ブログトップ
<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
このごろのあれこれ
久しぶりに書き散らし日記。

★お知らせ★
ってほどでもないが。横のメニューのとこに
「つくば見学・イベント情報」を追加した。
まー自分の為のメモなのだが(w、そのうちつくばに行ってみたいけど、機会がな~って方にもお役に立てばと思う。
私が興味ある事だけ書いておくので、基本は研究所・大学系のイベント辺りかなぁ・・・
んー でもこれがあると地域密着な感じでいいじゃなーい

あ・・・
今日筑波大のセミナー行こうと思って忘れてた
いいや調子悪かったから(しくしく・・・

いつも使っている、
フォト蔵 ここに写真をupしてブログに貼っているんだけど、サーバメンテナンスがあるらっしー
そうかーこういう時外部にupしてると一気に写真見られなくなるんだな
でもフォト蔵はいいんですわよ。と、この話はいつか改めて

Livedoor Reader
やっとRSSリーダーをちゃんと使ってみた
結構便利じゃないですか。(注・ベータ版運用中)
ついでに自分のブログも登録してみた
ほほーRSSリーダーだとこうやって見えるのね
そらもーがんばってレイアウトしてもそんなの無視なのね(T_T)

なんとなくTOPの写真を変えてみた
本文周辺の色合いも変えてみようかと思ったけど、今のままがいいや。好きなようにカスタマイズした後だし。真夏になったら気分変えたくなるかもだけど。
最近暖かいから真冬の写真にしたかったのよね。気分だけお正月に行った北京の写真でごまかし。ぜんぜん寒くみえなーい
リンクをまた増やしたいのでまた書き直さなきゃ。

ネームカードって機能がつきました
SNSにしたいっぽいけど、ブログ使ってる人にはメインはアクセス解析かと。
っと解析と言ってもIPアドレスまでわかりません。ご心配なく。(わかってもねぇ・・・何に使うわけでもなし)どのリンク先or検索から来たか程度です。

最近、仕事に行く日は朝食(おにぎりを作っておくことが多い)を食べつつベランダの食べ物、おっと植物を眺めてることが多いです。みんな大きくなれよー
[PR]
by phedre | 2006-05-31 20:38 | あれこれ | Comments(0)
高エネルギー加速器研究機構(後編)
昨日に引き続き、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の展示室について。

光電子増倍管@スーパーカミオカンデスーパーカミオカンデの、光電子増倍管。直径50cm。
ここつくばのKEKから、スーパーカミオカンデに向かってニュートリノを飛ばしているそうだ。
すげ~
とは言うものの。なんかイメージしづらいなぁ。どの辺りからどんな風に飛ばしてるのかな。ってのも知りたかった。

ニュートリノも何でも突き抜けるそうだけど、毎日私たちの体を通り抜けている宇宙線の数を測定する装置があって、スイッチを押すとカウント開始。私は20秒で52本の宇宙線に貫かれてた。

Belle測定器のシリコンバーテックス検出器Belle測定器のシリコンバーテックス検出器

何に使うかというと・・・
ここのメインのでっかい加速器、KEKB加速器で、高速に近い速さで電子と陽電子を衝突させてB中間子と反B中間子を作り出す(ふむふむ)。そしてBelle測定器でB中間子と反B中間子の性質の違いを探るんだそう。で、この検出器は衝突点の近くに置いといて、B中間子のこわれた位置を正確に測定する、と。
うーん、中間子を作り出してから何か壊すのか?それともB中間子と反B中間子に分かれる=壊れるってことなのか?よくわからん・・・
と、パンフの別のページを読んでいたら、「それぞれいくつかの素粒子に壊れる」と説明が。ほほ~!こうしてクォークとかできちゃったりするんだね~素敵だのぉ~
でもこの機器で測定したいのは中間子が壊れるまでの時間らしい。(これ以上は難しくてギブアップ。「素粒子の対象性の破れを探る実験」で、いくつか重要な発見もしてるそうだ。)

いや~難しかった。で、B中間子って何なんだろ・・・ただの中間子とパイ中間子しか聞いたこと無いんだよね・・また調べるかぁー

展示室朝永&湯川展を見る前に、予習(とこの前ちらっと見た展示の復習)になるかなと思って行ったんだけど、なかなか素人にはきついのぉ。とっつきやすい展示で楽しいけどね。今までで一番難しかったわ。
しかし昨日の分から読み返すと、「難しい」を連呼してるな~他に語彙ないのかと・・・
間違ったこと書いてたら教えてくださーい

さて家に帰ってだんなっちに写真を見せたら、うらやましがられた。加速器は理系学生の憧れなんだそうで。男のロマンみたいなもの?・・・理系の方、どうですか?

見学については、個人では展示室のみ見学可能。土日は開いていないので注意(前はたまに土曜も開けていたようだけど)

今年の一般公開は9月3日(日)、この日は加速器も色々見られるらしい♪よーし、見に行くぞ~

スーパーカミオカンデのある坑道を見学できるツアーも、毎年開催されているようなので、機会があれば行ってみたいな。
でも、つくばからだと集合場所まで7時間位かかるんだよな・・・
前後に休みとって、ゆったり行きたいね。

参考URL
高エネルギー加速器研究機構
スーパーカミオカンデ(よくある質問がちょっと面白い)
飛騨市(スーパーカミオカンデ見学関連)
c0041132_1303126.gifキッズサイエンティスト 非常に勉強になりました。
わからないことは、ここで調べよう~♪

「なぞがとける、これが科学の花です」
床に書いてあった朝永振一郎博士の言葉の意味を、なんとなく実感できた日だった。こうして調べながら書いている今日も。
[PR]
by phedre | 2006-05-30 20:24 | お散歩@つくば近郊 | Trackback(1) | Comments(5)
高エネルギー加速器研究機構(前編)
高エネルギー加速器研究機構(KEK)から筑波山を望む高エネルギー加速器研究機構(KEK)の展示室まで、自転車で行ってきたー
筑波大の北に、防災研究所が隣接していて、その2区画位先かなーと思っていたら、ずーーっと先だった。つくば駅から7kmくらいか。どんどん筑波山が近くなって、気持ちいい。
→敷地内から筑波山を望む。すっごい近いよ!

↓展示室入口。いい雰囲気でわくわくする。写真左の方から入ってくると、足元には、著名な科学者のお言葉が書かれていて、過去から未来へと時間旅行をしているかのようだ。
右奥に、湯川&朝永博士がいる。
天井の赤と青の線がきらきら光っていてきれい。加速器の形になっている。

KEKコミュニケーションプラザ(展示室)

波型コースター予備知識なし&一人で行ったので、理解できるかどうかあやしいところだったが、やはりちと難しかった。
パネルの説明は、一見やさしく噛み砕いてあるようだが、しっかり理解しようとすると物理の基本知識がないと厳しいなぁ。出てくる用語が難しく、わからないのは諦めてデジカメで撮影して帰ってから読んだり・・・。

この波型コースターは、加速器の中で粒子を加速させても、粒子が飛び出してしまわないように制御している様子を体験できるもの。手前の3本のレールから、ビー玉を転がすと、落ちずにちゃんと端まで届く。実際には、凸レンズや凹レンズの働きをする磁石を組み合わせているそうだ。

トリスタン加速器トリスタン加速器(超伝導加速空洞)。
加速器っていろんな種類があるんだね。
加速させる粒子が違ったり、加速のさせ方が違ったり・・・。

それより加速器って何?
電子や陽子やイオンにエネルギーを与えて加速させる装置で、光の速さ近くまで加速してエネルギーを高くさせるのが「高エネルギー加速器」おー、この施設の名前通りではないか。これで物質の構造を調べたりするんだね。
ブラウン管も加速器の仲間なんだって。
ここにあるKEKB加速器は、「世界最強の加速器」らしい。一周3km!でっかいな~

KEKのサイトに、キッズサイエンティストというコーナーがあり、子供向けの説明なら私にも理解できるだろうと見てみたら、すごい難しいーw
子供のような好奇心を持ったすべての人に、という意味の「キッズ」なんだそうで。
簡単物理辞典のところは、確かに短く簡単に説明されてはいるが、内容は簡単じゃないな~
よ~く念入りに読まないと。色々調べられて便利なサイトだけど、さすがに頭が疲れる。

c0041132_1303126.gifキッズサイエンティスト
動画も色々見られます~。

次回に続きますー。(見学に関する情報などは次回に)
[PR]
by phedre | 2006-05-29 20:17 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(4)
ある小さな神社
ある小さな神社1つくばの旧・最寄り駅の一つ、ひたち野うしく駅。
ここへ向かう途中の道に、道祖神っぽいものが見えるので、気になっていた。どうやら、神社があるらしい。
週末天気もよかったし、ちょっくら探索へ行ってみるか。

と、自転車で走ること・・・結構離れている。途中、高校があって、そこの手前かと思っていたら更に先だった上、高校までも意外と距離あった。
天気もよくて気持ちいいサイクリングだったけど、もう少し行けばひたち野うしく駅まで着いたんだなぁ。多分、つくばセンターから6kmくらい?

よくわからないままに走ったけれど、なんとか神社に到着。
ここの鳥居、小さいんだな。私でも頭ぶつけるわ。

よく見ると、享和2年とあった。享和は1801年~1803年、なんと200年も昔の鳥居なのか。
ある小さな神社2

ある小さな神社3鳥居の先には、色あせた神社が。
こうして写真に撮ると、綺麗に見えるけど、実際はいい~具合に古びてる。

大きな木は、ケヤキ。樹齢推定400年、「市民の木」の札が立っていた。それによると、この八幡神社は江戸時代元和年間(1615~1623年!ケヤキと同い年かぁ~)にこの地に遷宮され、寛永頃から奉納相撲を行っているそう。

どの写真もクリックで大きいものが見られます。(フォト蔵アルバムへ)
天気がいいからか、写りがいいけれど、実際はなかなかに忘れられた神社って感じですな。


ある小さな神社4ほら、土俵があるよ。

それに、この神社、地図に名前が出ていない。こんなに古いのにマイナーなのかな?小さいしな。帰ってから地図見たら、割と近くに別の神社もあったらしい。次回はそっちも探検だ。

↓右奥の、奉納されている額、ぶれているのではなく・・にじんでいるのです。それもそのはず、昭和14年のもの。

ある小さな神社6
この小さなお社、日曜の午後は、辺りは人気も無く車の通る音が響くのみ。最後に境内の掃除をしたのはいつなんだろう。でも、きっとお祭りもあるんだろうな。一見忘れ去られたような場所だけど、朽ち果ててはいなかった。お祭り、来てみたいな。
[PR]
by phedre | 2006-05-25 19:38 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(6)
トマトの芽が出たよー
c0041132_19273449.jpg5/17に、「植えてみた」と書いたプチトマトが・・・
こーんなになりました!
いやぁ、育つもんなのねぇ。と、人事のように言ってみたりw
市販のプチトマトから(黄色いのと赤いのと両方)、種を取って、ほんとにそのまま植えてみただけなんだけどね。これで実がなれば嬉しいね

他の子は、ミントが茂りすぎたのでちょっと切り、偏っていたので切ったやつを離して刺してみた。「ケーキについていたミントを植えたら育った」っていう話も聞いたので、まぁいけるだろうと。・・・で、そのうちミントティーにしてあげようと、余りをコップに刺しておいたら、どー見ても茎のど真ん中から、根が出てるんだけど!?水に浸かっているトコは土=根を生やせ、ってプログラミングされてるのか。すごいよミント。どうしよう・・・葉をむしっても、なんか捨てられないよ。

ねぎはそろそろ余裕で食べられそう。クレソンも大きくなってきた~
現在バジルが一番の難関で、間引こうにも数が無いのに業を煮やし、別のとこに蒔いてみた。も~手のかかる奴じゃ。
なんか日照不足らしいけど・・・がんばれ植物たちー
[PR]
by phedre | 2006-05-24 19:51 | あれこれ | Trackback | Comments(6)
国立博物館 常設展あれこれ
国立博物館の常設展を見てきた。
なんといっても広いので、今回目指すは黒門+本館の建物と展示、後は気力体力と相談で。
小雨そぼ降る、ゴールデンウィークも終わりに近づいた日。つつじが雨に濡れて、黒門によく映える。

黒門(国立博物館)

その先にある、法隆寺宝物館へ初めて入った。モダンでいい雰囲気。
ここはなかなか楽しめる♪光背・押出仏(浮き彫りした型に、銅板乗せてトントンと叩き打ち出したもの)の展示が珍しく、見入る。
そしてこの宝物館に入っているレストラン。どうやらベルギービールが飲めるらしい。
この日は我慢したが、次回は博物館+ベルギービールでまったりの極上休日コースが楽しめるか?
ちなみに、写真美術館も、のんびりベルギービールが飲める非常にいい場所だ。

ところで、館内は撮影可のようだ。
もちろん、フラッシュや三脚はダメだけど、他の人の邪魔にならないようにしながら撮る分にはいいらしい。(撮っちゃいけない展示物&部屋にはその旨掲示してある)
ということで、特に気に入ったものを少し撮ってきた♪
でも、暗いから難しい。周りも暗いが仏像だと本体も暗いし。それにやはり、博物館で写真撮るのは悪いことしているようでやりにくい。ま、雰囲気だけお持ち帰りってことで。

さて本館へ。
建物はやはり素敵。特に照明や時計など、凝っていていいな。展示はとんでもなく充実しているので、この他特別展なんか見たら、一日かかっちゃうよ~

文殊菩薩騎獅像および従者立像
文殊菩薩騎獅像および従者立像

この像の、すごい存在感に圧倒される。一周してまた、見に戻ってしまった。

ガンダーラ菩薩最後、少し時間も余ったし、東洋館へ行き、ガンダーラ仏などを眺める。
あ~、この濃いご尊顔、癒されるわ。特にこの、腹の出たおやじ風味なのが特にいいね。(おやじ趣味ではないんだけど)
あとはやはりクメールものが綺麗。ちょうど、「東南アジアのブロンズ彫刻」として、カンボジア辺りの小品展示をしており、手のひらに載る程度の像が色々・・・かわいらしくも美麗な小像たち。ちょうどいい時に行ったなー

★「東南アジアのブロンズ彫刻」東洋館で、7/2まで
小さな企画展だけど、十分満足♪こういうミニ展示があるのはいいね。


レリーフ:バイヨン@カンボジアのアンコールトムバイヨン@カンボジアのアンコールトムの、浮彫断片。
懐かしい、アンコールワット周辺の遺跡群。観光地化が進むのと、保存が進むのとどっちが先なのか。今は前者のようだが・・・少しでも破損が食い止められるといいが。

そして、↓この可愛い顔。
ヨトカン(ってどこじゃ?)で、1~4世紀に作られたものだそうで、どれも個性的ー。ピンバッジにして、かばんに付けたいな。
後で調べたら、今の新彊ウイグル自治区、の辺りらしい。
小像@ヨトカン、1〜4世紀ごろ

そういえば、10月から入館料が変わるらしい。その前に年間パスポート買っておこうかな。ほんと、はまりやすい性格だなー。
[PR]
by phedre | 2006-05-23 20:49 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(8)
たらぼ、きた~
たらぼ〜

うちの実家から、たらぼ こと、たらの芽が送られてきた~♪(たらぼは岩手での名前?)
ちょうど、盛岡楽駄さんが、たらぼを取りに行った話を載せていたので、ああ~いいなぁ・・・たらぼ食べたいなぁ・・・とうっとり眺めていたら、ちょーどよく到着!誰かうちの家族、盛岡楽駄さんのブログ見てるんじゃ!?ってぐらいのタイミング。

たらぼ天ぷら当然、天ぷらにした。
一口かじって、「う、うま~い!」と感嘆。
たらぼ食べるのは久しぶりで、しばらく前にジャスコのお惣菜売り場にあったのを食べたんだけど、なんか苦味が目立っていまいち・・・。
っと、そんなことは一瞬で忘れるような、栗のようにほくっとした、まろやかな甘みに、感動~!
天ぷらの加減はよくわからないので、ビール揚げにしたら、さっくり揚がった♪なかなかいいなぁ~(小麦粉溶く水の代わりに、ビールを使うの)

今日、野菜直売所に行ったら、売ってたけど、けっこ~お高いのね。うちから来たものの方が、むっちり立派だったわ。
来年も送ってもらうべー
でも、私は忘れていない・・・子供の頃、父が取ってきたたらぼ、いつご飯に出るのかと待っていたら、いつの間にか食べられていて、「あら!嫌いだと思ってたから、もう食べちゃったわよ~」と言われたことをw
食べ物の恨みって恐ろしいのね(^^;

収穫される前のたらぼの写真はこちら-盛岡心情3
[PR]
by phedre | 2006-05-21 22:31 | ごはん | Trackback | Comments(8)
筑波実験植物園再び・クレマチス展
クレマチス色々続いてクレマチス展へ。
クレマチスという花は知らなかったので、興味津々~。案内を読むと、「カザグルマ」という種類があるらしい。
クレマチス園に行くと、なるほど~かざぐるまがいっぱいだ。園内にも普通にあるらしいんだけど、そちらは見つけられず。
他の種類も、それぞれ個性的で面白い。クレマチス栽培って、奥が深いらしい。
この写真、全部クレマチスですー おじいさんの髭みたいなのも、クレマチスの札が付いていたけど、散った後?それともこういうもの?

また、カザグルマは絶滅危惧種で、自生地によって花色や花びらの色に違いが見られるそう。

まだつぼみも付けていないものもあったので、今行くともっと色々見られるかも。
色んな色、形、そしてつるの長い、まるで朝顔のように育つものや、自分でしっかり立っているものまで。

(クレマチス:キンポウゲ科センニンソウ属、つる性ないしは株立性。「テッセン」とも呼ばれる)

八重桜とクレマチス。これは花が小さくて、上の写真のと全然違うでしょ?

クレマチスと八重桜


エゾスカシユリ変わって、園内で見つけたエゾスカシユリ
ユリって、すらっと背が高くて気高く咲いているイメージだけど、この子はちんまり生えていてかわいいー♪
海岸の植物コーナーにて。

園内は前回に比べて花が増えていた。そしてゼンマイ、あんなにたくさんあったのに、今度はあまり目に付かなかった。ってことは、もう似ても似つかないようなすごい物に変わっちゃったのか?おそろしい・・・(前回の訪問で恐ろしくなった植物・ゼンマイとミズバショウ。今回はバナナがちょっと怖かった。でも食べられる)

夏にも来てみよう。

追記:クレマチス写真の「おじいさんの髭」の答え、AZUKIさんがトラックバックしてくださいました♪かわいい髭写真が見られますので、ご覧下さい~

クレマチス展:6/4まで
[PR]
by phedre | 2006-05-19 21:04 | お散歩@つくば近郊 | Trackback(1) | Comments(3)
筑波実験植物園再び・温室探検
およそ三週間ぶりに、筑波実験植物園へ。
連休中だったし、いい天気だったので、前回よりずっと人が多い。

この日は西武でお弁当買って、温室前のテーブルでまったりランチして、その後温室を念入りに見るのが目的。広いハーブ園も見たかったけれど、大きい蜂が飛んでいて途中で断念。怖いなり。

筑波実験植物園の温室。周囲も熱帯風味

筑波実験植物園〜サボテンの花が咲いてたよさっそく、前回はなかったサボテンの花見っけ~
温室の中は常夏なのに、春が来た~と思ってしまう。
前回upした、ヒスイカズラは、すっかり散って跡形もなくなっていた。あれが花だったようで、しおれたブルーの花弁がいくつか落ちていた。満開の時に行って見たいな。

熱帯資源植物温室では、バナナが出来ていた(左下)。でも・・ちょっと気持ちわるいな
他に、グレープフルーツなどもあり、木の前には「農薬を使用しています。食べないで下さい」との注意書きが。展示物を食べてはいけません!食べる人いるんだろうけど。

↓はフサフサシダ
ほんとにふさふさしていてかわいいー
もっとフサフサの新種が出たら、なんて名前になるのかな。

バナナです。フサフサシダ:ふっさふさのシダ♪


カカオこれはカカオの実。こんな大きいんだ。大玉のグレープフルーツよりも大きいよ。
これも、思いっきりかじりつく人がいそう・・・。カカオ豆って、すごい苦いんだろうなぁ。

下はビヨウタコノキ。とそれに絡みつく一団。
真ん中の、木を纏めたようなのがビヨウタコノキで、でもその上の方は何か違う植物な気が。裏側に、違う名前のプレート付いていたし。そして真ん中の、緑の葉を広げているのは多分何とかアナナスで、プラス上の方から降ってきている繊維くんに絡め取られた箱から生えている蘭、とすごい事に。
熱帯植物って、すごいエネルギーだね。

ビヨウタコノキ とその他

前回、4月半ばに訪れたときの記事 温室・ 屋外植物園

次回は植物園散策記・クレマチス展の話です~
[PR]
by phedre | 2006-05-18 20:14 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(10)
ベランダ菜園2006
このところ天気が不安定ですが、ベランダのハーブ達はすくすく育ち始めました♪

今年度は昨年に引き続き、ミント、バジル、コリアンダー(パクチー)に加え、ルッコラ、小ねぎ、クレソンと、今プチトマトの種を蒔いてみたところです。
c0041132_15484479.jpg
まずミントですが。
冬に室内水栽培に切り替えたものは、明るさか栄養が足りないのが、ひょろ長くなるだけで葉っぱは足の小指の爪の先ほどにしかならず。そして、3月のまだ寒い日に外に出たら、冬場放置していた昨年の鉢からにょきにょき生えている~!そしてここまで来ました。さすがミント。勝手に冬越してくれるようです。
バジルはやっと芽が出たけど、なかなか先に進まない。コリアンダーは順調。ルッコラは種蒔いたばかりなのに、芽が出るのが早いー

c0041132_15495897.jpgにょろにょろ伸びている小ねぎは、スーパーで買ってきた小ねぎの根っこを挿すと育つと聞いて、実験。

白っぽくなっているところ(矢印のトコ)で切って挿してみただけなんだけど、だいぶ伸びてきた。
植えたのは確か連休中。結構よく育つねー
もう少し下の方で切ってもよかったのかも。収穫するとき試してみよう。

去年の余りの、三つ葉の種は発芽せず。古くなっちゃったのかな。
c0041132_15533732.jpgクレソンも同様に、買ってきたものをよーく見ると、二股になっている辺りから根っこのようなのが出ているので、そのへんを残して植えてみた。
根が伸びてきて、しばらくすると葉も出てきた~
水を好むというので、試しにコップに入れて窓辺に置いたら、こちらも順調。

プチトマトはどうなるか・・・丸ごと埋めたら芽が出てきて収穫できた、という話を聞いたので、種取り出して植えてみたばかり(丸ごとって大胆だな)。
割と簡単に育つらしいので、素人でも収穫できるとか。うまく芽が出るかな~?
[PR]
by phedre | 2006-05-17 16:13 | あれこれ | Trackback | Comments(6)