ブログトップ
カテゴリ:ラオス&タイ( 17 )
ワット・プラケオと、ラオス&タイのお土産
最終日はゆっくり寝坊して、ホテルで朝食を取ってから軽く観光へ。
夫のリクエストで、王宮寺院のワット・プラケオを見に行くことに。伊勢丹の前から、バスで行けるので便利~。と思いきや、バスも道も混んでいて結構時間がかかった。しかも途中までしかいかないルートだったらしく、あとバス停3つぐらいの所で下ろされる。王宮周りの出店をひやかして、入り口へ。いつもと違う入り口に向かえと言われ、そっちに行ったらありえない混雑!何で?あれ、拝観料払わないで入っちゃったけど・・・?
c0041132_17161123.jpg
どうやら元日は拝観料無料らしく、元から無料のタイ人だけでなく外国人もいっぱい。こんなに混んでるの見た事ないわ~
c0041132_1716136.jpg
アンコール・ワットの模型も満たし、混んでいるなりに十分回れたので、今日は退却。
c0041132_17163277.jpg
ほんとの所は、ラオス帰りにはバンコクは暑く、人も多くてちょっと疲れたってのも・・・。
c0041132_17162166.jpg
チャオプラヤー川をボートで移動して、チットロムへ戻る。セントラルワールドプラザの裏にあるお寺にちょっと寄ったら、ここもお正月の飾り付け♪
最後の買い物と、のんびりお茶を楽しんで、帰路へ。暑くて消耗したけど、やっぱりバンコクは便利で楽しい。

さて、今回のお土産!
c0041132_17162481.jpg
ジム・トンプソンでリネンのナフキン(他にもTシャツ買った)、免税店の品揃えはすごい。乗り継ぎで買い物だけしてもいいな・・・。カレーパウダーセットと、タイのコーヒー。それから石鹸やバスソルトいろいろ~。HARNNやTHANNのお店は空港には無かったので、市内で買っておいた。バスソルトはエキゾチックな香りで海外のスパにいる気分になる。
c0041132_17162517.jpg
セラドン焼きもちょっとだけ購入。ラオスで買ったショールは、薄手のものはパークウー洞窟近くでゲット。市内のマーケットで買うより安く、3ドルぐらい。もち米を入れる竹かごと同じ位の値段。右下は、ラオスのモン族の小物。布をつなぎ合わせて手縫いで作っていて、かわいいのが色々あって決めるのが大変。これは5ドルぐらいで、マーケットだったので値段交渉してみたが1歩もひかなかった、最初から適正価格のお店もあるんだね。

ということで、年末年始のバンコク~ルアンパバーンの旅はこれにて終了です。
今回は、トイカメラも持って行って新しい楽しみが♪プレビューが無いので、なかなか思ったように撮れてなかったりもするけど、それも魅力かな~
↓トイカメラで撮った、ルアンパバーンのお寺
c0041132_1716345.jpg
ラオスは特に気に入ったので、私の好きな国トップ3に入りました。乗り継がないといけないのが面倒だけど、オススメです~
[PR]
by phedre | 2012-09-20 17:44 | ラオス&タイ | Trackback(1) | Comments(4)
バンコクでカウントダウン
バンコク到着前の機内から。市内はもう洪水の影響はなかったけど、北の方はまだ水浸しの所も・・・
c0041132_14371821.jpg

c0041132_14373724.jpg
チットロム駅近くのホテルに着いて一休みしたら、夕食へー♪
大晦日なので、カウントダウンイベントが既に始まっている。会場のセントラルワールドプラザはまだ数年前に爆破された部分を修理していて、警察官もたくさん出動しているのを見ると事件の事を思い出して怖くなる。

すぐ近くのグランドハイアットエラワンにある、Bar@494で軽く一杯♪のつもりが、タイ料理のおつまみが意外と安かったのでそのまま食事。手羽先やタロイモのフライが美味しいー!
ここはグラスワインが色々あって、気軽にあれこれ飲めるのがいい。タイはあまりワインを飲めるところがないので・・・。
ホテル内はすっかりお祭りモードで、ドアマンから皆さんキラキラの帽子をかぶってる。バーの席にもあったので、私もゲットして帰りはそのままカウントダウンへー♪
c0041132_14374079.jpg

c0041132_14375696.jpgCWPの前はすっごい混んでるし、一応セキュリティのゲートを通らないと入れないので(とは言っても、柵で仕切られたその横の道は普通に通れる)とりあえずホテルが近い方へと、伊勢丹の前へ行ってみる。ラオスに行く前に寄った時から、ビア・チャンのライブ&ビアガーデンのエリアがあったな~、と見たらこちらでもライブ中♪中は満席で入れないけど、周囲の柱の隙間がとても大きいのでそこから十分見える。どんなバンドかと思いながら見てたら、結構カッコいい~。
ライブに参戦してるうちに、新年の花火!近い!激しい!
c0041132_1438926.jpg

c0041132_14381861.jpg
こんなに近くで上げて大丈夫なのかと心配になる・・・

そんなわけで、ライブを見てるうちにかなりこのバンド Slot Machineが気に入って、帰国してからもYouTubeやFacebookの動画をチェックしてる。
c0041132_14385164.jpg

c0041132_14385674.jpg
ちょっとYoutubeへのリンクを・・・
新年になる前に演奏していた曲。Good Bye (PV) Slot Machineの代表曲みたいで、すごい大盛り上がり♪メロディも覚えやすかったので、サビの「I say goodbye」の箇所は一緒に合唱~。そこしか意味が分からない、ってのもあるけど。
この日のライブ映像が落ちてないかとYoutube探しまくって、結局無くって残念・・・。

こちらは新曲。演奏シーンも曲もカッコいいんですが、PVが同じくドラマ仕立てで、途中セリフがかぶったり歌が切れたりするのが残念・・・พอ (PV)

ライブ映像はどれもパワフル♪絶対暑いだろうに、大抵スーツ姿で、ボーカルは胡散臭げなジャケット着てたりして面白いw 珍しくベースの動きが激しいバンドで(私の中ではベースマンは動かない)、ステージを駆け回る姿に目を奪われる・・・♪

しかしながらタイ語は一切わからないので、インタビューを見ても(それでも見るw)さっぱり。ま、雰囲気だけでもいいので・・・
タイでCD買ってくればよかったと思ってたら、日本からでもHMVで注文できたので、先日ぽちっと。早く届かないかな~

歌詞の日本語訳を掲載してくれているブログを見つけて、ちょっと歌詞の意味がわかって嬉しいー♪訳詞も素敵です♪
テムテムな歌
[PR]
by phedre | 2012-09-20 15:34 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
ラオス最後の朝
充実したラオスの旅も、もう最終日・・・。お昼前の便で、バンコクへ向かいます。
朝は再び托鉢を見に出かけ、帰りにワット・シェントーン近くのカフェで朝食。ラオスの朝は本当に早い!
c0041132_20211079.jpg
奥に写ってる白い建物のAncient Bon Cafe & Bakery。ここはメインストリートの外れの方で、ここまで来ると急激に値段が下がって写真のヌードルが8,000Kip(約80円)とか・・・。
c0041132_20213151.jpg
奥にあるヌードルはラオス名物カオソーイ。やっと食べられた!しかも美味しい!カオソーイじゃない方も、ものすごくダシが効いていて、朝から幸せ~。あと多いとは思ったけど、ラオス風にフランスパンに目玉焼きを崩して付けて食べるのもやってみた。こちらはまあ、想像通りかな。
c0041132_20212925.jpg
ぎりぎりまで、早朝のルアンパバーンを散策。
お米を平らにしたものを干していた。市場でも見かけた。お寺では、托鉢で余った分はこうして干しているとか。普通の家庭でも保存食にしているのかも?
c0041132_2021634.jpg
最後にもう一度、ワット・シェントーンへ寄って。
c0041132_20212710.jpg
川べりをぐるっと歩いてホテルへ向かっていると、お坊さんが畑を耕しているのを見かけたり。さて帰ろうか。

ホテルの窓からいつも見ていた、お隣のワンコ(左上)に最後のご挨拶。おとなしくってカワイイ♪
c0041132_20212483.jpg
最後に、ルアンパバーンで泊まったホテルはここ Villa Deux Rivieres
ラオスらしい小さな建物の綺麗なホテルです。日本語ができるスタッフもいて、最初挨拶された時、発音が綺麗で日本人かと思った・・・
ナムカーン川沿いの、静かな場所で、メインストリートにもすぐ。自転車も借りられて便利(隣のゲストハウス?から借りる)。部屋もキレイだしいい感じー♪次回もここに泊まりたい(^-^)
c0041132_2021392.jpg
朝食はパン色々と、玉子とヌードルも注文できる。ヌードルがまた美味しい!玄関前のテーブルで夜はのんびりワインを飲んだり朝もまったりしたりと満喫。
c0041132_20213473.jpg
場所は、赤い矢印のところ。青い矢印がワット・シェントーン。改めて見たら右の方に橋がかかってる、行ってみればよかったなー。
c0041132_2021199.jpg
そして空港へ。3泊のラオス滞在、本当に楽しかった。もっと長く居たかったな。
c0041132_20211876.jpg
この日は大晦日。ラオスで新年を迎えたかったけど、そうするとラオス~バンコク便の航空券がいきなり高くなる。ラオスの人も、年末年始は帰省するものらしい。よってカウントダウンはバンコクで~。ラオス、またゆっくりしに来るよー!
[PR]
by phedre | 2012-09-13 21:10 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン王宮(博物館)
午後はまずランチから!泊まってみたかったホテル、3Nagasへ。メインストリートに面していて、気持ちのいいテラスで食事。お値段も、ルアンパバーンの中では結構いい。
ラープと、バナナの皮で包んだ魚の蒸し物、もち米とチャーハンを注文。
c0041132_2055561.jpg
マンゴー?の皮に盛られたラープ。さすがお洒落~!もち米は黒米の割合が多い。そしてどれも洗練された味で美味しい!さすがだな~。ここ、夜もすごく混んでる。

この後はのんびりと、国立博物館(旧王宮)へ。爽やかな夏の(冬だけど)日差しが心地いい!
c0041132_20562171.jpg

c0041132_2056277.jpg
中に入るときは、靴を脱いで。木造の床を踏みしめながら、ゆっくり見学。玉座のある部屋は華やかなモザイクで飾られて、いかにも豪奢だけれども、奥にある寝室などは簡素な造りで驚く。良く見ると、木の家具には細やかな彫刻も施されているけれど、華美な暮らしとは程遠いような、静かな宮殿だった。
c0041132_2056363.jpg

c0041132_2056099.jpg
こぢんまりとした、美しい建物だけど、王宮にしては本当に質素な外見。
c0041132_20563233.jpg
敷地内にあった祠はキラキラして眩しい!

また少し散策をしたら、ちょっとお茶へ・・・今日は贅沢して、アマンタカで。ラオスらしい、広い敷地の中に2階建ての低い建物。レストランも静かで、中庭を眺めながらのんびり~。
濃厚なマンゴジュースと、スムージー、しめて11ドルぐらい?お得だ・・・
c0041132_20552775.jpg
お土産やさんも充実していて、なかなかに悩ましかった。

夕暮れ時の町並みを散策して、最後の夕食はホテルがある川沿いの気になっていた店に行ったら、地元の方でなんだか貸切パーティな雰囲気。ああ、残念!(写真右下)
c0041132_2056941.jpg
結局、初日に行ったラオス料理店へ。カレーっぽいのと、ラオスソーセージ(3つのお皿の真ん中)、ラープ(左下)。ラオスソーセージは、ほんと絶対!!ビールに合いすぎる!
今日もワインバーに寄りたかったけど、さすがに托鉢+パークウー洞窟ツアーでかなり体力を消耗したので退却・・・。うう~、もっと滞在したい。
[PR]
by phedre | 2012-08-28 21:55 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
パークウー洞窟
托鉢の後はもう一眠りして、起きたら郊外へ半日観光~
パークウー洞窟Pak Ou Caveへ、ホテルでトゥクトゥクをチャーターしてもらい出発!(3千円ほど)
c0041132_21385926.jpg
トゥクトゥクは、三輪タイプとミニトラックのような四輪タイプがあるようで、私達がチャーターしたのは四輪タイプ。広々~。三輪タイプをどんどん追い越していくので得した気分w しかし途中から舗装されて無い道に入り、土ぼこりが・・・。肌寒かったのでストールを巻いていて、それを口元にも巻いてごまかしたけど、マスクを持っていったほうがよかった。

チャーターと言っても、途中でお坊さんが「乗せて~」と手を上げたので少しの間ご一緒した。女人から話しかけるのは良くないかも?と思いつつ、とりあえず「サバイーディー」とご挨拶。お坊さんたちも「サバイーディー!」って返してくれた♪
c0041132_21391187.jpg
途中の村で降りていかれた。

山道に入ってしばらくして、やっと洞窟対岸の小さな村へ到着!ここからは、渡し舟に乗って自分で行ってね、と。
c0041132_21422433.jpg
のどかなメコンの流れ、気持ちいいよ~~!
c0041132_2149978.jpg
すぐ対岸に洞窟が見えてくる。
階段を上がっていくと、数え切れないほどの仏像が並ぶ洞窟の中に辿り着く。
c0041132_21524340.jpg
もっと沢山あるのですが、撮りきれない。それほど広くは無いけれど、入った瞬間息をのみますね。
c0041132_21532698.jpg
ちょっと上の方から見下ろしたところ

川を見下ろすように
c0041132_21502935.jpg

ここから更に上の方へもう一つ、別の洞窟がある。
c0041132_21575988.jpg
中に入ると、こちらの方が少し広く歩きやすい。
c0041132_21583728.jpg
c0041132_21585529.jpg
奥は明かりも無く真っ暗。カメラを高感度モードで撮っているので、明るく見えるけれど・・・
c0041132_21585923.jpg
実際は、↓この位真っ暗で何にも見えません(^^;懐中電灯持参で行って、本当に役に立った。(入り口で有料で貸し出してます)
c0041132_2159228.jpg

ここ、陸路でのアクセスがないらしく、街からも遠いこんな所になぜできたのか、不思議なまま。
c0041132_2221790.jpg
ラオスの美しい風景も満喫して、素敵な半日の遠出も終了。終わる頃には、少し暑くなってきていた。

帰りのトゥクトゥクに乗る前に、村のお土産やさんをひやかして♪田舎の方が絶対安いに違いないと思い、マーケットでも見たようなストールがたくさん並んでいたので、ちょっと値段を聞いてみると・・・。一枚3万Kip。マーケットでは5万だったのが、いきなり3万!?ダメもとで値切ってみたら、「じゃ、2万で」安っ!値切っといて何だけど、いいの?
ってことで2枚買いましたー♪

帰りも人を乗せて、「チャーターじゃないのか?」と思わなくもないんだけど、色々現地の人が交渉してる様子も見られたりして楽しかった。ホテルまで送ってもらい、シャワー浴びて一休みしてまた出かけよう。街が小さいから、こうして気軽にホテルに戻れて便利だな。
[PR]
by phedre | 2012-07-23 22:16 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン・托鉢の風景
ルアンパバーン観光の朝は早い。
早朝の托鉢風景を見るために、早起きしなきゃ!ガイドブックによると5:30~6:30頃に行われるとのことで、まだ暗い中を出かける。ホテルが托鉢が行きかうメインストリート近くでよかった。
でも5:30に行ったら、托鉢用の物売りの人しかいないw(托鉢は、ここで買ったりしないで前日に市場などで買いましょう、と言われている) しばらくして、離れたところにあるホテルや団体さんのバスが続々到着。

結構待ちくたびれたけど・・・、托鉢の行列が見えたー!
c0041132_20455229.jpg
c0041132_2046535.jpg
地元の人も、托鉢をするためのツアーの方も、たくさんの人が並んでいる。
c0041132_20455768.jpg
空っぽの籠を持っている子供たちの姿もあり、なんだろうな~と思っていたら、お坊さんが自分の籠から余分を子供の籠に入れている。こうやって回ってるんだ!
托鉢ツアーっぽい方々は、新しい袈裟を一人ずつお渡ししていた。これを見て、ラオスに来てなんとなく思ってた事に答えが・・・。ラオスのお坊さんって、袈裟の色がずいぶんビビッドだなーって思ってたんだけど、こんな風にまめに寄進があるからだったのね。
c0041132_204685.jpg

c0041132_2046055.jpg
托鉢の時間はワンコも混ざってのんびりと過ぎていく。
[PR]
by phedre | 2012-07-23 20:59 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
市場をぶらぶら~
サイクリングの後は、お寺に通じる道沿いに出ている市場をぶらぶら~。
c0041132_20414581.jpg
焼き鳥や焼き魚、バゲットサンドイッチなども。
c0041132_20413364.jpg
↓右下はソムタム屋さんかな?
c0041132_20413863.jpg
お土産やさんでは名物の川海苔、唐辛子やコーヒー、スナック類が並んでいて、おやつに買ったココナツ風味のかりんとうはかなりハマる味♪
c0041132_20415496.jpg
そうしているうちに日が落ちて。
今日も静かな夕暮れ。
c0041132_20415155.jpg
夕食の前にはワインバーで1杯きこしめしてから・・・
タイ料理っぽいお店の前で、ココナツ風味の甘いコーンたこ焼き(たこは入ってないけど)をつまんでウロウロと・・・そのままここで夕食。
c0041132_20412617.jpg
お洒落な店内で、なんだかラオスにいる気はしないけど、美味しいのでよし♪
そして帰ってホテルでワインを飲んだら、バタンキュ~・・・@@
翌日は托鉢見に行くから、早寝早起き!
[PR]
by phedre | 2012-06-12 21:04 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
ルアンパバーン対岸の村へ
午後はメコン川を渡って、ルアンパバーン中心部の対岸をサイクリング計画。
↓のピンク色に塗った辺りを渡って、対岸へ。地図によると、写真右上の方にお寺があるらしい。目的地はそこ!
c0041132_11191862.jpg
渡し舟は車ものせられる大型のもの。(写真撮り忘れた)
c0041132_11192595.jpg
運転席はこんな風にオープンで、舳先にはなぜか盆栽。
c0041132_11193051.jpg
メコン川に漕ぎ出でてみれば、建物もほとんど見えない優雅な眺め。
c0041132_11193386.jpg
対岸の船着場についたー!こちらは小さな村があり、急にローカルでのどかな雰囲気になる。
c0041132_11193772.jpg
川に沿ってまっすぐ走ってみる。
最初のうちは、きちんと舗装された道路だったので楽々快適サイクリングだったのが、途中から舗装されてない道になり、新しいとはいえママチャリには結構ハード。
c0041132_11195930.jpg
やっと、ナムカーン川との合流点が見えてきた・・・もう少し!
坂が続いた先に、お寺の入り口発見!!しかし、石段を上がらないと・・・最後が辛い。
c0041132_1146024.jpg
お寺到着~ルアンパバンの町並みを眺めながら一休み。緑濃い豊かなところなのね。
c0041132_11201100.jpg
お寺は小さくて、
c0041132_1120485.jpg
中もシンプル。思わずくつろいでしまいそう。
c0041132_11202346.jpg
遠くに金色の寺院が見える。飛行機からも見えて、ちょっと行って見たかったけど・・・Google Mapで調べたら、さすがに遠かった。
c0041132_11195613.jpg
道の真ん中でくつろぐ鳥たち(何度も見かけた)。みんなのんびりだなーと思ったら、わんこ一触即発の現場に!すぐ負けてたけど・・・

もっと先にもお寺があるらしいけど、そっちまでは無理(^^;。徒歩で来ている観光客の姿もあって、タフ~。
[PR]
by phedre | 2012-03-31 12:07 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン街歩き(3)お寺めぐり
c0041132_1911564.jpg
ワット・ビスンナラート(すいか寺)
c0041132_19112057.jpg
境内を横切ると、すぐ隣にまた別のお寺が。本堂、中の壁画が豪華!
c0041132_19112362.jpg

c0041132_19111730.jpg
チケット係の男の子とわんこ。猫もいる~
c0041132_19113355.jpg
ワット・マノーロム。この豪華さは町一番!?境内では、町の人がお坊さん達とのんびりしていた。

c0041132_19113019.jpg自転車に乗ろうとしたら、向こうから猫がやってきた。
夫がしゃがんで手を出したら、そのまま直進して足の間を通過。向こうに子猫が待っていた。
猫ものんびりしてるんだなあ・・・

c0041132_19113694.jpg
ワット・タートルアンの仏塔。さりげないモザイクが素敵。
このお寺、以前は王室の火葬場だったそう。観光ポイント的には少し町外れの方にあるので、ここまで来ると観光客の姿も無く、地元の人もまばらで静か。

そろそろ空腹MAXなので、お昼~
Maison Souvannaphoum Hotelの前を通りかかり、寄りたいと思ってたのでレストランへ♪
c0041132_19114352.jpg
プールサイドの静かなレストランで、のんびり濃厚なマンゴージュースを飲みながら、まずは揚げ春巻きをつまんで。春巻きパリパリ~おかわりしたい!
c0041132_19114543.jpg
牛肉麺と夫は汁無し麺。薬味を色々混ぜて・・・あっさりして、暑くて疲れた体にいい感じ♪
お土産ショップも色々素敵な品揃えで、スパ製品も充実。買い物で結構悩んだ(^^;庭は広いし、泊まってみたいな。

元気回復したところで、午後はがんばってちょっと遠出。
[PR]
by phedre | 2012-03-29 21:19 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
プーシーの丘から
機内からもすぐわかった、ルアンパバンの中心にそびえるプーシーの丘↓へ登り、町を眺める。
c0041132_199081.jpg
c0041132_1910413.jpg
ちょっと登った所から、今来た道を見下ろして。(国立博物館前)
c0041132_199248.jpg
道路を途中にある、小さなお寺に寄りながら・・・階段、なかなか辛いけど。
c0041132_1983962.jpg
頂上に到着ー!猫ちゃんがお出迎え^^
c0041132_1991021.jpg

c0041132_199713.jpg
のんびりした町の様子を眺めているだけで、疲れが取れていくような・・・
c0041132_1995824.jpg
c0041132_1992744.jpg
反対側の道へ出ると、頂上の塔がよく見える。ルアンパバンの町のシンボル。
夕暮れ時はかなり混むらしい。ここからメコン川に沈む夕日を眺めるのも素敵だな~。でも、一日に二回も登れない・・・
[PR]
by phedre | 2012-03-22 19:28 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)