ブログトップ
<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
国立科学博物館5-ロケットと衛星色々♪
科博シリーズ最後は、宇宙開発コーナーc0041132_19254384.jpg手前のちっこいのが、ペンシルロケット。日本初のロケットで、これを知らない人でも「イトカワ」という名前には聞き覚えがあるだろう。糸川英夫博士が開発した、全長23センチの小さなロケットである。日本のロケットの父と呼ばれ、小惑星イトカワは糸川博士にちなんでつけられた。
見た感じは、正直ミニチュアなの?だったが、1955(S30)年に発射実験が成功しているってんだから驚きだ。
その後ろの先端が赤いのがベビー1型、立ってるのがS-160型ロケット?後ろはLE-5エンジン。・・・らしい(^^;
右の黒い玉に帽子乗っけたようなのが、日本最初の人工衛星「おおすみ」。1970年打ち上げ、重さ24kg。95年打ち上げのSFU↓と比較すると、ほんと小さい。
c0041132_19341635.jpg
c0041132_19351332.jpgペンシルロケット拡大。
ここのフロアの目玉は零戦だけど、このプチ宇宙センター空間もいい♪
実験してる記録映像なんかも見られるし~
c0041132_19394543.jpg
零戦関係の渋い資料がいっぱい。私はチラっと見て、ちょっと休憩してたけど、ファンにはたまらないようで。

ちょっと間延び&細切れのレポートになってしまった(^^;また近々、科博行くと思うので、レポしま~す

雑談。暑さでボケてるとは思ってたけど、昨日ラタトゥイユを作ったら・・・、塩入れるの忘れてた。
にんにくや胡椒入れて、塩忘れるっていったい・・・。洗剤いれずに洗濯した、に近いものが。後から入れれば味つくけど、いまいち味がしみてなくって悲しいー。
ま、砂糖と間違わなかっただけよしとしよう。
[PR]
by phedre | 2006-06-30 20:10 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(7)
国立科学博物館4-計算機
計算機コーナーにあった、レトロなパンフレット。
c0041132_17541122.jpg
「覚醒せよ!新時代に 計算事務の機械化」
すごい強烈なコピーだな。
これはタイガー計算機のパンフレットで、当時のトップメーカーだったらしい。
c0041132_1756881.jpg

c0041132_17583255.jpgこれは、うちにあるBlue Starの計算機。パンフの真ん中のに近い。
以前、夫が大学に捨てられてたのを見つけて拾ってきた。(よく見つけてきたもんだ)ほら、下にう備品シールっぽいものが貼られている。
今でも計算が出来るよ~ということで、ちょっと触ってみた。

上の文字盤の爪を数字にあわせて、下のレバーで桁を調節、右下の窓部分が左右にずらせる(消費税の計算したい時とか、1.05を掛けるので.05を掛けるときにずらす)。で、上のレバーをまわすと、下の窓に掛け算の答えが出る、と。何回掛けたかは、左の窓に数字が出る。1回まわしてずらして5回まわして・・・って具合だった。
割り算もどっかを動かして出来たはず。
調子に乗って回し過ぎても、逆向きに回せば戻るので安心♪

今日は科博というより我が家のお宝紹介だったかも・・・ 
[PR]
by phedre | 2006-06-29 18:18 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
みぃすけちゃん
暑い・・・
科学博物館シリーズの途中だけど、ちょっとお休み。
週末も入れて3日も久しぶりに会う友人たちと遊んでたら、楽しくてエネルギー使い切ってしまったw というのは小さな理由で、季節の変わり目には弱いため暑さにやられたかも。まだ6月だってば。うーん、ぼ~っとするなぁ~
まぁ週末には元に戻るでしょう。
c0041132_20372646.jpg
そんなワケで今日は、秘蔵のみぃすけちゃん写真を。
みぃすけちゃんは夫実家の猫で、この時点で11才かな。以前帰省したときに撮って来てくれた写真。

ひざの上に乗ろうと狙っているの図。ひざの上がお気に入りらしい。

c0041132_20405339.jpg見返り美猫。
ほんとつやつやだなぁ・・・
毎日釣りたての魚食べてるだけあるわ。

c0041132_20415155.jpg肉球。

今なにげに電波時計見たら、温度計がついてたのを思い出した。
30.4度だがPCの上だからちょっと割引するか。
それでも暑いよ。
都内よりは、町全体に風が通るから涼しいけど。

明日も晴れそうだ。明日は元気に出かけるぞー。

こう暑いと寝苦しくって、布団もどっかやっちゃいますが、皆様もお腹冷やさないよう・・・

追記
書くの忘れてました。
みぃ「すけ」ですが、女の子です。
[PR]
by phedre | 2006-06-28 20:53 | ねこ | Trackback | Comments(7)
国立科学博物館3-地図とか電気とか
c0041132_0265397.jpg最初にクイズ、この箱は何でしょう?
ヒントは上に伸びてる黒い棒。全部見るとわかっちゃうので、画像切ってますが。
答えは写真と共に一番下に~


c0041132_0331168.jpgさてさて、時計の次は測量コーナーへ。
つくばの国土地理院にあるのとはまた違う展示が見られてよかった。お勉強の甲斐あり。
こちらは日本人が作った昔の世界地図。右上が日本で、インドネシアやフィリピン辺りの島が大きいー。国名なんかは、読みづらくって判別できなかった。(視力の問題だったのかも・・)
c0041132_0374881.jpgこちらは電気コーナー。レトロな照明が素敵♪
隣の、道具箱の上に工具箱と書かれた箱、隣の工作機械の道具でも入っていたのか。突然ただの箱がぽつーんと置いてあるように見えて、なんだか惹かれてしまった。無理やり上書きしてるのもいいー

c0041132_047157.jpgさてクイズの答えはこちら。

エレキテルです。(複製)

こんなにかわいらしいものだったのかー!
普通の茶色い木の箱だと思っていたので、えっどれがエレキテル?と周りを見渡してしまった・・・。上に伸びている線を見てやっと納得。
本に出てくるのって、写真じゃなくて平賀源内がエレキテルの実験をしている図だったような。こんなに綺麗にしてあるなんて思ってもみなかったなー。
この日一番驚いた展示品だった。
危なく普通の道具入れかと思って通り過ぎるとこだった。

実物はこちらにあるそうです。ていぱーく
[PR]
by phedre | 2006-06-27 01:09 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
国立科学博物館2-万年時計
c0041132_19382870.jpg流れからいって、ロケットや人工衛星系の話に行こうかと思っていたんだけど、先ほど科学博物館友の会ニュースの冊子が届いて・・・
ペンギンたんかわええ~~(;´Д`)ハァハァ  って、それも大事だけどw、

→こちらの万年時計が、重要文化財(歴史資料)に認定されたそう。ちょっと写真ボケてますが。
土台の、七宝焼きとは思えない繊細な風景や、細かい蒔絵細工に螺鈿など、ゴージャスに飾れるだけ飾ってみました!って感じなのに上品な造り。
しかもよく見ると、台の七宝部分から角のようなのが生えていて、実は擬宝珠なんですなぁ~
(でも、ぎぼし、ぎぼうし、ぎぼしゅ で変換できないのに驚き。地元の馴染み深い橋には擬宝珠があったので、ポピュラーな単語かと思っていたが)

c0041132_19462573.jpgこの横には、蒔絵に螺鈿に擬宝珠に、それぞれの製作過程が展示されていてとても興味深い。
そして、文字盤がとても綺麗。
時計の文字盤って、丸か四画かの中にきっちり収めないといけないから、その制約の中で作られた素敵なデザインに出会うとはっとする。
こういうレトロな時計が家に欲しい。(といいつつ、腕時計はしないし家の時計も最低限に抑えたい人なんだけど)
スペインで、ダリの溶ける時計のピンバッジを買ってカバンに付けていたのだが、後ろの押さえるとこを無くしてしまって、もう付けられない。

この万年時計は、1851年「からくり儀右衛門」こと田中久重によるもの。
ゼンマイ仕掛けなのに、なんと季節に暦に、月の満ち欠け&太陽と月の運行まで自動的に表示されるとか。すごいわ~
c0041132_19563724.jpg
こちらは一緒に展示されていたもので、文字盤が美しくて、心わしづかみ♪

腕時計とか、ちまちまして身につけていないといけないものは面倒なので、どーんとでっかい日時計とか、こういうゴージャスな時計が街中にあるといいなーと思う。

さてペンギンちゃんの話。
7/15からも「ふしぎ南極大陸展2006」の案内だったのだが、写真一枚見ただけでノックアウトされんばかり・・・
かわええ~~
人間(動物)は、種を守り育てるために、小さい生き物(=赤ちゃん)はかわいいと思えるようにインプットされていると聞くけど、なるほどこのペンギンのよちよち歩きに惹かれるわけね。
時々、ぺちょ!って転ぶところがたまらないー
この展示も友の会の人は一回無料なので、涼みに行ってみようと思いまーす♪
[PR]
by phedre | 2006-06-23 20:13 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
国立科学博物館1-ランチャーと炭素、それに望遠鏡
科学博物館友の会の、年間パスポートを手に、夫と二人やってきました上野科博。
パスポートあると気楽でいいなぁ。じゃ~軽くぶらぶらするか!って、常設展全6フロアのうち2フロア見て屋上で缶コーヒー飲んで、この日は満足して退却。
ナスカ展最後の土曜日で、すっごい並んでた。待ち時間40分、出るとき4時ごろだったにもかかわらず、似たような状況ですごい混みよう。

常設展は、子供向け展示のところはやはり混んでいて、2Fたんけん広場はすごい賑やか。大人も触って遊べる内容だったけど、子供たちがいない間隙を縫ってそそくさと遊んでみるぐらい(^^;

さて、まずは新館裏手にある、ラムダロケット用のランチャーへ。
これ、実物もこんな風に傾いていたらしい。
ラムダ・ロケット用ランチャー
ロケットなんだから、天空に向けて垂直にぼかーんと!じゃないのか~って思うんだけど、万一失敗してもいいように海のほう向けて傾けてあるそうだ。
今も、鹿児島の内之浦から打ち上げるときは斜めらしい。(種子島からだけ打ち上げてるんかと思ってた)

では中へ~
まずはB3F、宇宙・物質・法則-自然の仕組みを探る-

炭素(C)同素体の姿
一番目立つ美しいモデル、炭素の色々な姿(同素体)。
手前はカーボンナノチューブ、真ん中辺のボールは普通の墨、ちょっと切れてるけど端の山型のがダイヤモンドかな。同素体で一番有名なのって言ったら炭素だけど、おなじ炭素原子でも、組み合わせ方によってまったく違う素材になるのは驚きですな。他には酸素とオゾンとか。一時期、「オゾンを胸いっぱい吸い込んで~」みたいなキャッチコピーがあったけど、オゾンって人体には有害なんじゃ・・・酸素と一つ組み替えるだけで、だいぶ変わるもんなんだよね。
「ダイヤを燃やすと炭になる」この恐ろしい実験、いつか見てみたいな。

(以上、大きい写真は画像クリックでフォト蔵アルバムにupしたものが見られます)

ここは楽しいですな~
レトロな秤や、電磁石の実験のような楽しめる展示と、研究所見学で見せてもらったような最先端の技術も垣間見られる。
ここでまんべんなく楽しんで、しっかり知りたくなったらつくばの研究所へ、ってのもいいかもしれない。NIMSで見せてもらった、走査プローブ顕微鏡のヘッド部があって感動(すごいピンポイントな・・・)
c0041132_201328.jpg

そして素敵な、すばる望遠鏡とガリレオ・ニュートンの望遠鏡~~
ガリレオは上の長い方(装飾が綺麗・・・色合いは違うが北京の古観象台を思い出した。ゴージャスに飾るのがデフォルトなのか)、ニュートンが下の小さめのほう。こんな小さくてよく見えたものだ。
小学生の頃、天体望遠鏡をねだって買ってもらった私には、すごく魅力的な美しい望遠鏡。
もっと、使いこなせていたらよかったな~・・・

すばる望遠鏡は、横にある白い箱の前の黒いのが実際の人間の大きさ。想像していたより小さいが、実際に現地で見たら違うんだろうな。

続く。

国立科学博物館
[PR]
by phedre | 2006-06-22 20:18 | お散歩@東京方面 | Trackback(1) | Comments(2)
つくば神社巡り--八坂神社2
c0041132_1159022.jpg
では狛犬に接近♪
おめかししてかわええ~
特に子狛犬が愛らしい。足元にはワンカップ。
c0041132_11591477.jpg
屋根周りの造りもなかなか綺麗ですな(そして空がまぶしい)
c0041132_11592899.jpg
横へ回ると、小さな祠が。後ろの黄色いのは水田。。。
c0041132_1215252.jpg
帰りに、周りをぐるっと散策したら、塀の上から鮮やかなバラが一枝、下がっていた。この色のバラが好きだ。
中を覗いたら、猫ちゃんものんびり散策中。

この神社についての記録があるかと調べてみると、こことは別の「一の矢八坂神社」という、大きな神社があるのを見つけた。筑波大の北の方らしい。なんでも7月頭に「にんにく祭り」というのがあるらしく、グッドタイミング♪早速行ってみようー。

今回行った八坂神社の所在地:つくば市小野崎、西大通のペット学校のとこを西へ(急に森みたいになってるとこの奥)
[PR]
by phedre | 2006-06-21 12:29 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(6)
つくば神社巡り--八坂神社1
c0041132_20553555.jpgつくば学園都市と呼ばれる、つくば市の中心地域は、北西にやや傾き、ウエストが絞られた梯子の形をしている。
この「梯子の段」に沿っては、だいぶ区画整理の整った見事な桝目が見られるが、そこを離れるとその限りではなく、特にいかにも地主さんのお宅周辺は「てこでも動かなかったのね~」と思わせるような、明らかに異なった配置になっていて、地図を眺めるだけでも面白い。


c0041132_20555045.jpgその梯子の縦の線を構成する、東大通と西大通。
西大通の、つくばセンター寄り外側に、急に背の高い木々に覆われた視界を遮る場所が現れるので、どこかの研究所か会社か?と不思議に思っていたが、先日国土地理院で頂いた地図を見て謎が解けた。神社があるらしい。
というわけで、西大通から横道に逸れてみたら、いきなり竹林。(上の写真)
その先は突然のどかな水田。
梯子の内側は、ちょっとした畑はあるものの水田は珍しい。一瞬横に逸れただけで、国境を越えたかのように雰囲気が変わる。
この先に、どんな神社があるんだろう?
c0041132_2056132.jpg
あ・・、お社が見えてきた。
裏から見ただけでも、立派な造りなのがよくわかる。
c0041132_20562729.jpg
ぐるっと正面に回ってみれば、つやつやの鳥居(数年前に造られたらしい)と、この真ん中の木の奥に石碑が。「樹齢約500年、姿優雅な黒松あるも、虫害に侵され枯れ果てる」もしかして、つくばでは随分由緒ある神社? この、手前に写っている松も相当立派だけど・・・ 支えるもの一切無し!お見事です。
c0041132_21222675.jpg
社殿正面には、なんとも素敵な名前入りの街灯がー。
狛犬ちゃんもかわいい♪アップの写真はまた次回に。

しかしこの、空が白く、飛んで飛んで飛んで回って~(古っ・・・)になるのって、どうしたらいいんでしょう・・・。いや、回りはしないけどw
露出補正をすればいいんだろうけど、いまいちコツがつかめないのです。モニターでプレビューが出ないので、撮って見てあれ?むむ?う~んもうオートでいいやw ってなっちゃって(^^;(FinePixS5000です) やっと絞りのコツがなんとなくわかってきた程度なので、まだまだ道のり長いです。シャッタースピードを変えるだけでは、神社自体は明るくなれど空は白くなっちゃわないですか?暗めに撮ってフォトショップのトーンカーブで補正するのが今のとこ一番楽なんですけど、できるだけ補正しないですませたいですし。
何か、参考になる書籍なりサイトなり、もちろんアドバイスも、教えていただければ嬉しいです~

八坂神社写真、次回に続きます。
[PR]
by phedre | 2006-06-19 21:50 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(4)
クレソン収穫&トマトも伸びてきたー
c0041132_1747917.jpg今日のトマトの状況です。
前回6/1には、やっと本葉が出てきたかな、という状態だったのが、こんなになりました。(上の写真は6本生えてる状態)
ここまで来る間に、植え替えして間引いて、今日また間引きました。
梅雨なのでちょっと心配していたけど、一番育ちがいい。

バジルもやっとそれらしい葉っぱが・・・。今年は日が出ないから、育ちが悪いのか。

ところでルッコラはダメにしちゃいました・・・(T_T)
緑の虫がいっぱいついたので、気持ち悪くって、いろいろ試してみたんだけど(牛乳かける*とか、薄めた石鹸水かけて洗うとか)、結局しなびさせてしまって。まぁ、虫苦手なので、ちょっと気持ちがしぼんでしまってたから、いいかな・・・。
友達のとこでも、うちよりかなり気持ち悪いことになったようで、ルッコラはちょっと育てるの辛いかもなぁと。

c0041132_1748292.jpg→ちょっと前(6/10ごろ)に収穫したクレソン
ほんのり甘みがあっておいしいー!

下のほうを少し残して切ったら、また育ってきて、何度も収穫いけるのかも?
でも最近、写真のを収穫した時に比べ、ちょっと黄色い葉っぱが目立ってきたので、今日黄色いのがあるところは一旦収穫して、植木鉢は緑の葉だけ残しました。
ルッコラに虫がついていた影響なのかなー?

小ねぎはもう、切っても切ってもエンドレスで、いつでも収穫待ちの状態。一度も収穫していないのなんて、一つの切り口から4~5本生えてきた。全然手もかからないし、一家に一鉢、おすすめですよん♪

*牛乳ぶっかけ、はアブラムシなどに効くらしいけど(乾かして、窒息させるとか)、その後洗い流すのが面倒なうえ、土にも多めに水かけて流したつもりがしばらく牛乳くさい。何度か水やりしても変わらず、入梅が待ち遠しかった・・・ 
[PR]
by phedre | 2006-06-18 18:16 | あれこれ | Trackback | Comments(5)
続マンハッタンラウンジ
c0041132_20315045.jpg再びマンハッタンラウンジ
だんだん日が落ちてきて・・・、

フルーティですっきりした、白ワインをとリクエストしたら、アルゼンチンのワインをすすめてくれた。
あらびっくり、「芳醇で複雑な味わい」ってこれのことなのね。華やかな味で、いかん、ごくごくいっちゃいそう・・・(抑えて抑えて)

私はたまに飲む白と言えば、ドイツワイン(モーゼルかフランケン辺りが特に)やアルザス、品種で言うとアルザスならやはりゲビュルツトラミネール、他にはミュスカデといったものから離れられなくて、他のにチャレンジすることもあまりなかったんだけど。ほんと、白はたまに、なので。これは新しい発見。アルゼンチンのワイン、いいねぇ♪ 
写真はなんか、目の前の柱の辺りにピントがいっちゃってるけど(^^;ま、飲むの第一だからね~
c0041132_20315950.jpg

おつまみも、ちょこっと撮るチャンスがあった。つやつやのサーモンと、チーズ盛り合わせ。これだけでも幸せ♪ケッパー山盛りで嬉しいな~
c0041132_20321038.jpg

c0041132_20322025.jpg

議事堂の夜景。ライトアップしている時間は短くて、8時過ぎには消灯してしまった。夕方の渋い色合いとは違って、いきなりパリのパンテオンとかマドレーヌ寺院な雰囲気(だいぶ違うよーな・・・?)。
ちょうど私の正面に見える通りが、だんだん華やかになってきて、飲み屋街か?心惹かれる眺め。シェイカーを振るギャルソンさんの姿が映りこんでる。

最後にペリエを飲んで、少し酔いを醒まして。
ああ、いい時間だった。

土曜日は混んでいて、予約もなかなか取れなかったので、日曜の方がいいかもー。
また来たいなり。

そして、電車に乗る前に一杯、と上野のいつものスタシェーンに2次会へと向かうのであった。

そうそう、お誕生日にかわいいカードが来たよ♪
c0041132_20592233.jpg
実は私、とってもムーミンが好き!
しかし大人の女なので(・・・w)、もうグッズは買わない・・・でも、ムーミン村の村民登録をしていて、そしたらムーミンからカードが送られてきた次第。ムーミンありがとう♪でもスナフキンからならもっと嬉しかったな~ そしてわざわざ早めに送ってくれる、そんな用意周到なムーミンがかわいい♪
[PR]
by phedre | 2006-06-16 21:58 | ごはん | Trackback | Comments(6)