ブログトップ
<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
さくらのダコワーズ
c0041132_2342555.jpg
桜が待ちきれず、桜のダコワーズでちょっと早いお花見気分。

パティスリー タダシ・ヤナギの、そごう&西武の限定品。雑誌で見て、つくば店には入ってないから、売っていないんだろうな~と思っていたら、お菓子コーナーで扱っていた。

かじってみると、見た目より、ふんわりもこもこしてる。中は甘酸っぱいサワーチェリーとクリーム、表面の桜は、ちょっと塩味で不思議な組み合わせ。洋菓子にも合うんだねー
[PR]
by phedre | 2006-03-29 23:55 | ごはん | Trackback | Comments(6)
金の炎でビール三昧@浅草
隅田川沿いの夜桜

庭園散策の後は、浅草へお夕食に。っとその前に、夜桜を眺めてから・・・
これは予定に入れていなかったので、三脚を持ってきていなかった。持ってくれば良かった~

c0041132_17272919.jpg今日のお目当ては、浅草のあの建物。金の炎で有名な(違う名前でも有名なw)アサヒビール吾妻橋ホールにある、ビアホール・フラムドール

ここ、以前に「非天然色東京画」でigu-kunさんが紹介されていたのを読んで、うわ~来週にでも飲みに行きたい!って思ったまま、先延ばしになっていたところ。
光る階段の先に、意外に落ち着いた雰囲気の扉と、いかにも普通のビアホールっぽいショーケースが待っている。中はどんな雰囲気なのか、まったく想像がつかないのが面白い。
入ってみると、店内は広くて明るく、吹き抜けもあって、気軽にガンガン飲めそうでいい感じ♪
お料理も楽しみだー
c0041132_17372464.jpgアサヒビール直営だけあって、ビールもそれ以外のお酒も充実。でも今日は、ビールを飲みまくるんだもんね~
嬉しいことに、ビール3種類飲み比べセットがあったので、まずはそこからスタート。熟撰、バスペールエール、ベルビュークリークがハーフサイズで出てくる。コースターには説明も付いていて、思わず真剣に飲んでしまう。
実は普段はキリン派なんだけどw、熟撰なかなかおいしかった。今度買ってみよう。
c0041132_17422112.jpgおつまみも、もりもり食べていい気分。
生ベーコンとジャガイモのグラタン。グラタンのソースが激しく気に入った。
ホタテと貝(つぶ貝だったかな)のバター焼き。エスカルゴ風で、ソースがまたいい。
その下は、締めに頼んだあなご飯。どんぶりご飯をイメージしていたので、出てきてびっくり。下にかりっと焼いたご飯があって、このご飯が最高にあなごに合う。乗っている野菜も全然邪魔しないし、食べてまたびっくりだった。これはおすすめ。
他にもおぼろ豆腐や、ソーセージも食べたけど、どれも本当においしかった。地ビールもおいしいし、最高ー!

ゆっくり飲んで周りを見渡して、柱や壁、椅子などもひそかに凝っているんだけど、目立ちすぎないのがいいんだなーと思った。ビルの外見に反して、意外に落ち着いたつくりなのね。
と思っていたら、周りから時々「ここ、トイレがすごいのね」という声が聞こえてくる。行ってみたら、ほんとにすごかった。急にここだけ近未来というか、トイレの個室というよりブースと呼びたい。へべれけだと、多分ドアも開けられないし、手を洗うとき水も出せないだろうw

それはともかく・・・、ここも何度も行くお店になりそうだ。igu-kunさんに感謝です♪つくばエクスプレスの駅までちょっと歩くけど、おいしい料理とお酒でご機嫌だから気にしなーい
[PR]
by phedre | 2006-03-27 18:22 | ごはん | Trackback | Comments(4)
国立博物館・庭園開放
上野の国立博物館で、庭園の開放をしていたので、早速散策へ行ってきた。
東洋館の常設展も、行きたいと思っていたのでちょうどいい。
国立博物館

国立博物館の庭園つくばの桜はまだつぼみだけど、都内について高速を下りたらちらほらと咲いている。この庭園には、10種類もの桜があるというので、ちょっとは咲いているかな?と軽く期待して向かったら、思ったより咲いている。
今度の週末辺り、かなり見ごろかも。

この日は3時過ぎに着いたので、だいぶ日陰になってしまっていたけれど、お昼ごろなら写真撮影にはもってこいだと思う。

国立博物館の庭園2お茶室を覗きながら、池のほとりに出ると、ちょうど本館がよく見える。
本館は1937年に建てられた、コンクリート壁の装飾と瓦屋根が素敵な建物。「帝冠様式」というらしい。
お隣の表慶館も、ドーム型の美しい洋風建築(今は工事中)。
東洋館はそれに比べるとシンプルだけれども、展示室がちょっと階段を上がって次の展示が見られる、オープンなつくりで、場所によっては下の階の彫刻を上から眺められたりする。

本館、表慶館ともに重要文化財に指定されているそう。他にも敷地内には密かな見所があるようで、次回は念入りに探索しなくては。

桜も咲いてたよ

本館は鬼瓦もチェック!全部で33基あり、みんな違う顔をしているらしい。
c0041132_15582896.jpg
東洋館の展示は、朝鮮半島・中国から、エジプトまで広い範囲のものを扱っていて、仏像・仏具、器類が多い。
1階のガンダーラ彫刻コーナーも素敵だったが、中国コーナーでは故宮で見たような瑠璃瓦に出会い、嬉しかった。
少し疲れていたので、駆け足で回ってしまったけれど、今度は休憩込みで余裕を持って来よう。

ちなみに庭園開放、今回は4月16日(日)まで。また行っちゃおうかな・・・
[PR]
by phedre | 2006-03-26 16:16 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(9)
春のつくば散歩
道端の春

暖かくなってきたので、久しぶりにつくばの遊歩道を散歩。
東京では開花宣言が出てるけど、こっちの桜はどうなのかな~と思って歩いたら、色んな春を発見。

左上:桜、だいぶ咲く気満々みたい。楽しみー
右上:桜の足元の植え込みに、かわいらしい黄色いお花があった。桜が咲いたら、目立たなくなっちゃうんだろうな。
左下:すっごいつやつや、綺麗な緑の葉が開いていて、この先何か咲くのかな?
右下:懐かしい花を発見!なんて名前だったかなぁ・・・?近くにはタンポポもスタンバイしてた。

小学校

c0041132_181072.jpg小学校の横を通りかかった。
すべり台に何か書いてある。

・・・「お」??
何かのクイズだろうか?と手前のジャングルジムを見ると、裏返った同じようなプレートが下がっている。そうか、きっと「(卒業、入学)おめでとう」なんだ。 と思い目を凝らすと、
「の」・・・? おの?のお?
他の遊具には何も付いていないし、結局謎のままだ。

来週には咲くかな?咲いたら、どこにお花見に行こうか。
[PR]
by phedre | 2006-03-23 18:18 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(2)
新しい酒屋さん@つくば
c0041132_13151514.jpgつくばセンター(駅)近くに、新しい酒屋さんができたとの噂を聞き、さっそく行ってきたー

ここ、つくばエクスプレス開通前に、放置されていたダイエー跡地にできた、2フロアの小ぢんまりとしたショッピングセンターに最近入ったお店。
他にはドラッグストア、スーパー(酒無し)、百円ショップに居酒屋、ゲーセンなどなどが入っていたのだが・・・スーパーが突然、本社がつぶれたらしく撤退して、それから行くこともなかったのだが、酒屋さんと聞いては行かないわけにはいきますまい。

行ってみると、予想以上に広くて、品揃えもいいし、これはいいー
輸入食材、チーズ類の他に、つくばでは有名なパン屋さんのパンも、何点か扱っている。
それに、お酒にいちいち、説明がついているのが嬉しい。
ワインも気軽に飲める千円前後のがいっぱい揃っているし、何よりつくばではなかなか出会えない、世界のビールが豊富ー!
今まで、ヒューガルテン、シメイ以外のベルギービールなんて、ここではまず買えなかったのに・・・私の好きなデリリウムもあるし、サタン(写真)もおいている。
このビール、「飲むと悪魔のように楽しくなる」そうで、そう言われるとなんとなくご機嫌になっちゃうね。
あ~いいお店ができてよかった。
撤退したスーパーのところも、ずっとシャッター下りていたけど、新しい食料品店が入ることになったらしい。便利になるなぁ。
[PR]
by phedre | 2006-03-21 16:24 | つくばでごはん | Trackback | Comments(2)
東京湾クルーズ
羽田空港の夕景一年ぶりに東京湾のシンフォニークルーズに乗船してきた。
改めて書くのは気恥ずかしいが、結婚記念日だったので・・・
いつものように、夕方出航のサンセットクルーズを利用。
これ、ランチより時間も長いし、名前の通り夕景~夜景が楽しめていいのだ。

スパークリングワインを頼んで、のんびりフレンチの夕食。
ちょっといいコースにしたら、一番前の眺めもいい広い席になった。ラッキー

走っている間に、だんだん日が暮れてきて、羽田の近くを通る頃には、いい具合に空も赤く染まり・・・
上空を通過し、離着陸する飛行機が気になって、時折食事の手が止まってしまうのも、クルーズだからやむなしとして(w

船内から窓越しにとっているので、ちょっとボケているけれど、上はちょこっと顔を出した富士山。これから暖かくなると、なかなか見られなくなってくるらしい。
真ん中は、ちょうどJAL機が着陸。
下、少し動いてANAのターミナルのほうに。
ディナー

この船自慢のフランス料理、盛り付けも綺麗で嬉しい。
(左上)仔牛と白レバーのテリーヌ春野菜のピクルス添え(右上)真鯛のグリル 干し帆立のリゾット添え(左下)特選牛フィレ肉のステーキ 温野菜添え(右下)フランボワーズのムースと、オレンジとチョコレートのケーキ、 あとシャーベット
テリーヌもよかったけど、魚料理が特においしかったな~ いつ来てもおいしいですわ。

東京湾の夜景

デザートが出る頃には、外はすっかり夜に。
レストランの照明も押さえ気味なので、外の光の移り変わりを十分に楽しめた。
c0041132_22424019.jpgここからの帰り道に、いつも猫がいる通りがある。
来るとき会わなかったので、もういなくなっちゃったのかなと思っていたら、帰りに遭遇ー
りっぱな牛猫ちゃん。
前見たときは、牛猫家族だったけど、今回は一猫。物陰に黒もいたようだが、暗すぎて撮れず。近くのビルに人にでも、ごはんもらっているのか、むちむちしてるなぁ。

すっかりごきげんな一日の締めは、上野のスタシェーンでギネスを一杯。とろんとした泡がたまんないのよねー
つくばの駅前に、スタシェーンかキリンシティのような、昼でも夜でもさくっとビール飲んで帰れるお店があったら最高だな。車社会のこの街では難しいか。

そういえばちょうど、ベトナムの旅からも一周年。十周年になる前に、ベトナム再訪したいねーといいつつ、その前に近場のクルーズ旅行もしたいねーと言っていたら「不思議航海」に出会ったわけで。

シンフォニーでは、横浜方面への新しいクルーズも始めたそうで、次回はそれに乗ってみたいな。
[PR]
by phedre | 2006-03-19 23:13 | 関東の小さな旅 | Trackback | Comments(3)
不思議航海
不思議航海(ミステリークルーズ)
内田康夫・早坂真紀ご夫妻共著 / 東京ニュース通信社刊

浅見光彦シリーズでお馴染みの、推理小説家内田康夫さん、飛鳥で世界一周をされたという話はチラリと聞いたことがあったが、まさか3回も世界一周クルーズに乗船されているとは・・・

クルーズで世界一周、とはいかなくても、船旅は「ナイルに死す」を読んでからの夢なので、せめて3日くらいでも行きたいと思っているところに、3回も世界一周なんてどうなってるの?と、立ち読みしてみたら、さすが人気作家、次のエピソードも読みたい!次も!もっと!ってな具合で、あっさり引き込まれ、美しい写真にも魅せられてしまった。

これまでに、飛鳥1回、ぱしふぃっくびぃなす2回の世界一周クルーズに乗船し、また来年も飛鳥2で旅立たれるとのこと。しかもお部屋はロイヤルスイート。まさに夢のクルーズ体験記。

まぁ実際には、出発前に脱稿した著書の校正を持った編集さんが、○港で合流し、×港に着くまでに校了するため、しばらくオプショナルツアーにも行けずカンヅメに・・・なーんてことも普通だったようだ。

うきうきして、この本をだんなっちに見せると、「そういえば飛行機から撮った写真があるよ」と、種子島に行った時に、横浜港に寄航していた飛鳥(と思われる)の写真を見せてくれた。
横浜港

c0041132_23541726.jpg写真の真ん中へん・・・ってこの大きさではさっぱりだなw
一応拡大してみた。なんとなくそれっぽい?
空から見てわかるとは、さすが乗り物好き。

ちなみに、ぱしふぃっくびぃなすはこちら↓


c0041132_23584455.jpg世界一周でも、その時によって停泊地や航路が変わったりするみたい。
イースター島も寄られたみたいだが、海からモアイの並ぶ島を眺めるなんて素敵だなぁ。
いつか行きたい・・・イースター島。
新婚旅行で行こうかと思って検討はしたんだけど、やはり遠かった。
クルーズで行けたら最高だなー
[PR]
by phedre | 2006-03-17 00:11 | 読書 | Trackback | Comments(5)
お土産大会~米沢&伊勢
最後は各地お土産試食会。
たんまり買い込んできた割に、あんまり写真がない・・・

伊勢みやげまず伊勢土産は、(左上)伊勢の国ビール これは苦味少なめでさっぱり。別に地ビールで、神都ビールというのもあり、こちらもおいしくて何回も飲んでしまった。おはらい町で生も飲めてラッキー。
(左下)鳥羽で買ったほたての浜煮。絶妙な味付けで、一気だった。
(右上)くうや餅 つぶつぶがおいしい~ 葉っぱのない道明寺のよう。白とよもぎもあり。通販もできるみたい。祝い箱入りおこわも食べてみたいなぁ
(右下)二見では、神宮で使う塩が作られている。ということでお塩を購入。

それから伊勢うどんに、たまり醤油。乗り換え10分弱の名古屋では、キヨスクでしっかり手羽先もゲット。友人は、その上、しっかり柿の葉寿司にビールも買っている。すばやい。

c0041132_11502686.jpgそして・・・虎虎ちゃん(ことらちゃん)ストラップを発見~~
ことらちゃんは、虎屋ういろのキャラクターで、虎虎焼きという人形焼風のお菓子もあるのだが、まさかストラップがあるとは。
これは鳥羽で買ったのだが、おはらい町では張子のことらちゃんもあった!

つぶらな瞳と、かわいいおしりにすっかり癒され、携帯につけるのが勿体無くて、パソコンの横に飾っている。

米沢土産は、高畠ワインの甘いロゼに、ゆべし、ラーメンと、駅では牛肉弁当を購入。牛肉ど真ん中というのを買ったら、細切れとそぼろの牛肉がご飯に乗っていて、最高~
帰りの新幹線では、牛肉弁当抱えて売り子さんが何往復もしていた。人気なのねー
ゆべしは懐かしい味で、大箱で買ってきてもよかったな。ワインもフルーティでうまかったー
私はラーメンは味の違いがよくわからないのだが、この米沢ラーメンはほんとにおいしくて驚いた。
ちょっと移動するだけで、こんなにおいしいものが沢山あるなんて、日本の旅も楽しいねー。
[PR]
by phedre | 2006-03-15 12:14 | 旅関連の話 | Trackback | Comments(2)
米沢&伊勢番外編
米沢・伊勢写真その他ですー(upし忘れ含む(^^;
c0041132_12383828.jpg米沢のABC。りんご、牛肉、鯉が名物。鯉は食べてこなかったな。DEF・・・と続きがあるのかと期待していたが、結局見つけられなかったので、どうやらABCで終わりみたい。全部あってもすごいw
c0041132_12453273.jpg米沢駅近くの川原に、何かのお祭りの跡か、かわいい雪のオブジェがあった。
後ろの斜面には、積もった雪に大きく「ようこそ 米沢」
わざわざ雪に書いてあるなんて、うれしいね。
満願蛙二見輿玉神社にある、満願蛙。手前のカエルに水をかけると、願いがかなうそう。
奥の大きいのは、よだれカエルに見えてしまうのだが。
(大きな写真@フォト蔵)

↓伊勢市・外宮前郵便局
さすが伊勢神宮近くだと、郵便局も立派だね~~


外宮前郵便局
近づいていくと、なんか屋根の位置がずれていく。
実は、郵便局は手前の平屋の建物で、真ん中の電信柱のあたりで終わり。
屋根だと思っていたものは、後ろにある別の建物だった・・・すっごいだまされたーーw
(ちなみに後ろは昔は郵便局電話分室だったレトロな建物。今はフレンチレストランらしい名刀菊一文字

伊勢の注連縄いろいろ郵便局の先は懐かしい雰囲気の商店街。
なんと、こんなところに名刀・菊一文字が!まさかお店があるとは~。今は包丁などを売っているらしい・・・閉まってて残念ーー
そして更に懐かしい食堂。「伊勢ゑび」「ビフテキ」「暖房完備」の文字がまたいい。

伊勢の注連縄いろいろ。
お正月のお飾り、普通の松飾はしまってしまうけど、こういう注連縄は年中玄関先に飾っているそう。
真ん中のは二見浦駅にあったもの。
駅にもちゃんと飾ってるなんてすごい。
下の宝船なんて、細かい飾りがついていて可愛らしい。

いつもながら旅行記をupし終えると、旅が本当に終わったんだなと感じて、少し寂しい。
でもブログを始める前は、写真プリントした♪アルバム作った~(完了)だったから、今はずっと長く楽しめてお得なんだわー。
それに、まだまだ食べてないお土産もあるし。

お土産もまた、いくつかupしまーす
[PR]
by phedre | 2006-03-09 14:13 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(6)
お伊勢参り(5)猿田彦神社&宇治山田駅
猿田彦神社


c0041132_18435988.jpg伊勢観光の最後は、内宮近くの猿田彦神社へお参り。
3時過ぎの電車に乗るため、買い物はダッシュで切り上げ(でも生の地ビールはしっかり飲んできた)、歩いていると、伊勢バージョンマンホールの、カラー版を発見ー
右の人がしょってるのぼりには、「おかげまいり」と書いてあり、う~~んさすが伊勢!いいねぇー
猿田彦神社にて
ここは珍しく、おみくじを木に結んでいいみたい。
結ぶ枝が決まっているわけでもないのに、何箇所かにきれいにまとまって結んであって、おみくじって綺麗なのねーと思った。
c0041132_1853517.jpgこちらはいちばん上の写真の右下に写っている、「方位石」。昔の神殿跡を記しているそうで、それで表面に「古殿地」と書いてるのね。
古殿地は、内宮などにもあり、そこでは遷宮前に本殿が置かれていた土地のことをいう。

猿田彦大神は、神々の道案内をした神様。ここでは方位除も行われている関係で、方位が刻まれているようだ。
美しい駅舎@宇治山田ここから大急ぎで伊勢駅へ向かい、伊勢を離れる。乗り物に乗るたびに急いでた気が・・・

←内宮へ行くときに寄った、近鉄宇治山田駅
昭和6年に建てられた、細部の装飾も美しい駅舎で、屋根の赤いスペイン瓦が特徴。窓、入り口周辺の模様も美しい。
時間があればもっと念入りに見たかったな。
c0041132_19173555.jpg
そして東京駅に着いたら、その足で旅仲間と新年会♪幹事なのに後から来てるし。

伊勢は清浄な気持ちになれる、素敵な土地だったな。
回りきれていないところもあるし、次回はぜひ食い倒れしにいかねば!

今回の旅のお供:「日本の神話伝説」青土社 ←お伊勢参りをされる方は、日本の神話をひもといておくとより楽しめると思います。あるいは詳しい人と行くw
参考文献:「神様と神社」祥伝社新書、「総覧日本の建築5 東海」新建築社
[PR]
by phedre | 2006-03-08 19:35 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(7)