうか。
こちらは土曜日のせいか、すごい人。観光バスが何台も乗り付けていた。

橋の端に敷物がひかれていて、この上を歩いている人が多い。
なんでだろう?と思ったら、参道の真ん中は神様が通るところなので、人は端によって歩くのだそうだ。

ちなみに、外宮~内宮の順で参拝するのが正しい順序。(偶然正しく回れた。ご利益あるかな?)

神楽殿と別宮「荒祭宮」
別宮も本殿も木材そのままの色で、飾りも榊の枝ぐらい。

c0041132_13122613.jpg

内宮本殿
古殿地横の道から、内宮本殿を眺める

伊勢神宮では20年に一度、建物や装束を作り替える式年遷宮というお祭りがあり、次回は7年後。
では7年後にまた、新しい建物を見に来ようね。なんて言いつつ、お土産買いにおはらい町へ戻っていくのだった。(あえてその時は何歳だね、という話は無しだったw)

詳しい説明などはこちらへどうぞ→伊勢神宮のサイト
[PR]
by phedre | 2006-03-06 13:43 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(5)
お伊勢参り(3)二見
c0041132_12161189.jpg伊勢市駅から二見まで、JRで行こうとしたら、1時間後まで電車がなかったので、CANバスという周遊バスで向かうことにした。
このバス、観光案内ビデオ付な上に、座席が高くて見晴らしもいい~♪外宮~内宮前も経由したので、昨日の復習に明日の予習もでき、なかなか便利ー
夫婦岩近くの宿を取ったので、夫婦岩東口・二見シーパラダイス前のバス停に下りたら、なんと!ロータリーに面していきなりトドの水槽があるー!大サービスだ。

建物を過ぎると、急に目の前に開放感溢れる美しい海が広がり、三人で感激する。ここの海の色は本当に綺麗で、波打ち際も掃除が行き届いているのか、ごみが目に付くこともない。

夫婦岩に面する海岸に沿って、二見興玉神社(おきたまじんじゃ)がある。
その中にある竜宮社に、なんと珍しい狛カエルを発見!
このカエルは猿田彦大神の使いで、ここでは二見蛙と呼ばれ多数奉納されている。

至る所にカエルがいるので、カエル好きの方は是非行くべし!
夫婦岩@二見

日が落ちる前に夫婦岩に着けた・・・
神々しい眺めだ。

ちなみに、注連縄の向こうに見える岩は、年々カエルに似てきているそう。ほんとだ!
c0041132_12441967.jpgやっとお宿に到着~
夫婦岩まで一番近い、老舗の大石屋へ宿泊。タラサ志摩で贅沢したのと、移動のことも考えて、二泊目をどうするかあれこれ悩んだけれど、二見に来てよかった!お宿もここにしてよかった~
お部屋も今まで泊まった中では一番広く、床の間まで広い。海の見えるお部屋、大浴場からも海が見えて気持ちいい。
それに、館内はみな畳敷き。エレベーターまで畳敷いてあるし。
至る所にお花が活けてあるのもうれしい。
お夕食〜ではお待ちかねのお夕食ー

焙り焼きコース@お食事処。
伊勢海老(お造りか焼くか選べる。お造りにすると、頭が翌朝お味噌汁に入って帰ってくる。右下)に、ひおぎ貝(ホタテっぽい)、大あさり(ハマグリよりでかーい)、さざえ、いかたこ野菜などてんこ盛り。贅沢・・・
お刺身や前菜もたっぷりで、どれもおいしい。
てこね寿司も食べられて満足。ご飯にもたれが混ざってるのね。
左下は、鴨の和風サラダ。オレンジと梨を軽く煮たものに、ピンクペッパーがよく合う。
私は地ビールを、友人たちは日本酒を合わせて、伊勢の海の幸を堪能。日本酒、ちろっと味見しつつ、やっぱ飲めるようになりたいなぁとしみじみ思う。
二見浦の日の出翌朝、がんばって早起きして日の出を見に行った。(この日は6:30過ぎに日の出)
6月頃だと、夫婦岩の間からの日の出が拝めるらしい。
やはり、二見は一泊して午後~朝の風景を眺めるのがおすすめ。

この後お風呂で暖まると、いつしか朝食の時間に。あっという間の滞在だったなー。

かえると夫婦岩

朝の夫婦岩とカエル
(写真クリックで大きくなります>「フォト蔵」アルバムに飛びます。日の出の写真も)

ここ二見には、伊勢神宮で使われる塩を精製している御塩殿神社もある。(時間なくて行けなかった)
お土産に塩を買ってきた。どんな味なのか、使うのが楽しみー
[PR]
by phedre | 2006-03-02 13:45 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(3)
お伊勢参り(2)天の岩戸
鳥羽から天の岩戸を目指す。
ルートが二つあって(前回の地図参照)、伊勢駅か志摩磯部からバスが出ている。
伊勢からだと距離が長く、志摩磯部からだと本数が少ない。
この日は二見に泊まるため、時間もないので、バスがなければタクシーで行こうと、志摩磯部近くの磯部バスセンターへ向かった。

念のため、バスセンターのおじさまに確認。
「天岩戸、バス停から結構歩くからね、女の人の足だと辛いかもねぇ。踵のある靴だと特にね」
「それに山道で、人気もないから、女の人だけだと、ちょっと心配だなぁ・・・」
「携帯もあまり入らないしなぁ」
山賊でも出るんですかw
二人で交互にすっごい心配してくれるので、一人ブーツなのもあり、行きはタクシーにした。

タクシーで正解。荷物もあるし、バス停からかなり入っていくし、片道は行けても往復は辛い。道は舗装されているからいいけど。降りてからまた少し歩いて・・・やっと天の岩戸へ到着ー

天岩戸


山の中の、しんと静かなところ。奥には岩穴から水が湧き出、細く水の落ちる小さな「みそぎの瀧」もあり、心地よい場所だ。
ここの水は日本の名水100選に指定されていて、わざわざ汲みに来る人も多いとか。
c0041132_12351676.jpg
この鳥居があるところが、天の岩戸らしいが、意外と小さい。しゃがんでも辛そうだけど、中は広いのかな?横にはお社もある。
調べてみると日本各地に天の岩戸とされる場所があるようで、回って比べるのもいいかもしれない。

c0041132_12401282.jpgここから舗装されていない道を、山の上へ向かうと、風穴がある。どんなところかと思ったら、山に突然ぽっかりと穴が開いていて、不思議な眺め。
夏は涼しい風が吹いてくるそうだが、今の季節は何も感じなかった。残念。でも穴だけでもすごい。

岩戸に戻り、鳥羽駅で買った虎屋ういろをつまむ。小さな広場を前に、ここで神様が天照大神に出てきてもらうために、宴会を繰り広げたのかと、想像を巡らしつつ。
菱餅色のひなういろは、友人にも好評で、またういろファンを増やしたぞとほくそ笑む。
「あー、やっぱりコーヒーとコンロ持ってくるんだった」
と友人が残念がっている。キャンプ用の携帯コンロ、今度は持って来てね♪
あとビールも欲しかったねぇー。


c0041132_12564097.jpg
さて天の岩戸の狛犬は、しっかりお化粧してりりしい♪愛らしい♪お尻もきゅーと~

この後は二見のお宿へ向かうだけ。
岩戸の次は夫婦岩と、もしかして神宮&岩めぐりの旅か?
[PR]
by phedre | 2006-03-01 13:50 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(2)
お伊勢参り(1)下宮&タラソテラピー
c0041132_17123838.jpg米沢牛の興奮も覚めやらぬ内に、女三人お伊勢参り(今度は別の友人)へ行ってきた。
我ながら、旅行しまくりに思えるが、こういうのって重なるもんで・・・。
なんか前より誘われやすくなったような気がするが、よいことじゃ。前は土曜も働いていた上に、休み取るのすんごい手間だったからな~。今は楽すぎな気もするがw

さて今回の目的は、友人の希望のタラサ志摩でタラソテラピーと、あとは伊勢神宮参り。これをベースに2泊3日で日程を組んだのだが、色々調べているうちに、天岩戸にも行こう、夫婦岩の方に泊まろう、ってことになり、行ってみたらなかなかの強行軍に。

c0041132_17335935.jpg名古屋から近鉄で伊勢へ。黄色いのが伊勢志摩ライナーだったかな。普通の電車で来たので、途中乗り換えたりしてるうちに2時近くなり、急いで外宮へ。

途中伊勢うどんを食べよう!とお店に入ったら、うどん品切れ・・・
周りにお店もなかったし、代わりに伊勢玉子そばを食べる。月見かと思ったら、最初から麺に絡めてあって(かき玉状態)びっくり。おいしかったので、ちょっと安心。
c0041132_17414536.jpg
伊勢神宮は、天照大神を祀る内宮と、穀物の神である豊受(とようけ)大神を祀る外宮からなる。
敷地の中に入ると、木のいい香りがしてきて、森林浴をして清浄になった心で参拝ができる。
真ん中:正殿、これより先は撮影禁止。中から垣間見える、茅葺の屋根が美しい。
右:境内にいくつか池があり、どこも緑に囲まれていて静か。鯉も住んでいる。
こちら外宮はこぢんまりとまとまっていて、急ぎ足の観光でも回りきれた。気持ちのいい場所なので、池のそばでのんびりお弁当を広げるのもよさそうだ。

c0041132_1815211.jpg3時ごろの電車で、急ぎ鳥羽へ移動。タラソテラピーを受けるにあたって、ヘルスチェックを受けなくてはいけないのだ。
鳥羽からは、ほぼずっと海沿いの道を走るので、眺望も楽しめるが、道々「牡蠣祭り」の看板が出ていて、今すぐ降りて牡蠣食べたくって困った。


タラサ志摩へ
[PR]
by phedre | 2006-02-27 18:53 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(6)
いきなり名古屋(4)
色々素敵な照明器具に出会ったので、最後は照明コレクションで。

c0041132_14403258.jpgc0041132_14404099.jpg
c0041132_1442928.jpg左上:名古屋市役所入り口
右上:名古屋市役所~市政資料館への途中にある橋
左:市政資料館
下2枚:旧豊田佐助邸
c0041132_14422067.jpgc0041132_1443032.jpg
c0041132_14431312.jpgc0041132_1443197.jpg
c0041132_14432987.jpgc0041132_14482118.jpg

最後の4枚は旧川上貞奴邸

他、熱田神宮もゆっくり散策して、たくさん写真があるけど、メジャーな観光地なので割愛。
のんびり楽しめました。
おみやげ沢山持って帰ったら・・・地震があったらしい(-_-; ぜんぜん知らなかったー
[PR]
by phedre | 2005-02-21 14:56 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(0)
いきなり名古屋(3)
こんなところも名古屋ちっく
c0041132_18334863.jpg

[PR]
by phedre | 2005-02-20 18:35 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(0)